だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

亜人

2017-10-04 00:01:01 | 映画(あ行)

日本
アクション/サスペンス/SF

    * * * * * * * *

アニメ化もされた桜井画門の大ヒット・コミックスを「るろうに剣心」の
佐藤健主演で実写映画化したサスペンス・アクション。
決して死なない新種の人類“亜人”と判明し、追われる身となった主人公の
壮絶な運命を迫力のアクション満載に描く。
共演は綾野剛、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、山田裕貴。
監督は「踊る大捜査線」シリーズの本広克行。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

病気の妹を救うために研修医となった永井圭だったが、ある日突然、トラック
に轢かれてしまう。
しかし死亡したと思われた圭は息を吹き返し、国内3例目の亜人であることが
発覚する。
圭は亜人対策を進める厚生労働省の亜人管理委員会に捕らえられ、非人道的な
実験の実験台にされてしまう。
そんな圭の前に、国家に対しテロを繰り返す最凶の亜人・佐藤が現われ、施設
から救い出される。
圭を仲間に取り込もうとする佐藤に対し、彼の思想に与することができず、
やがて人類の側に立って佐藤と敵対していく圭だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

アニメで観た「亜人」が面白かったので、実写化されたらどんな具合になる
のかなぁと興味に惹かれたので、TOHOシネマズなんばで『あさひなぐ』を観た
後に続けて鑑賞。

テンポよくて面白かった。

漫画やアニメ版から、永井圭が亜人になったきっかけ、警察や亜人管理委員会
からの逃走から捕獲までの流れが思い切ってバッサリカット。
研究所から人体実験を受けている所に佐藤が救いにくる所から話は始まって
いるので、原作やアニメ版を観ていない初見さんには、ちょっと不親切かな?
って気がしないでもない。

後、永井圭の年齢が改変されていたけど、佐藤健に高校生やらせるには無理が
あるから仕方ないのかな。

それ以降のエピソードも結構バッサリ切っていて、2時間で収めるために佐藤
との対決に焦点を当てて凝縮した感じ。
その為かテンポよくサクサク進むので、飽きることなく楽しんで観られた。

アニメ版ではIBMがなかなか言うこと聞かなくて制御するのも大変だったけど、
本作ではIBMがかなり優秀で、永井圭と連携した行動取ったりしてて、何か
違うなぁって違和感があったけれど、まぁ楽しめたので気にしない。

一番良かったのは、綾野剛のキャスティング。
あれは絶対原作とかアニメ版の佐藤の細目つながりでキャスティングしたん
だろうなと思っているんだけど、ちょっと見た目が若いけれどキャスティング
的には大正解だったと思う。声もアニメ版の佐藤のトーンに似せて喋ってたの
も良かった。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あさひなぐ | トップ | プラネタリウム »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-10-14 10:31:00
アニメのまんまなんだけど川栄さんがIBMに向かって「クロちゃん」と叫ぶのは彼女の過去とIBMの設定が全然説明ないので、ちょっと邪魔くさく感じた。あれ「クロちゃん」と言っても周りには見えないしなあ。
>ふじき78さん (はくじ)
2017-10-15 17:30:51
こんにちは。
コメントありがとうございます。

確かにアニメや漫画読んでる私は、あそこでクロちゃんと
叫ばれても、特に意識しなかったけれど、初見さんだと何?ってなっちゃいますかも。
2時間ほどに凝縮するのにいろいろ削ってしまったが故の漏れでしょうね。

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

『亜人』 2017年9月24日 東宝試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『亜人』 を試写会で鑑賞しました。 中だるみ感あって眠気が来た 【ストーリー】  2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復......
『亜人』 (beatitude)
2017年東京。病気の妹を救うため、日々勉学に励んでいた研修医の永井圭(佐藤健)はある日、交通事故で死んでしまう。しかしその直後、肉体が復活し、圭は生き返る。圭は絶対に死なな......
踊るスピンオフ?『亜人』 (水曜日のシネマ日記)
再生特殊能力を持つ不死身の新人類、亜人の戦いを描いた作品です。
劇場鑑賞「亜人」 (日々“是”精進! ver.F)
亜人とは… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709300000/ 亜人 亜人研究所襲撃事件 (講談社プラチナコミックス) [ 三浦 追儺 ]価格:699円(税込、......
亜人★★★★ (パピとママ映画のblog)
桜井画門のコミックを原作に、不死身の主人公を『るろうに剣心』シリーズなどの佐藤健が演じ、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督がメガホンを取って実写化。交通事故で......
『亜人』 (こねたみっくす)
俳優・綾野剛の魅力に惚れ惚れする映画だ! あの佐藤健がその存在感をかなり薄められるほど、俳優・綾野剛の役者魂を思う存分味わう作品だ。 アニメ版と比べても人物描写などを端......
亜人 (ネタバレ映画館)
君のドテラを食べたい
17-288「亜人」(日本) (CINECHANが観た映画について)
人類よ、衝撃に備えよ  病気の妹を救うために研修医となった永井圭だったが、ある日突然、トラックに轢かれてしまう。しかし死亡したと思われた圭は息を吹き返し、国内3例目の......
65『亜人』取捨選択が抜群 (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
人気漫画の実写映画化は、アクション一点突破痛快作! 『亜人』 ~あらすじ~ 2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復......
『亜人』('17初鑑賞111・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 10月6日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 11:00の回を鑑賞。
<「亜人」試写会> (夢色)
タケルまんと 綾野剛くんが出てるということで、予告観てなんか面白そうだな~って思ってた「亜人」の試写会に行ってきました全く予習せずに行ったけど、割と面白かったです!で......
亜人 (映画的・絵画的・音楽的)
 『亜人』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)佐藤健と綾野剛が共演するというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、字幕で、「亜人とは、死ぬことができない......
『スイス・アーミー・マン』『亜人』『あさひなぐ』『ダンケルク』『ナミヤ雑貨店の奇...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
またぞろ感想UPを5本終わらそうという目的のレビュー ちょっと困った縛り。巻くぞ。 ◆『スイス・アーミー・マン』東宝シネマズシャンテ2 ▲「はいよー、しるばー」 五......
[映画] 亜人 (12時間Blog)
「亜人」を川崎109シネマズにて観てきましたおお!これはかなり良く出来たアクション映画でした!「亜人」の原作マンガは5巻くらいまで読んでたのかな(現在11巻までが発売中)......
[映画『亜人』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・人間ドラマは排し、いや、全編これアクション描写で押し通す作風の中で、その挙動、微妙な表情、セリフ回しなどで人間を描くという、日本の映画では珍しいアグレッシブな......