だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

私が、生きる肌

2012-06-06 00:12:09 | 映画(わ行)

スペイン
ドラマ/ミステリー/サスペンス

    * * * * * * * *

「トーク・トゥ・ハー」「ボルベール <帰郷>」の鬼才ペドロ・アルモドバル
監督が、ティエリ・ジョンケの原作を大胆にアレンジして描く愛と狂気の官能
ミステリー。
人工皮膚研究の権威で亡き妻そっくりの美女を自宅に監禁する男を巡る衝撃の
秘密を、予測不能のストーリー展開と斬新かつ色彩美溢れるヴィジュアルで
ミステリアスに描き出していく。
主演は初期アルモドバル作品の常連で、「アタメ」以来久々の復帰となる
アントニオ・バンデラス。
共演は「この愛のために撃て」のエレナ・アナヤ、「オール・アバウト・マイ
・マザー」のマリサ・パレデス。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

トレドの大邸宅に暮らすロベル・レガルは、最先端のバイオ・テクノロジーを
駆使した人工皮膚開発の権威としても知られている世界的な形成外科医。
そんな彼の屋敷の一室には、初老のメイド、マリリアの監視の下、特殊なボディ
・ストッキングをまとった美女ベラが幽閉されていた。
彼女はロベルの妻ガルに瓜二つだった。しかし、実際のガルは12年前に交通事故
で全身に火傷を負い、非業の死を遂げていた。
以来、失意のロベルは愛する妻を救えたであろう“完璧な肌”を創り出すことに
執念を燃やしていく。そして6年前、ある忌まわしき事件が、ついにロベルを
狂気の行動へと駆り立ててしまうのだった。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

なんばパークスシネマで『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』と『外事警察
その男に騙されるな』の間に時間があったので、以前観た予告編が面白そう
だった本作をチョイス。

そんな展開だとは思わなかった。

いや、まぁ驚いた。
予告編観た限りでは、ある患者に対して、亡き妻とそっくりな顔にした
医者がその患者にハマりこんで行く感じのサスペンス物かなと思ってました。

なのでシーンが6年前の娘・ノルマのレイプ騒動に移って、レガルが相手の男
ビセンテを復讐のために誘拐するあたりで、あれ?なんか予想してた展開
じゃなくなってきたなと思ったら、レガルがビセンテにアレして、いろんな
サイズのアレでアレをなじませてっていう展開になって、観ていたこっちは
思いもよらぬ展開で唖然としてしまったが、まぁ最後まで引き込まれて
面白かった。

そして、シーンが現在に戻り、今までベラを覗き見していたレガルがベラと
チョメチョメする展開になるんだが、いやいやいや!ベラの正体はアレでしょ?
レガルのアレは元気になるのか? 自分だったら絶対元気にならないよ!
だって元がアレなんだし。何も知らずにチョメチョメするならまだしも、
知ってては無理ですわ。
なので、そんなベラとチョメチョメできるレガルってスゲーな。

それにしても男ってバカだな。
あれだけ厳重に逃げ出さないように幽閉していたベラを一晩ともにしたら、
もう俺の女状態で幽閉状態を解除して信用してしまうなんて。
結果、レガルには手痛いしっぺ返しが来てしまうが、それはもう自業自得
なので仕方ない。

なんだかんだあったけど、ビセンテとしては想いを寄せていた女店員と
うまく行きそうな感じのする終わりかただったので、ビセンテ的には結果
オーライのハッピーエンドだったのかも。


個人的には、ノルマの事件ってビセンテはあまり悪くないんじゃない?って
思うのだが。挿入寸前までノルマもノリノリだったのに、いきなり拒否って
そりゃないんじゃないかって思うんだが。
むしろ、あの事件で一番悪いのはレガルなんでは?
精神的に異常のあるノルマを小康状態を保ってるからって知り合いの披露宴に
連れ出して、目を放してしまったんだがら。
それで復讐されるビセンテが可哀そう過ぎる。
あっ!でも最終的にはビセンテとしては結果オーライなので、そんなに可哀そう
でもないのか。


お薦め度:★★★★★(5/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。



最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一番 (sakurai)
2012-07-04 10:17:15
悪いのは、やっぱロベル先生ですよね。
思い込みと妻へのとてつもない思慕がさせたことでしょうが、それがまた似あう!!
久びさにアルモドバルの変態映画を堪能させてもらいました。
しかし、キーワードが「チョメチョメ」って・・・。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-07-05 23:42:10
こんばんは。
コメントありがとうございます。

やっぱロベル先生が一番ダメですよね。
でもアントニオ・バンデラスが演じると
ロベル先生が絵になりますね。
キーワードは勝手に登録されてるみたいですが、
よりによって「チョメチョメ」が一番前に
くるとは・・・。
Unknown (つるばら)
2012-07-19 12:21:18
こんにちは。TBどうもありがとうございます。
アルモドヴァルの変態映画は不滅ですね。(笑)
男性目線からの感想、興味深く拝見しました。
でもやっぱりビセンテは一番可哀想な気がします。
世の中のイケ男は、一人でも減らしちゃいけません~イケ男保護運動に参加したいくらいです。(女性目線・・笑)
>つるばらさん (はくじ)
2012-07-20 00:47:24
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ビセンテ可愛そうなんですが、意外に本人と
してはこれはアリなんじゃないかって思って
そうな気がします。
女性目線だとせっかくのイケ男が減ってしまう
のはいただけないようですね。
いや、それにしても衝撃的な作品でした。

コメントを投稿