だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なまいきチョルベンと水夫さん

2014-08-16 00:01:48 | 映画(な行)

スウェーデン
ファミリー/コメディ

    * * * * * * * *

スウェーデンの児童文学者アストリッド・リンドグレーンの「わたしたちの
島で」を基に、牧歌的な島で展開する子どもたちと動物たちの交流を描く
人間ドラマ。
手つかずの自然が広がる美しい島を舞台に、そこで生きる人々の喜怒哀楽を
笑いを交えて映し出す。
大人さえやり込めてしまう主人公を演じる子役のマリア・ヨハンソンの好演や、
アザラシやウサギなどさまざまな動物たちをこよなく愛し、共存しようと
する子どもたちの姿に心打たれる。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

活発な少女チョルベン(マリア・ヨハンソン)は、風光明媚(めいび)な
スウェーデンの避暑地ウミガラス島に住んでいる。
彼女は愛犬水夫さんといつも一緒で、夏をこの島で過ごすスティーナ
(クリスティーナ・イェムトマルク)やペッレ(ステファン・リンドホルム)
とも仲良しだ。
ある日、チョルベンはヴェステルマン(マンネ・グルンベリエル)さんに
アザラシの赤ちゃんをもらい大喜びするが……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『ぼくを探しに』と『ソウォン/願い』の間の時間潰しで観る予定の無かった
本作を鑑賞。

思った以上に楽しく観られた。

これ、もとはテレビシリーズだったのを1964年に映画化されたスウェーデン
映画で、日本では、『わたしたちの島で わんぱくアザラシのモーセ』という
タイトルでDVD販売されたもので、製作50周年ということで『なまいき
チョルベンと水夫さん』と邦題を改題して劇場公開されたとのこと。

1964年の古い作品だし、児童文学の映画化作品なのでイマイチ面白くないん
だろうなぁなんて思いつつ観はじめたら、これがなかなかに面白かった。
チョルベンを始めとする子供たちが愛らしくて、観ていてほっこりする。

カエルにキスしたら王子さまになるといって、実際にカエルを捕まえて
キスしたり、たまたまその時に現れた青年ペーテルをカエルが変身した
王子さまと信じて、ペーテルにキスしたらカエルに戻るといって実践したり、
大人に向かって地獄に堕ちろとか言っちゃったり、無邪気で自由なチョルベン
とその仲間たちは観ていて飽きない。

その中でも、いつもチョルベンについてまわるスティーナが特に愛らしい。
あざらしのモーセを売られないように自分たちで小遣いを稼いで買い取ろう
とするんだけど、他の子供たちは観光客の荷物運びとか小銭を稼ぐのに、
スティーナはお話し聞かせて幾ら、聞きたくないなら4倍の幾らっていう
あくどい商売っぷり。ここのメルケルさんとのやり取りは凄い笑った。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« ぼくを探しに | トップ | ソウォン/願い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほっこり♪ (こに)
2014-08-19 10:36:20
予備知識なして観に行きまして
何だか昔の子供向け海外ドラマみたいと思っていましたが、本当に1964年制作だったんですね~。
憎めないチョルベンと前歯の抜けたスティーナがとっても愛らしかったですね。
トラバお願いします♪
>こにさん (はくじ)
2014-08-22 22:31:46
こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も予備知識なくて、最近制作の映画だと思ってら、
まさかの1964年制作でびっくりしました。
今みても、結構楽しく観られて面白かったですね。

コメントを投稿

映画(な行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

映画・なまいきチョルベンと水夫さん (読書と映画とガーデニング)
原作 アストリッド・リンドグレーン「わたしたちの島で」原題 Tiorven Batsman och Moses1964年 スウェーデン ゴジラでもなく二つ目の窓でもなく想い出のマーニーでもなくマレフィセントでもなく映画館まで出かけて鑑賞したのは1964年のスウェーデン映画 原作....
なまいきチョルベンと水夫さん★★ (パピとママ映画のblog)
スウェーデンの児童文学者アストリッド・リンドグレーンの「わたしたちの島で」を基に、牧歌的な島で展開する子どもたちと動物たちの交流を描く人間ドラマ。手つかずの自然が広がる美しい島を舞台に、そこで生きる人々の喜怒哀楽を笑いを交えて映し出す。大人さえやり込め...
なまいきチョルベンと水夫さん (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
なまいきチョルベンと水夫さん '1964:スウェーデン ◆原題:Tjorven, Batsman och Moses ◆監督:オッレ・ヘルボム「長くつしたのピッピ」 ◆出演:マリア・ヨハンソン、クリスティーナ・イェムトマル、ステファン・リンドホルム、トルステン・リリエクローナ、ルイ...
なまいきチョルベンと水夫さん (いやいやえん)
【概略】 ウミガラス島に住む女の子・チョルベンは愛犬“水夫さん”といつも一緒。ある日、チョルベンは漁師から貰ったアザラシの赤ちゃんを飼い始めるが、高く売れることを知った漁師が奪い返そうとし…。 ドラマ なるほど、これアストリッド・リンドグレーン...