だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぼくを探しに

2014-08-15 00:01:27 | 映画(は行)

フランス
コメディ

    * * * * * * * *

「ベルヴィル・ランデブー」「イリュージョニスト」のシルヴァン・ショメ
監督が長編実写作品に初挑戦したコメディ・ドラマ。
幼い頃に両親を亡くし、伯母姉妹に育てられた孤独な青年が辿る奇想天外な
心の旅路を、ポップな映像でハートウォーミングに綴る。
主演はフランス期待の若手ギョーム・グイ。
共演にアンヌ・ル・ニ、ベルナデット・ラフォン、エレーヌ・ヴァンサン。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

幼い頃に両親を亡くし、その時のショックから言葉を話せないまま大人に
なったポール。
彼はダンス教室を営む風変わりな伯母姉妹アニー&アンナに育てられた。
姉妹はポールを世界一のピアニストにしようと必死で、ポールはそんな姉妹の
もとでダンス教室を手伝い、ピアノの練習に明け暮れる静かな日々を送っていた。
そんなある日、彼は同じアパルトマンに住む謎めいた女性マダム・プルースト
と出会う。彼女が勧める不思議なハーブティーを飲んだポールは、赤ん坊の頃の
幸せな記憶を呼び覚ます。
以来、マダム・プルーストのハーブティーを飲んでは、封印されていた過去の
記憶を取り戻すことに夢中になっていくポールだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

これの予告編で、カエルみたいなキャラクターがギターやドラムを奏でながら
歌っているシーンを観て、ファンタジーチックな作品かなぁと興味に駆られて
シネ・リーブル梅田で鑑賞。

劇中で流れる音楽の数々が良かった。

観終わった瞬間、これって脱法ハーブで幻覚みちゃう男のお話し?って
思ったけれど、両親の死がトラウマで記憶を封印した青年がある婦人が淹れた
ハーブティーを飲むたびに記憶を取り戻して両親の死の真相にたどり着くと
ともに自分を取り戻すファンタジーチックなお話しで、それなりに見応え
あった。

だけど、特に体調悪いわけでも睡眠不足でもなかったんだけど、序盤は何故か
観ているうちについついウトウトしてしまった。

序盤はウトウトしちゃったけど、ポールがマダム・プルーストと出会って
閉ざされていた記憶を取り戻していくあたりから目が覚めてきたんだけど、
赤ちゃん目線の記憶のシーンがなかなかによかった。

後、劇中で流れるピアノやウクレレなどで奏でられる音楽やポールの母親らが
歌うシーンとかが素晴らしかった。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« バトルフロント | トップ | なまいきチョルベンと水夫さん »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うとうと (sakurai)
2014-11-25 13:14:38
しちゃう気持ち、わかります。
なんか、ほにゃら~って感じでしたもんね。
どころどころ、ピリッとしてはいましたが、実写むきじゃないのかもと思いました。
>sakuraiさん (はくじ)
2014-11-25 23:36:36
こんばんは。
コメントありがとうございます。

