だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誰よりも狙われた男

2014-10-23 11:21:59 | 映画(た行)

アメリカ/イギリス/ドイツ
サスペンス

    * * * * * * * *

ジョン・ル・カレの同名スパイ小説を「コントロール」「ラスト・ターゲット」
のアントン・コルベイン監督で映画化。
ドイツのハンブルクに密入国した国際指名手配中のチェチェン人青年を巡って、
ドイツの諜報員はじめ様々な組織や個人の思惑が激しく交錯していくさまを
緊張感あふれる筆致で綴る。
主演は2014年2月に本作の一般公開を迎えることなく急逝した「カポーティ」
「ザ・マスター」のフィリップ・シーモア・ホフマン、
共演にレイチェル・マクアダムス、ウィレム・デフォー、ロビン・ライト、
ダニエル・ブリュール。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ドイツの港湾都市ハンブルク。同国の諜報機関によって一人のチェチェン人
青年イッサ・カルポフの密入国が確認される。
イスラム過激派として国際指名手配されている人物だった。
テロ対策チームを率いるギュンター・バッハマンは、彼を泳がせてさらなる
大物を狙う。
一方、親切なトルコ人親子に匿われ政治亡命を希望するイッサを、人権団体の
若手女性弁護士アナベル・リヒターが親身になってサポートしていく。
イッサは、そのアナベルを介して銀行家のトミー・ブルーと接触を図る。
CIAも介入してくる中、アナベルとトミーの協力を強引に取り付けるや、
ある計画へと突き進むバッハマンだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

スパイ物という事と、主演のフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作という
事もあって興味に惹かれ、TOHOシネマズ二条で鑑賞。

これは大いに見応えあったなぁ。

これはゲーリー・オールドマン主演の『裏切りのサーカス』と同じように
派手なアクションとか、敵のアジトに単身侵入してハラハラする展開とかは
一切無い。
なのでこういう静かに淡々と進む感じのが苦手な人には楽しめないと思うが、
個人的には『裏切りのサーカス』よりは分かりやすくて見応えあって楽しめた。

ある容疑者を餌にさらに大物を釣り上げようとするドイツの諜報機関の男の
手柄をCIAがさらっと奪っていくあたり、アメリカの自分の都合だけで周りを
忖度しない傲慢さがよく分かる一本だったなぁ。

自分がギュンターの立場で、あんな事されたら今後CIAと協力する振りしながら
CIAエージェントの位置や正体をイスラム過激派にこっそりリークし続けて、
その見返りにドイツでのテロ行為を見逃してもらうようにするわ。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 荒野はつらいよ ~アリゾナよ... | トップ | イコライザー »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日的 (sakurai)
2015-01-19 10:37:39
時代って大きいですよね。
「裏切りのサーカス」の方が重厚感あったような気がしますが、時代かなあ。
冷戦構造がなくなって、スパイモノっていうのは難しくなりつつありますが、これからはイスラムとの対立という図式になるのかな~と、感じさせられました。
何はともあれ、映画界は惜しい人をなくしました。
>sakuraiさん (はくじ)
2015-01-22 17:33:26
こんばんは。
コメントありがとうございます。

個人的にはこっちのほうが見やすかったですが、
『裏切りのサーカス』の方が重厚感ありましたね。
東西冷戦が下火になった今後は国内に潜むイスラム
過激派をあぶりだすスパイ物が主流になっていくの
かもしれませんね。
本当に早く亡くなられて残念ですね。
もっと活躍している姿を見たかったですね。

