だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

香港、華麗なるオフィス・ライフ

2016-11-27 00:01:11 | 映画(は行)

中国/香港
ミュージカル/ロマンス/ドラマ
DVD観賞

    * * * * * * * *

「過ぎゆく時の中で」など1980年代の香港映画界を牽引したジョニー・トー監督
×チョウ・ユンファ×シルビア・チャンの黄金トリオが復活を果たしたミュージ
カルドラマ。
映画監督としても活躍するチャンが脚本と演出を手がけた舞台を映画化し、
トー監督が初めてミュージカル劇に挑んだ。
株式公開を控えた大企業を舞台に、社長から新入社員まで様々な立場にいる
人々の欲望と愛憎にまみれた人間模様を描き出す。
ウォン・カーウァイ作品で知られる美術監督ウィリアム・チャンが手がけた
近未来的なセットにも注目。2015年・第16回東京フィルメックス特別招待作品。
新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2016/カリテ・ファンタスティック!
シネマコレクション2016」(16年7月16日~8月19日)上映作品。
                                                              (映画.comさんより抜粋)
    * * * * * * * *

巨大総合商社ジョーンズ&サン。敏腕女性社長チャンは事業拡大を進めながら、
ビジネスパートナーのホー会長との愛を密かに育んでいた。
新入社員のシアンとケイケイは、厳しい現実に直面しながらも先輩たちから
ビジネスの流儀を学んでいく。
一方、野心家の副社長デイヴィッドは横領を隠すため、経理担当のソフィの
女心を利用しようと画策するのだが…。
                                                              (シネマート心斎橋さんHPより抜粋)
    * * * * * * * *

ジョニー・トー監督が好きな自分としては、こういう作品を撮っていたことも
公開されていたことも知らなくて、TUTAYAでレンタルされていることを知って
借りることに。

テンポは良かったけど、面白いってほどでは。

ジョニー・トー監督の作品としては、『PTU』とか『エグザイル/絆』とか
『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』といった警察やマフィアなどに属する男
達の生き様を描いたノワール物が多いけれど、『単身男女』のようなラブ
コメディ物も撮ったりとしてるので、本作もちょっと楽しみにして鑑賞。

これミュージアムだったんだね。
予告映像観た時は全然気づかなかった。

お話し的には、会長・女社長・副社長・経理担当の女・身分を隠して入社した
会長の娘・新入社員の男を中心とした群像劇って感じで、会社の金を流用して
株をやってる副社長とそれに巻き込まれる経理担当、裏切りを画策する女社長、
暗躍する会長に、それらに少なからず関わっていく新人といった内容。

特に引き込まれる所は無かったんだけど、ミュージカル仕立てでテンポよく
進んでいくので、なんだかんだ最後まで観られた感じ。

セットはスタジオに組んだ通勤電車やビルのフロント部分、オフィス、
会議室、トイレ、役員室などなど全部スケルトンでフレームを色分けする事で
区別したりと美術セットはイイ感じ。

それにしてもタン・ウェイがエロい。
地味な格好なのに漂うエロさが何ともたまらない。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ 

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人 | トップ | 1944 独ソ・エストニア戦線 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

香港、華麗なるオフィスライフ 華麗上班族 (まてぃの徒然映画+雑記)
近年は男くさい香港ノワール作品の日本公開が多かった杜琪峰ジョニー・トー監督のビジネス・エンタテイメント!出演は周潤發チョウ・ユンファ、張艾嘉シルヴィア・チャン、湯唯......
「香港、華麗なるオフィス・ライフ」 (ここなつ映画レビュー)
嬉し楽し、華麗なるオフィス・ライフ。憧れの香港オフィス・ライフである。sweetでだけどちょっぴりhardなオフィス・ライフ。これをジョニー・トーのミュージカルで、ときたもんだ。......