だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パトリオット・デイ

2017-06-24 23:38:49 | 映画(は行)

アメリカ
ドラマ/サスペンス

    * * * * * * * *

全米に衝撃が走った2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件を「ローン
・サバイバー」「バーニング・オーシャン」のピーター・バーグ監督、
マーク・ウォールバーグ主演コンビで映画化した実録ドラマ。
事件当日、現場で警備に当たっていたボストン警察の刑事を主人公に、地元
警察とFBIの合同捜査で犯人を追い詰めていくまでの緊迫の一部始終を
スリリングに描き出していく。
共演はジョン・グッドマン、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、
ミシェル・モナハン。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

2013年4月15日。50万の観衆がつめかけた地元の一大イベント“ボストン
マラソン”の警備に当たっていた殺人課の刑事トミー。
人々の大声援を受けてランナーたちが次々とゴールする中、彼の背後で突然の
大爆発が起こり、多数の負傷者が出て現場は大混乱に陥る。
トミーら地元警察官が救護活動と事態の収拾に奔走していると、FBIの
リック捜査官が現場に到着、すぐさまテロと断定、そのままFBIが捜査の
陣頭指揮を執ることに。
やがて周辺の地理に詳しい地元出身者として捜査に協力するトミーだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

まぁコレはメリケン万歳愛国心注入映画なんだろうなぁ、観るまでもない
かなぁと思ってたんだけど、たまたま他の作品を観に行った映画館で上映
してたので、観てみるかぁと軽い気持ちで観ることに。

いやぁ思ってた以上に見入ってしまった。

ボストンマラソン中に起きた爆弾テロの事件の事と、圧力鍋に釘とかを入れて
破壊力を増した爆弾が使われた事は当時のニュースで知ってたけど、事件解決
までに警官が殺害されたり、通りで犯人との銃撃戦があったり、戒厳令に近い
屋内退避が行われていたことは全然知らなかった。

いやニュースでそういう細かい所も報道してたかも知れないけれど、当時の
自分はどっか他人事のように思っててさほどの興味も持たなかったんだろうな。

だけど当時の映像を交えた内容は凄かった。
133分、どっかでダレちゃうかなぁと思ってたんだけど、そんなことは一切なく
事件発生までの日常の描写から事件発生、犯人の特定と逮捕までの展開が
テンポよく進んでダレることなくエンディングを迎える内容に、思った以上に
見入ってしまった。

そう言えば、犠牲になった夫婦がレッドソックスを発音を「ソークス」と
「ソックス」で言い合ってたけど、どっちがが正しいんだろ?
ちょっと気になる。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« レッド・ダイヤモンド | トップ | ジーサンズ はじめての強盗 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事