だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パシフィック・リム

2013-08-13 21:29:15 | 映画(は行)

アメリカ
アクション/SF/ロボット

    * * * * * * * *

日本のマンガやアニメ、特撮作品への造詣も深い「ヘルボーイ」「パンズ・
ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、巨大怪獣と人型巨大ロボットとの
戦いを圧倒的スケールで描き出したSFアクション・エンタテインメント超大作。
出演はチャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン。
また人気子役の芦田愛菜が菊地凛子の少女時代を演じてハリウッド・デビューを
飾ったことも話題に。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ある日、太平洋の深海から突如巨大な生命体が出現した。“KAIJU”と名付け
られた彼らは、大都市を次々と襲撃して容赦ない破壊を繰り返し、人類は滅亡の
危機を迎える。
そこで人類は世界中の英知を結集し、人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。
その操縦は2人のパイロットによって行われるが、イェーガーの能力を引き出す
ためには、パイロット同士の心を高い次元でシンクロさせる必要があった。
当初は優勢を誇ったイェーガーだったが、出現するたびにパワーを増していく
KAIJUたちの前に次第に苦戦を強いられていく。
そんな中、かつてKAIJUとのバトルで兄を失い、失意のうちに戦線を離脱した
名パイロット、ローリーが復帰を決意する。
彼が乗る旧式イェーガー“ジプシー・デンジャー”の修復に当たるのは日本人
研究者の森マコ。
幼い頃にKAIJUに家族を殺された悲しい記憶に苦しめられていた。
やがて彼女はローリーとの相性を買われ、ジプシー・デンジャーのパイロットに
大抜擢されるのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

7月中旬頃から土日も仕事仕事で忙しく、帰宅しても寝るだけという日が続き、
とても映画を観に行ける状態じゃなかったけど、今日久しぶりに休みを取る事が
出来たので、予告編で凄く気になってたコレを観に行くことに。

スゲー面白かった!

コレは楽しめた。自分の期待値以上に面白かった。
迫力ある怪獣とそれに立ち向かうイェーガーと呼ばれるロボとの戦闘、戦闘の
度に派手に壊れるビル群や自動車など。少年時代にウルトラマンなどの特撮物を
見て育った世代的にはドンピシャで、最後までワクワクできる内容だった。

日本のマンガやアニメ、特撮作品が好きなギレルモ・デル・トロ監督がそれらに
オマージュを捧げたと言っていた通り、いろんな作品へのオマージュが感じられる
シーンや設定があって、観ていて楽しかった。

操縦席のある頭部が胴体にパイルダーオンするあたりはマジンガーZっぽくて、
二人が一つになるってのは、ウルトラマンAや超人バロム1っぽいし、操縦者の
動きがそのままロボの動きになるってのはGガンダムやジャンボーグAっぽいし、
意識をシンクロさせるのはエヴァっぽかったりと、アレはあのアニメっぱいとか、
こっちはあの特撮物っぱいなぁと思いながら、観ていて飽きない。

後、トランスフォーマーと違ってイェーガーの動きに重量感があって妙にリアル
っぽい感じも良かった。

菊地凛子、今まで可愛いとか美人とか思えなかったんだけど、今回ちょっと可愛い
なぁって思ってしまった。パイロットスーツ効果か!
菊地凜子の少女役を演じた芦田愛菜も可愛らしくて良かった。

今回2D字幕版を観たんだけど、時間が作れたら3Dでもう一回観たいかな。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 終戦のエンペラー | トップ | ローン・レンジャー »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オマージュいっぱい (メビウス)
2013-08-19 22:35:53
はくじさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

作品自体の内容や細かな設定、メカ描写などにも凄い見応えを感じましたが、その中にある日本の特撮&ロボットアニメに見受けられるオマージュシーンが随所に込められているのにも歓喜しちゃいますよね^^往年のロボット作品こそリアルタイム世代ではありませんが、イチ特撮好きとしては雰囲気などはビシバシ感じ取る事が出来ましたし、ロケットパンチ描写も一緒に叫びたくなったほどw

自分は3回観ましたが、まだ全然飽きてませんね。吹き替え版も凄い豪華なので、それもまた見応えたっぷりです♪
>メビウスさん (はくじ)
2013-08-21 01:09:03
こんばんは。
コメントありがとうございます。

日本特撮&アニメへのオマージュシーンいっぱいありましたね。リアルタイムや再放送を見て育った世代なんで、当時を思い出したりしてよかったです。

3回も観たんですか。私も3Dで一回見てみたいなぁって思ってますが、いかんせん時間が・・・。
こんにちは。 (みぃみ)
2013-08-26 12:38:33
面白かったですね~♪。

ギレルモ作品は時々、心にグサッとくるので、どーだろう?と思いながら観に行きましたが、最後のいい感じのユーモア含め戦い含め、血が沸騰する楽しさ感じました。

おっしゃるように質感、凄かったですね。
2DでもけっこうなGでした。私も時間がとれたら3Dで見ていたいです。
>みぃみさん (はくじ)
2013-08-29 00:10:14
こんばんは。
コメントありがとうございます。

思ってた以上に面白い作品でしたね。
トランスフォーマーと違ってロボの質量が感じられる
作品でした。
何とか時間作って3D吹き替え版を観に行きたい
んですがね、なかなか時間が作れないです。
いろいろ (sakurai)
2013-09-03 14:49:28
全部、『っぽい』なのですね!
わかるけど。

うちのロボおた息子の命令で見に行った母です。
私的には、それほど萌えませんでしたが、怪獣がよかったです。ウルトラマン世代!
>sakuraiさん (はくじ)
2013-09-04 00:14:51
こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね。
全くその通りじゃないので、~っぽいです。
監督が、日本の特撮とかが好きなのが伺いしれて
いいですね。
男子はコレ好きだと思いますよ。

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事