だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レッド・スパロー

2018-04-03 00:01:33 | 映画(ら行)

アメリカ
サスペンス/アクション

    * * * * * * * *

実際にCIAの工作員として活動していたジェイソン・マシューズによるベスト
セラー小説をジェニファー・ローレンス主演で映画化したエロティック・スパイ
・サスペンス。
やむを得ぬ事情でロシアのスパイとなったヒロインが、自らの美貌と心理操作術
を駆使したハニートラップでターゲットのCIAエージェントへと迫る中で繰り
広げられる緊迫の駆け引きを、過激なエロティック描写を織り交ぜリアルかつ
緊張感溢れる筆致で描き出す。
共演はジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・
ランプリング、ジェレミー・アイアンズ。
監督はジェニファー・ローレンスとは「ハンガー・ゲーム」シリーズに続いて
のコラボとなるフランシス・ローレンス。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ケガのためにバレリーナの道を絶たれたロシアの少女ドミニカ・エゴロワ。
病気の母の治療と引き換えに、叔父の仲介でロシア政府の極秘施設に送られる。
そこは、ハニートラップでミッションを遂行するスパイ“スパロー”の養成所
だった。
厳しい監督官の下での過酷な訓練に耐え、優秀な成績を収めるドミニカ。
その才能を買われ、ロシア情報庁の内部に潜むアメリカの二重スパイ(モグラ)
をあぶり出すという重要な任務を与えられる。
こうしてブダペストへと飛び、モグラと通じているCIA工作員ネイト・
ナッシュへの接近を図るドミニカだったが…。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

予告映像が面白そうだったので、ファーストディになんばパークスシネマで
鑑賞。

激しいアクション無いけど見応えあり。

敵地に潜入して目的のモノを盗んだり盗撮したりするスパイ物ではなく、
相手国の高官やエージェント相手に色仕掛けをしかけて、情報を引き出したり、
意のままに操ったりするハニートラップ要員のスパイ物なので、スパイ物には
お馴染みの敵エージェントや現地警察相手にやり合う激しいアクションは無し。

その分、ドミニカを巡ってロシア・アメリカ両国の思惑が入り乱れ、ちょっと
でも気を抜くとドミニカはどっちに転がっているのかが展開が分からなくなって
しまうぐらい過程が複雑で見応えあった。

15禁とあって大胆にあっぴろげな姿を晒しているシーンがいくつかあり、
ジェニファー・ローレンスの女優魂に感嘆。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ペンタゴン・ペーパーズ/最... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(ら行)」カテゴリの最新記事