だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おかえり、はやぶさ

2012-03-24 00:01:10 | 映画(あ行)

日本
ドラマ

    * * * * * * * *

小惑星のイトカワからサンプル採取という快挙を達成し、60億キロ約7年に及ぶ
宇宙の旅から帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の挑戦を、JAXAのエンジニアの
視点を通じて全編3Dカメラで撮影された最新映像でつづる感動作。
度重なるトラブルに見舞われたはやぶさの帰還を支えたプロジェクトチームの
奮闘を、『釣りバカ日誌』シリーズや『犬と私の10の約束』の本木克英監督が
描き出す。
はやぶさが直面する困難を通して成長していくエンジニアの主人公を、
『DEATH NOTE デスノート』『カイジ』シリーズの藤原竜也が熱演。
共演には『婚前特急』の杏、ベテランの三浦友和らがそろう。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

宇宙の謎を解く鍵となる小惑星イトカワのサンプルを採取して地球に帰還する
べく、2003年5月9日、小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられた。
JAXAのエンジニア助手・大橋健人(藤原竜也)は、火星探査機のぞみの
プロジェクトに携わっていた父への思いを胸に、はやぶさの壮大なプロジェクト
チームの一員として日々奔走する。
しかし四つのメインエンジンの停止、通信の遮断など、数々の困難が
待ち構えており……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

この映画、やたらと3Dということをウリにしていたので、多分中身は
スッカスカなんだろうなぁと思いつつも、前の2作を観てきたので、
一応3作全部観ようと思ったのと、第7回大阪アジアン映画祭の
『熊ちゃんが愛してる』と『セデック・バレ 太陽旗』の間の時間潰しも
兼ねて、MOVIXあまがさきで2D版を鑑賞。

予想通りに3作のなかでダントツにつまんなかった。

もう、前の2作やその前のTV等のドキュメンタリー等ではやぶさの行程や
トラブルとかはもう知識としてあるので、後は、この作品で前2作とは
どういうふうに違った切り口で魅せてくれるのか期待してたんだが、
邦画お得意の難病物を持ってくるベタでダメな展開で興ざめ。

特に各種説明を劇中に岩松風也役で出演している前田旺志郎の高い声を聞いて
いてイラッときてしまった。
子ども向けなんで、子どもがナレーションしたほうが良いって判断なんだろう
けど、個人的には前田旺志郎の存在がウザいだけだった。

狙いの客層をファミリー層にしているのか、子どもにわかりやすく、スイング
バイやイオンエンジンについてアニメで説明しているのは、それなりに好感が
持てるが、それ以外は観ていて退屈だった。

これは貯まっていたポイントで鑑賞したけど、正規料金で観てたら、福島と
尼崎の往復運賃込みで金と時間を返せと発狂してたかもしんない。
でも、こういう内容だと予想ついてたのに観に行ったので仕方ないか・・・。
それと丁度『セデック・バレ 太陽旗』までの時間潰しになったし。


お薦め度:★☆☆☆☆(1/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 生きてるものはいないのか | トップ | マーガレット・サッチャー ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