体調は万全だったのに、何故かうとうとしちゃいました。
DVD出たらもう一回見てみようかと思いますが、
たぶんまたうとうとしちゃうかもしれません。

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

ぼくを探しに~失われた時を求めて (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランス映画。原題:Attila Marcel。シルヴァン・ショメ監督。ギョーム・グイ、アンヌ・ル・ニ、ベルナデット・ラフォン、エレーヌ・ヴァンサン、ルイス・レゴ、ファニー ...
ショートレビュー「ぼくを探しに・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
失われた記憶を探して。 実写とアニメーションの違いは、前者は有から有を、後者は無から有を作り上げる芸術と表せるだろう。 私は両方の世界で仕事をした経験があるが、実写とアニメーションの監督のどちらが大変かと問われれば、アニメーションだと思う。 なぜなら...
映画・ぼくを探しに (読書と映画とガーデニング)
原題 ATTILA MARCEL2013年 フランス 幼い頃に両親を亡くし、そのショックで言葉を話すことが出来ないまま大人になったポール(ギョーム・グイ)伯母のアニー(ベルナデット・ラフォン)とアナ(エレーヌ・ヴァンサン)にピアニストになるよう育てられ、友達もい....
ぼくを探しに (そーれりぽーと)
『アメリ』を彷彿とする予告編が気になっていた『ぼくを探しに』を観てきました。 ★★★★ プロデューサーが『アメリ』と同じ人らしいです。 完全にイッちゃってる『アメリ』よりは、幾分現実寄りに物語が展開するものの、ファンタジックな演出に彩られ、ミュージカルや...
『ぼくを探しに』 (beatitude)
幼い頃に両親を亡くし、そのショックで言葉を話すことができなくなり、過去の記憶を封印したまま33歳の誕生日を迎えたポール(ギョーム・グイ)は、今朝も悪夢で目が覚めた。母はとても優しくて美人だが、プロレスラーだった父は野獣のように乱暴でおっかない。夢に出てくる...
ぼくを探しに (映画好きパパの鑑賞日記)
 フランス映画らしいポップな映像に、ちょっとビターだけどハートフルなストーリーの物語。監督がアニメーション作家だけに、イマジネーションあふれる映像が、実写でも見られます。  作品情報 2013年フランス映画 監督:シルヴァン・ショメ 出演:ギョーム・グイ、...
「ぼくを探しに」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Attila Marcel」2013 フランス アッティラ・マルセル/ポールに「美しき棘/2010」のギョーム・グイ。 マダム・プルーストに「最強のふたり/2011」「わたしたちの宣戦布告/2011」のアンヌ・ル・ニ。 アニー伯母に「ブロークン・イングリッシュ/2007」のベルナデ...
ぼくを探しに (痩せたいVSでも食べたい)
『ぼくを探しに』 "ATTILA MARCEL" (2013・フランス・1h46) 監督・脚本・音楽 : シルヴァン・ショメ 出演 : ギョーム・グイ、アンヌ・ル・ニ、ベルナデット・ラフォン、エレーヌ・ヴァンサン、ファニー・トゥーロン 両親を幼い頃に亡くし伯母二人に育...
失われた記憶を求めて~『ぼくを探しに』 (真紅のthinkingdays)
 ATTILA MARCEL  幼い頃に両親を亡くし、声を失ったまま成長した青年ポール(ギョーム・グイ) は、双子のような伯母姉妹(ベルナデット・ラフォン&エレーヌ・ヴァンサン)に よって愛情深く(過保護に)、ピアニストになるべく育てられた。33歳の...
ぼくを探しに ★★.5 (パピとママ映画のblog)
『ベルヴィル・ランデブー』や『イリュージョニスト』がオスカー候補になったシルヴァン・ショメ監督が、初の実写に挑んだ心温まるファンタジー。両親を失ったショックで言葉を失った主人公が、不思議な力を持つ女性と出会うことにより人生の転機を迎える姿を写す。主人公...
ぼくを探しに (迷宮映画館)
ファンタジックな味わいを、実写にしちゃった。
ぼくを探しに (rambling rose)
幼い頃に両親を亡くしたショックで言葉が出なくなったポール。伯母姉妹に育てられ大人になった彼は、一流ピアニストになるべく練習に明け暮れていた。
「ぼくを探しに」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
えっ!父と息子と、1人二役だったの?! 3つ★
「ぼくを探しに」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
えっ!父と息子と、1人二役だったの?! 3つ★
「ぼくを探しに」 2013年 仏 監督 シルヴァン・ショメ (トリ猫家族)
 何の前情報もなく見たのですが大好きな世界でした。 見終わった後、自分の人生も愛おしく思えるような、じわ~っと幸せが湧き上がってくる映画。 『すべては記憶の中にある。 ...
ぼくを探しに (いやいやえん)
【概略】 両親を失ったショックで言葉を話せない青年・ポール。ある日、彼はプルーストというマダムと出会い、失われた記憶を呼び戻す不思議なハーブティーを勧められる。 ドラマ 「ベルヴィル・ランデブー」「イリュージョニスト」の監督さんによる初の長編実...