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

誰よりも狙われた男 (あーうぃ だにぇっと)
誰よりも狙われた男@一ツ橋ホール
誰よりも狙われた男 (佐藤秀の徒然幻視録)
フィリップ・シーモア・ホフマン最後の台詞は「チクショー!」 公式サイト。アメリカ=イギリス=ドイツ。英題:A Most Wanted Man。ジョン・ル・カレ原作、アントン・コービン監督。フ ...
『誰よりも狙われた男』 2014年9月28日 赤坂区民センターホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『誰よりも狙われた男』 をTIFFプレイベント上映会で鑑賞しました。 フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作です。 とても残念ではありますが、なんとも言えない白いふてぶてしい姿は もう観ることはできません。 ご冥福をお祈りします。 【ストーリー】  ドイ...
誰よりも狙われた男 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
スパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名小説を「コントロール」のアントン・コービン監督が映画化。2014年2月に急逝した名優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作となった。ホフマンがバッハマンを演じるほか、共演にも「きみに読む物語」のレイチェル・マクア....
『誰よりも狙われた男』 (時間の無駄と言わないで)
ジョン・ル・カレ原作のスパイ映画。 この原作者だとドンパチの無い地味映画になるってコトは「裏切りのサーカス」で学習済み。 だけど、それにしたって地味過ぎやしないかい? ...
誰よりも狙われた男 / A Most Wanted Man (勝手に映画評)
今年(2014年)急逝したフィリップ・シーモア・ホフマン最後の作品。 ジョン・ル・カレの同名の小説が原作。ジョン・ル・カレの原作を下にした映画といえば、『裏切りのサーカス』がある。この『裏切りのサーカス』は、ものすごく静かな 淡々とした雰囲気で話が進んでい....
『誰よりも狙われた男(A MOST WANTED MAN)』ジョン・ル・カレ原作、アントン・コービン監督、フィリップ・シーモア・ホフマン (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『誰よりも狙われた男』A MOST WANTED MAN原作 : ジョン・ル・カレ監督 : アントン・コービン出演 : フィリップ・シーモア・ホフマンレイチェル・マクアダムスウ
誰よりも狙われた男 (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ・・・ ドイツ、ハンブルク。諜報(ちょうほう)機関でテロ対策チームの指揮を執るバッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、イッサというイスラム過激派に関わりがあるといわれる若い密入国者をマークする。人権団体の弁護士アナベル(レイチェル・マ....
誰よりも狙われた男 (映画好きパパの鑑賞日記)
 わずか46歳で亡くなった名優、フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作。ジョン・ル・カレ原作の陰々滅々したスパイ映画で、ラストシーンは、本当に見事なものでした。  作品情報 2014年アメリカ、イギリス、ドイツ映画 監督:アントン・コービン 出演:フィリップ・...
誰よりも狙われた男/A MOST WANTED MAN (我想一個人映画美的女人blog)
今年2月、薬物の過剰摂取により、NYの自宅アパートで46歳の若さで亡くなった 名優、フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作。 ジョン・ル・カレの小説を実写化したシリアスなスパイサスペンス。 ドイツのハンブルクを舞台に、対テロ諜報チームを率いる男がテ...
誰よりも狙われた男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『誰よりも狙われた男』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)先般、46歳の若さで突然死したフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作(主演作としては:注1)ということで映画館に行ってきました。  本作(注2)の舞台は、ドイツのハンブルク。  冒頭では、...
誰よりも狙われた男 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
今年の2月に亡くなってしまったフィリップ・シーモア ・ホフマンさんの最後の主演作でスパイ小説で知られる ジョン・ル・カレ原作のサスペンス映画『誰よりも 狙われた男』が公開されましたので観に行ってきました。 誰よりも狙われた男 原題:A MOST WANTED MAN 製作...
「誰よりも狙われた男」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「A Most Wanted Man」2013 UK/USA/ドイツ ドイツ、ハンブルグ。諜報機関でテロ対策チームを率いるギュンター・バッハマンは密入国した一人の青年に目を付ける。彼はイッサという名前のチェチェン人で、イスラム過激派として国際指名手配されている人物だった… ...
誰よりも狙われた男/素晴らしい俳優を失ったと実感 (MOVIE BOYS)
今年の2月に亡くなったオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作品。『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムスや『アンチクライスト』のウィレムデフォーらが共演している。イギリスのスパイ小説家、ジョン・ル・カレの同名小説を映画化した。ちな...
誰よりも狙われた男 (とりあえず、コメントです)
ジョン・ル・カレの同名小説をフィリップ・シーモア・ホフマン主演で描いたサスペンスです。 彼の最後の主演作だったので、これは観なくては!と思っていました。 期待を裏切らないドキドキの展開に、最後まで引き込まれていきました~
誰よりも狙われた男 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) まるでトランプタワーを積み上げるような慎重な作業の連続。
誰よりも狙われた男 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年11月9日(日) 16:05~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:1100円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 レイチェルだったのか 『ヘラクレス』公式サイト 可愛い女弁護士だな と見ていたのだが、エンドロールで、レイチェル・マクアダムスと知る。ファン...
映画『誰よりも狙われた男』★正義と平和とトンビと油揚げ(―_―)!! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
          作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/163903/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     ドイツ・ハンブルクで テロ対策の裏工作を、地味に指揮するギュ...
「誰よりも狙われた男」 (ここなつ映画レビュー)
諜報物として大変質の良い作品な上にフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作である。だから襟を正して観なくてはならない。邦題の付け方も粋だ。そして襟を正して観ていると、フィリップ・シーモア・ホフマン扮するバッハマンが、仕事に誠実であるが故に、「上の判断」に裏...
誰よりも狙われた男(2013)**A MOST WANTED MAN (銅版画制作の日々)
 その瞬間、世界の全てが敵となった。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 フィリップ・シーモア・ホフマン最後の作品ということで気になっていたもの。サスペンスですが、そんなにハラハラドキドキ感はないです。理解力がない私なもんで、ホフマン演じるギュンター・バッハマ...
誰よりも狙われた男 (迷宮映画館)
去年からの積み残し、怒涛のUP!行きます。
ホフマンの魂と供に (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「誰よりも狙われた男」を鑑賞しました。 ハンブルク イスラム過激派に関わりがあるイッサは人権団体の弁護士アナベルを介して銀行家ブルーとの接触しようとしていた 諜報機関でテロ対策チームの指揮を執るバッハマンはイッサをわざと泳がせ テロ...