だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アナザー Another

2012-08-17 01:08:50 | 映画(あ行)

日本
ホラー/学園/ミステリー

    * * * * * * * *

「館」シリーズなどで著名なベストセラー作家・綾辻行人の小説を映画化した
学園ホラー。
とある地方都市に移り住んだ少年が、そこで謎めいた少女と出会ったことから
恐ろしい体験をする姿を映し出していく。
摩訶(まか)不思議な現象の数々に対峙(たいじ)する主人公に『管制塔』の
山崎賢人、彼の前に現われる美しくも恐ろしい少女には、『告白』で鮮烈な印象
を放った橋本愛が物語の鍵を握る少女を演じる。
監督は、『アベックパンチ』の古澤健。劇中のセリフを歌詞に盛り込むなど、
作品の世界観を表現した加藤ミリヤの主題歌も聞きものだ。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

大学教授の父親が海外に行く期間中に限り、地方都市・夜見山市で生活する
祖父母に預けられることになった榊原恒一(山崎賢人)。
持病による発作で病院に運ばれた彼は、そこで出会った眼帯をした美少女から
意味不明な言葉を告げられる。
後日、夜見山北中学校に転入した恒一は、教室に病院の少女がいることに
気付く。彼女の名が見崎鳴(橋本愛)だと知るが、クラスメートと担任は彼女が
存在していないかのような言動を見せる。
その理由を鳴本人に尋ねようとするが、そのたびに姿を見失ってしまい……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

原作もアニメも一切見てないし、予告編でも特に食指は動かされなかったけど
も、暇なのでTOHOシネマズなんばで鑑賞。

う~ん、全く怖くない!

何だろ?これ、全く怖くもなんともないし、それ以上にツマンナイ。
何でそんなバカげたルールが出来て当然のように運用されているんだろうか。
もっと手の打ちようがあるだろうに・・・。
死に方も何かイマイチだしな。『ファイナル・デスティネーション』ばりに
グロくてえげつない死に方だったりするとまだ面白かったかもしれないけど。
ちょっとは期待してただけにガッカリ感が半端ない。

学校が夏休み中ということと、レディースデーということもあり、妙に女子
中高生らしき観客が多い中の鑑賞となってしまいました。
彼女達は観終わった後、怖かったぁ~と感想を言い合ってましたが、あれで
怖がれたり、上映前の『パラノーマル・アクティビティ4』の予告編で怖い~
とか嫌~って純粋に怖がれる彼女達が羨ましいっす。


お薦め度:★☆☆☆☆(1/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 桐島、部活やめるってよ | トップ | 白蛇伝説~ホワイト・スネーク~ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うーん (学生のおっさん)
2012-08-17 04:52:10
映画自体はまあまあ普通

橋本愛は可愛かった

あと,個人的に映画と主題歌がピッタリ

ちょっと鳥肌、うん、それぐらい


>学生のおっさんさん (はくじ)
2012-08-19 15:44:12
コメントありがとうございます。

橋本愛は可愛いですね。
私的には映画自体はイマイチでした。
こんばんは (つるばら)
2012-09-17 21:54:38
TB有難うございます。
私は原作者の一応ファンなんですが、
そんな目で見ても、えらくクオリティが低い;;って印象で残念でした。
でも橋本愛は良かったですね。
あと、お人形・・(すみません、ああいう人形好きなもんで・・同意は求めません~・・笑)
>つるばらさん (はくじ)
2012-09-18 21:00:22
こんばんは。
コメントありがとうございます。

私は原作読んでないので、映画との違い等はよく
分からないんですが、原作ファンの人から見ても
クオリティは低かったんですね。
ドールがお好きなんですか?
私自身は嫌いじゃないですが、電気点いてない
夜中に見るのは怖いです。

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事