だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アナベル 死霊館の人形

2015-02-28 21:44:09 | 映画(あ行)

アメリカ
ホラー

    * * * * * * * *

2013年、全米でサプライズ大ヒットとなったジェームズ・ワン監督ホラー
「死霊館」に登場した呪われた人形“アナベル”をフィーチャーし、その
知られざる誕生の物語を描いたオカルト・ホラー。
ジェームズ・ワンは製作に回り、監督は「死霊館」で撮影監督を務めたジョン
・R・レオネッティが担当。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

仲睦まじい夫婦ジョンとミア。ジョンは出産を控えたミアにビンテージの人形を
プレゼントする。我が子の誕生を待ちわび、幸せな日々を送る2人だったが、
思いも寄らぬ事件に巻き込まれる。
ある日、隣家で夫婦がカルト信者の男女に惨殺される事件が発生し、犯人がミア
にも襲いかかってきたのだ。
間一髪で男は警官に射殺され、女はミアの人形を抱いて自殺した。
以来、夫婦は次々と不可解な出来事に見舞われる。無事に女の子が生まれた夫婦は、
忌まわしい記憶の残る家を後にし、新天地へ引っ越すことに。
ところが、新しい家で荷物を整理していた2人の前に、なぜか捨てたはずの人形が
出てきて…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』を観になんばパークス
シネマに行った際に、ついでに鑑賞。

しもた!観に行く時間帯間違えた!

はぁ~、何でコレを週末の昼間に観に行ったんだろうか。
女子中高生が怖くもないのにキャーキャー騒いで煩くてしかたなかった。
レイトショーで観るべきだったな、失敗した。

『死霊館』は個人的には、なかなか怖かった印象があったんだけど、
これは全く怖くなかった。
音での驚かせ方とか、見せ方とかは良かったんだけど、お話し的には
チョットイマイチだったかな。

黒人のオバサン、わけありな感じでミアとお近づきしてきたので、彼女が
悪魔と対決したりするのかな?なんて思ってたらまさかのあの展開。

悪魔って、狙った人間の魂じゃなくても身代わりの魂でも満足しちゃうんだ。
悪魔なら、身代わりの魂をそれはそれで美味しくいただいておいて、ミアの
魂も狙うべきなんじゃないの?
悪魔なのに、謙虚というか欲深くないというか・・・。
もっとガツガツいっちゃえばいいじゃんって思った。


お薦め度:★★☆☆☆(2/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカン・スナイパー | トップ | さいはてにて~やさしい香り... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事