だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夜明け告げるルーのうた

2018-01-12 00:01:07 | 映画(や行)

日本
ファンタジー/青春/アニメ
DVD観賞

    * * * * * * * *

「MIND GAME マインド・ゲーム」「ピンポン THE ANIMATION」「夜は短し
歩けよ乙女」の鬼才・湯浅政明監督が、自身初の完全オリジナルで描く
長編青春ファンタジー・アニメーション。
田舎の港町を舞台に、塞ぎがちな少年が歌が大好きな人魚の少女との出会いを
通して少しずつ心を解き放ち、やがて町に訪れた大きな危機に立ち向かって
いく姿を、丁寧な日常描写と躍動感あふれるアクションで描き出していく。
声の出演は人魚ルーに谷花音、少年カイに下田翔大。
ほかに篠原信一、柄本明、斉藤壮馬、寿美菜子。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

寂れた漁港の町、日無町。両親の離婚で東京からここに移り住み、いまは
父と祖父との3人暮らしをしている中学生のカイ。
鬱屈した毎日を送る彼にとって唯一の楽しみが、自作の曲を匿名でネットに
アップすること。
そんなある日、正体を知ったクラスメイトの国夫と遊歩に彼らのバンド
“セイレーン”に誘われる。
仕方なく練習場所の人魚島へ向かったカイは、そこで3人の音楽に合わせて
楽しそうに踊る不思議な人魚の少女ルーと遭遇する。
やがてそんなルーとの交流が、カイの凝り固まった心に変化をもたらして
いくのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

コレ、公開当時は興味に惹かれなかったのでスルーしたけどDVDリリース時に
レンタルしてみようかなぁと思い、『夜は短し歩けよ乙女』と一緒にレンタル
して観ることに。

思ってた以上に面白かったんだが。

『夜は短し歩けよ乙女』も面白かったけれど、こちらも面白かった。

でも、コレは予告映像の作りが悪いなぁ。
劇場で予告映像を見た時、あぁ『崖の上のポニョ』の二番煎じかい。
観に行かんでもええかなって思っちゃったからなぁ。

で、観てみたらコレが思った以上に面白かった。
人魚が少年と交流を持つところとか、町が水害に遭うところなんかはポニョと
一緒だけど、音楽につられてやってくるとか、噛まれたら人魚になるとか、
人魚を観光の目玉にしようとする人間がいれば、人魚によって水産物に被害を
受けたから人魚を駆除しようとする一派がいたりと人間側の自分勝手な行動が
描かれていたりと、ポニョとは全然違う。

絵はちょっと独特なタッチなので好き嫌いはあるかもしれないけれど、個人的
には観ているうちに気にならなくなってきた。

自分と同じように予告映像観て『崖の上のポニョ』じゃんってことでスルーした
人は多そう。
もうちょっと上手く予告映像作れていたら、もっと興業収入が良かったんじゃ
ないかなぁ、もったいないなぁって印象。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜は短し歩けよ乙女 | トップ | 劇場版 マジンガーZ / INFINITY »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(や行)」カテゴリの最新記事