だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~

2015-07-12 15:44:32 | 映画(あ行)

イギリス/フランス
コメディ/ファミリー/アニメ

    * * * * * * * *

「ウォレスとグルミット」シリーズのアードマン・スタジオ製作の大人気
TVアニメ初の劇場版。
片田舎の牧場で楽しい毎日を送っていたひつじのショーンとその仲間たちが、
ひょんなことから大都会で大冒険を繰り広げるさまをコミカルに綴る。
監督はTV版の監督も手がけるリチャード・スターザックと「ウォレスと
グルミット 野菜畑で大ピンチ!」の脚本を担当したマーク・バートン。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

イギリスの片田舎にある羊の牧場。
そこではリーダー格のショーンと愉快な仲間たちがのんびり過ごしていた。
牧場主に忠実な牧羊犬のビッツァーは、そんなショーンたちの監督に余念が
ない。
ところがある日、決まり切った毎日に飽き飽きしたショーンが、とんでもない
イタズラをしでかしてしまい、眠ったままの牧場主が乗るトレーラーが大暴走
してしまう。
トレーラーはそのまま牧場を飛び出し、あわてて後を追うビッツァーを従えて
大都会へと向かってしまう。最初はうるさい牧場主とビッツァーがいなく
なって羽を伸ばすショーンだったが、すぐに責任を感じて2人を捜しに行く
ことに。
こうして路線バスに乗り込んだショーンは、一緒についてきた仲間たちを
率いて、いざ大都会へと繰り出すのだったが…。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『ターミネータ』の最新作か細田守監督の最新作『バケモノの子』でも観よう
かなぁなんて思ったものの、人が一杯だろうなぁ、一杯なのはやだなぁって
ことで、観てみたいなぁ、でもDVD出てからでいいかなぁって思ってた本作を
おそらく空いているであろうという理由でなんばパークスシネマで鑑賞。

いやぁ~面白いな、コレ。

『ウォレスとグルミット』シリーズは好きなんで、おそらくコレも面白いはず。
面白くないわけないって思ってたけど、思ったより面白かった。

ちょっとした行き違いで牧場主を都会送りにしてしまい、行方の知れなくなった
牧場主を探しにショーン達が都会に行き、動物保護センターのハンターに捕獲
されたり、脱出したりと、紆余曲折ありながらも最後はみんなとの絆を再確認
する展開は、全編セリフ無しなのに、終始クスクス笑えて、ダレることなく
最後まで引き込まれて見入ってしまう傑作だった。

個人的にはショーン達が一列にならんでループしながら柵を飛び越えていくと
周りの人間がバタバタ眠りに落ちてしまう所が一番笑えた。

当初、劇場で観たかったものの、子供連れの家族客ばっかの中、一人で観に行く
のがちょっとなぁって躊躇いもあって、スルーしかけてたんだけど観に行って
良かった。


お薦め度:★★★★★(5/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« チャイルド44 森に消えた子... | トップ | マッドマックス 怒りのデス... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-07-12 21:45:39
人間に偽装した時のチグハグな歩き方とか、アニメートにも力が入ってる。絵とかアニメートだけに力が入ってる訳じゃない点、あくまで娯楽である点が凄く良いと思う。
>ふじき78さん (はくじ)
2015-07-16 23:44:59
こんばんは。
コメントありがとうございます。

分かりやすいお話があって、さらに細かい演出と大人が観ても十二分に楽しめる内容でしたね。

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年/イギリス:アードマン・アニメーションズ=フランス:スタジオ・カナル 配給:東北新社 原題:Shaun the Sheep Movie 監督: マーク・バートン、 リチャード・スターザック
『ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム』をHTC渋谷1で観て、大満足ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★1カット1カット細かいネタが多いのも好感が持てるが、クレイアニメという制約をものともせずに異常にノリノリなのが凄い】 『ウォレスとグルミット』シ ...
『ひつじのショーン/バック・トゥ・ザ・ホーム』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
『ひつじのショーン』って「テレビ点けてやってると見る」程度の認識しかないんですが、長編映画化となると俄然興味が湧いてきて劇場へと足を運びました。ショーンは仲間の羊たちや牧場主、牧羊犬のビッツァーと一緒に毎日暮らしてますが、ある時いたずらを思いついて、寝...
『映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』 なぜ大人の心にしみるのか (映画のブログ)
 日本で一番ヒットした曲が何かは、みなさんご存知だろう。  現在は一人のファンが何枚ものCDを買うように仕向ける商法があるけれど、そんなことしなくても本当にヒットする曲は爆発的に売れまくる。  日本でもっとも売れたシングルは、およそ一家で一枚しか買うこと...
ショートレビュー「ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
牧場を飛び出し、都会へGo! 英国のアードマン・アニメーションズの大ヒット作、「ウォレスとグルミット」のキャラクターから生まれたスピンオフ、「ひつじのショーン」初の長編映画化。 牧場でまったり展開する短編テレビシリーズとは一線を画し、記憶喪失となり帰れ...
ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) なんとも可愛いキャラ軍団に思わず頬ずりしたくなる(笑)
映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~ (とりあえず、コメントです)
ひつじのショーンと楽しい仲間たちが住み慣れた家から街へと向かう冒険を描いたクレイアニメです。 昨年末に公開を知ってから、新しいショーンに出会うのを楽しみにしていました。 毎週、テレビで笑わせてくれるショーンたちが、長編でも感情豊かに意外な冒険を繰り広げて...
『映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』 (beatitude)
ひつじのショーンとその仲間たちは牧場主から解放されようと、眠らせた牧場主を車の中に移し、まるで夜になったように見せるいたずらを仕掛けた。しかし眠った牧場主を乗せたまま車が動き出し、牧羊犬ビッツァーもまた暴走する車を追って都会へ行ってしまう。慌てたショー...
『ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』 (pure breath★マリーの映画館)
        アカデミー賞受賞の『ウォレスとグルミット』チームが贈る最高傑作 『ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』 【解説】 日本でもテレビ放映されているイギリス発のストップモーション・アニメーションシリーズの初の劇場版。『ウォレス....
みんなでうちへ帰ろう! ~『ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』 (真紅のthinkingdays)
 SHAUN THE SHEEP THE MOVIE  ひつじのショーンは、牧場で仲間たちと楽しく暮らしてはいるものの、ルー ティンな生活に退屈していた。牧場主を眠らせて休日を楽しもうとしたショー ンたちだったが、偶然が重なって牧場主は街へ出、記憶喪...
ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~ (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~ '15:イギリス、フランス ◆原題:SHAUN THE SHEEP THE MOVIE ◆監督:マーク・バートン 、 リチャード・スターザック ◆STORY◆ひつじのショーンとその仲間たちは牧場主から解放されようと、眠らせた牧場主を...
ひつじのショーン〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜 (いやいやえん)
【概略】 牧場で退屈な毎日を送っていたショーンは、非日常を味わうため牧場主にある悪戯を仕掛け、仲間たちと休暇を取れるよう作戦を練るのだが…。 アニメーション 2歳の......