おかえり、はやぶさ (LOVE Cinemas 調布)
小惑星イトカワからのサンプル採取という世界初の偉業を成し遂げた小惑星探査機ハヤブサの出発から帰還までをJAXAのエンジニアの視点から描いた物語。主演は『カイジ』の藤原竜也。共演に杏、前田旺志郎、大杉漣、中村梅雀、三浦友和らが出演している。監督は『鴨川ホ...
『おかえり、はやぶさ』 2012年3月11日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『おかえり、はやぶさ』 を鑑賞してきました。 かなり酷評が多かったので、ハードル低めの鑑賞でした おかげで、面白く見れました 【ストーリー】  宇宙の謎を解く鍵となる小惑星イトカワのサンプルを採取して地球に帰還するべく、2003年5月9日、小惑星探査機「はやぶ...
[映画『おかえり、はやぶさ』を観た(これにて、「はやぶさ・3.5部作」制覇!^^)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・この作品、なんかしょぼそうだったのだが、まあ、普通に面白かった。  だが、先ず、この作品の楽しみ方とは、単体で観るよりも、先行した競作作品との絡みで見ることにあると思う。    (0.5)『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』    (1)『は...
おかえり、はやぶさ (あーうぃ だにぇっと)
おかえり、はやぶさ@なかのZERO
『おかえり、はやぶさ』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
    「はやぶさ映画」四本目、いよいよアンカーの登場です。 『おかえり、はやぶさ』(公式サイト)を観て参りました。 
『おかえり、はやぶさ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「おかえり、はやぶさ」□監督 本木克英 □脚本 金子ありさ □キャスト 藤原竜也、杏、三浦友和、前田旺志郎、森口瑤子、田中直樹、       宮崎美子、豊原功補、大杉 漣、中村梅雀■鑑賞日 3月11日(日)■劇場 チネチッタ...
おかえり、はやぶさ 3D/藤原竜也、杏 (カノンな日々)
各映画会社の競作となった惑星探査機はやぶさの軌跡を描いた物語。私は勝手にはやぶさ映画三部作と呼んでたりしますけど、そのとりを飾るのがこの松竹映画『おかえり、はやぶさ』 ...
おかえり、はやぶさ 3D/藤原竜也、杏 (カノンな日々)
各映画会社の競作となった惑星探査機はやぶさの軌跡を描いた物語。私は勝手にはやぶさ映画三部作と呼んでたりしますけど、そのとりを飾るのがこの松竹映画『おかえり、はやぶさ』 ...
『おかえり、はやぶさ』 ('12初鑑賞31・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 3月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:20の回を鑑賞。
おかえり、はやぶさ (Akira's VOICE)
宇宙のワクワク感に包まれる3Dが良い!  
おかえり、はやぶさ (とりあえず、コメントです)
各社競作企画映画“はやぶさ”の松竹版です。 これまでの「はやぶさ/HAYABUSA」「はやぶさ 遥かなる帰還」と観て来たので、 どうせなら今作もチャレンジしようと決めていました。 親子の絆を絡めながら、はやぶさの偉業を子供にも分かるように丁寧に伝えてくれる作品でし...
「おかえり、はやぶさ」 (みんなシネマいいのに!)
 さすがに、何度も同じネタの映画を見せられたら食傷気味。 最後に公開される映画は
「おかえり、はやぶさ」 着眼大局、着手小局 (はらやんの映画徒然草)
「はやぶさ」のエピソードの映画化作品、こちらは松竹版になります。 結果から言って
おかえり、はやぶさ(3D) (食はすべての源なり。)
おかえり、はやぶさ ★★★☆☆(★3つ) 小惑星のイトカワからサンプル採取という快挙を達成し、60億キロ約7年に及ぶ宇宙の旅から帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の挑戦を、JAXAのエンジニアの視点を通じて全編3Dカメラで撮影された最新映像でつづる感動作。 な...
『おかえり、はやぶさ』 (シチュー鍋の中の混沌の弐)
『はやぶさ』映画マラソン最後の一本、松竹版です。 2Dレディースディで観てきました。3Dはいらないし、安く観たいと思ってたので。 一言で言えば 「なんだ、普通に楽しめたじゃん」。 やっぱり予告編が悪いな!w 『子供がはやぶさに乗ってる』ヴィジュアル...
映画:「おかえり、はやぶさ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年3月12日(月)。 映画:「おかえり、はやぶさ」。 【監  督】本木克英 【脚  本】 金子ありさ 【キャスト】  藤原竜也 (大橋健人)・杏 (野村奈緒子)・三浦友和 (大橋伊佐夫)  前田旺志郎 (岩松風也)・森口瑤子 (岩松多美)・田中直...
『おかえり、はやぶさ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
小惑星探査機<はやぶさ>を題材にした3本目の実写映画。 真打ち登場、と言いたいところだけど、こういうものは旬が大事、早い者勝ちって部分が少なからずあると思う。 3本の中で一番フィクション要素が強いのかな、もはや<はやぶさ>じゃなくても良くなってきてる。...
『おかえり、はやぶさ』を新宿ピカデリー7で観て、そこはメイド服だろ杏ちゃんふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★いや、別に何を期待して見に行った訳でもないし】 何をどう勘違いしたのか、 チケット屋で安値前売券を買った時は成島出監督作品だと思ってた。 あにはから ...
おかえり、はやぶさ (愛猫レオンとシネマな毎日)
はやぶさ映画、3作目になります。 多分、3Dを売りにしたお子ちゃま向けの作品かなあ~と思ってたら その通りでした。 辛口ですが、この作品で人間ドラマは期待出来ません。 主人公は、藤原竜也さん演じるイオンエンジンチームの技術者。 彼の父親は、前回、失敗に終...
おかえり、はやぶさ (がらくた新館)
はやぶさ映画、第3弾です。2D版を観賞。 前の2作が再現ドキュメンタリー+ドラマ
映画「おかえり、はやぶさ」@チネチッタ (新・辛口映画館)
 この劇場での最終日の夕方、2人のお子さんを含む20名弱くらいの寂しい客入りだ。