だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

幸せへのキセキ

2012-06-19 00:01:43 | 映画(さ行)

アメリカ
ドラマ

    * * * * * * * *

英国の人気コラムニスト、ベンジャミン・ミーの奇跡の実話を「あの頃ペニー・
レインと」のキャメロン・クロウ監督が映画化した感動のヒューマン・ドラマ。
妻の死から立ち直れずにいた主人公が、心機一転とばかり動物園付きの邸宅に
引っ越し、飼育スタッフたちと力を合わせて困難な動物園の再建に奮闘すると
ともに、悲しみを乗り越えて子どもたちとの絆を取り戻していく姿を描く。
主演は「ボーン・アルティメイタム」「ヒア アフター」のマット・デイモン、
共演にスカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ロサンジェルスの新聞社に勤めるコラムニストのベンジャミン・ミー。
最愛の妻の死から半年たった今も悲しみは癒えず、一方で14歳の息子ディランは
たびたび問題を起こし、7歳の娘ロージーも元気がない。
そこで新天地での再スタートを決意したベンジャミンは、郊外の丘で理想的な
物件を見つける。
ところがそれには、2年間閉園状態の動物園と個性豊かな飼育員たちも付いて
いた。それでも、ロージーの喜ぶ姿を見たベンジャミンは、周囲の反対を
押し切り、動物園を購入してしまう。
そんなベンジャミンに対し、飼育員チームのリーダー、ケリーは、素人に動物園
のオーナーは務まらないと警告するのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

スカーレット・ヨハンソンが出演しているので、公開初週に観に行こうと
思いつつも、出かけるのが面倒だったりして観に行けずじまい。
そのうち観に行こうと思っていたら公開二週目には出張先の映画館の
上映回数が1日2回になってしまい、これは早く観に行かないと公開終了
してしまうと思い観に行くことに。

末娘のしぐさの一つ一つが可愛らしい。

母親を亡くした家族の再生と動物園の再生を予定調和で描いた王道的な内容
だったが、これはこれで最後まで飽きずに観られたし、ほっこりできる作品
で良かった。

後、出演者がそれぞれ素晴らしかった。
マット・デイモンの子どもの面倒を見ながらも動物園再生に奮闘する父親役も
よかったし、息子ディラン役のコリン・フォードや娘ロージー役のマギー・
エリザベス・ジョーンズや飼育員ケリー役のスカーレット・ヨハンソンと
みんな魅力的だった。

その中でも特にロージー役のマギー・エリザベス・ジョーンズがピカイチで
良かった。もう一つ一つのしぐさが可愛すぎて、こんな娘に「わーい動物園」
って喜ばれたら速攻で買っちゃうでしょ、動物園。


それにしても、スカーレット・ヨハンソン相変わらず綺麗やわ。
動物園の作業服姿も彼女が着ると妙にセクシーに見える。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。



最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (Quest)
2012-06-22 23:45:51
私も実は一番印象に残ったのが、ロージー役のマギー・エリザベス・ジョーンズでした。パンにバターを塗りながら大人顔負けの会話をしているのにやられました(笑)

まだまだブログをはじめたばかりですが、これからもよろしくお願いします。
スカヨハ (sakurai)
2012-06-23 11:27:24
との絡みは要らなかったような気がしますわ。
私は、長男の少年に唾付けました!
いい男になりそう・・。
>Questさん (はくじ)
2012-06-23 23:12:40
こんばんは。
コメントありがとうございます。

あの娘が一番印象に残りましたよね。
しぐさの一つ一つが愛らしかったりと、
今後の活躍が楽しみですよね。

こちらこそよろしくお願いします。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-06-23 23:23:20
こんばんは。
コメントありがとうございます。

話の展開からすると、スカ姉さんと恋愛話は
無くてもよかったってのは同意ですね。
ただ監督としては、歯牙にもかけていなかった
相手の頑張りを見ているうちに惚れてしまった
という心境の変化を入れることで、主人公の
奮闘を際立たせようとしたのかも知れませんね。

長男は確かにイケメンでしたね。
今後に期待できるイケメンっぷりでした。

コメントを投稿