だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

影なきリベンジャー 【極限探偵C+】

2015-08-10 00:01:01 | 映画(か行)

香港
ミステリー/クライム/アクション
DVD観賞

    * * * * * * * *

『the EYE 【アイ】』シリーズなどで知られるオキサイド&ダニー・パン兄弟
と、香港の人気俳優アーロン・クォックがタッグを組んだサスペンスミステリー。
タイの中華街を舞台に、1枚の写真を手掛かりに、ある女の捜索を依頼された
探偵が、謎めいた殺人事件とその裏に隠された真相に迫っていく。
『SPL/狼よ静かに死ね』などのリウ・カイチー、パン兄弟の『リサイクル -死界-』
にも出演しているラウ・シウミンらが共演。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

タイの中華街で小さな探偵事務所を営むチェン・タム(アーロン・クォック)
は、以前バーで顔見知りになった男ロン(シン・フイウォン)からある女に
殺されそうだから助けてほしいと頼まれる。
ロンが置いていった写真を頼りに調査を進めていくと、女がサムという名前で
あることが判明。
しかし、彼女の身辺を調べるうちに関係者たちが次々に謎の死を遂げていき……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『スナイパー:』と同じくTUTAYA DISCASの旧作借り放題で見つけ、面白そう
だったので早速観ることに。

これも当たりだった。面白い。

オキサイド・パン監督と言えば『the EYE 【アイ】』や『ゴーストハウス』
とかホラー映画の監督ってイメージがあったので、探偵物の作品を撮ったって
のが興味深くて観てみたんだが、コレはナカナカにいいな。

出だしが松田優作の『探偵物語』のオープニングを彷彿とさせるような感じで
イイ!
そしてBGMに流れる『Me Panda』がこのシーンにマッチしていて、一気にコレは
面白そうだなと引き込まれる。

しがない三流探偵タムがある女に殺されそうという顔見知りの男・ロンの依頼を
受け、ある女を探そうとするが、その女から繋がる人物がタムの行く先々で
死んでいるという事件が連続しておき、タムは一連の事件の背後にその女がいる
と確信して捜査を進めていき、最後にある秘密にたどりつくって感じの内容
なんだが、南国タイの熱さ湿度を感じられるような色合いの映像や、どことなく
ホラー映画っぽさを漂わせる雰囲気など個人的には大いに見応えあった。

三流ながらも警官のフリして情報を聞き出したり、留守宅のカギを開けて侵入
したりと違法ながらも事件の核心に近づいていく探偵を演じたアーロン・クォック
の演技も良かったが、文句たれながらも協力する警官役のリウ・カイチーも
良かった。

で、オキサイド・パン監督らしくオチはオカルトチックになってけど、充分
面白くて楽しめた。

これ三部作らしくて、【極限探偵B+】【極限探偵A+】とタイトルが変わって
いくらしく、残り二作も気になるので観てみようかな。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« バレット・ヒート 消えた銃弾 | トップ | デッドポイント ~黒社会捜... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2015-08-18 12:08:47
シリーズでみるとまた感慨深い作品になってます
成績表のような、C+からはじまるA+までの物語は、
両親の失踪事件と言う大きな事件がミソになっています

そうそう、私も「Mhee Panda」で一気に持っていかれましたよ(笑)
>makiさん (はくじ)
2015-08-18 22:14:16
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ネットの評判では、なんか進むにつれて面白くないって
評価だったんですけど、個人的には本作が凄く面白かった
ので、近々レンタルしてみようかと思います。
両親の失踪事件が真相がどう明らかになっていくのか
楽しみです。

「Mhee Panda」の威力はすごいですね。
あれで否が応にも持っていかれますね。

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事