だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天才スピヴェット

2014-11-21 00:01:10 | 映画(た行)

フランス/カナダ
アクション/クライム

    * * * * * * * *

「アメリ」「ミックマック」のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・
ラーセンの異色冒険小説『T・S・スピヴェット君 傑作集』を原作に、
自身初の3D映画に挑戦したアドベンチャー・ドラマ。
スミソニアン学術協会から由緒あるベアード賞を授与されることになった
10歳の天才少年T・S・スピヴェットが、授賞式に出席すべく家を飛び出し
たった一人でアメリカ横断の大冒険を繰り広げる中で、様々な経験を重ね、
家族との絆を見つめ直していく姿を3Dによるイマジネーションあふれる
映像で描き出していく。
主演はTV「ザ・フォロイング」のカイル・キャトレット、
共演にヘレナ・ボナム=カーター、ジュディ・デイヴィス。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

10歳の天才少年T・S・スピヴェットの家族はみな変わり者。
モンタナの田舎で広大な牧場を営む父テカムセは身も心もカウボーイ。
小さな生きものに恋する昆虫博士の母クレアに、本気でアイドルを目指す姉の
グレーシー。そして二卵性双生児の弟レイトンは、頭脳派のスピヴェットとは
対照的に、活発で運動や銃の扱いに長けた父親自慢の息子。
ところが、その弟がスピヴェットと遊んでいるときに銃の事故で亡くなって
しまう。以来、家族は悲嘆に暮れ、スピヴェットは自分を責める続けていた。
そんな時、スミソニアン博物館からスピヴェットの発明が栄えあるベアード賞を
受賞したとの知らせが届く。
一度は授賞式への招待を辞退するスピヴェットだったが、家にも学校にも居場所
のない彼は、博物館の次長ジブセンの熱心な誘いを受けることに。
こうして家族に置き手紙だけを残し、たった一人で遥かスミソニアン博物館
めざして旅立ったスピヴェットだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

これは前に予告編を観た時に面白そうだなぁと思ったので、京都シネマで鑑賞。

姉役の娘、時おりクロエ・グレース・モレッツに見える。

「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督作品ってからなのか、『フランク』
に比べて客の数が全然違って混んでた。

それぞれ他の方向を向いている愛情表現が下手な家族が、スピヴェットの一人旅を
きっかけに家族の愛を再確認する再生の物語で、独特の映像美に引き込まれて
楽しめる一本だった。

道中でのスピヴェットと出会う大人達との交流は笑えたりほっこりできたりと
見応えある作品だった。

主役のカイル・キャトレットが凄いな。
イケメンで可愛い上に演技が上手くて、将来が有望だな。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (6)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« FRANK -フランク- | トップ | 京都散策7 相国寺・妙顕寺... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主役の (sakurai)
2015-01-31 10:25:13
カイル君に尽きましたね。
まんま、成長してほしいなあ。間違ってもジョエル・ハーレイ・オスメント方面にはならんでほしい。
>sakuraiさん (はくじ)
2015-01-31 20:27:54
こんばんは。
コメントありがとうございます。

カイル君が素敵でしたね。
ほんとにそのまま可愛く成長してほしいですね。
監督の思い (ミス・マープル)
2015-07-31 08:52:35
TBありがとうございます。
タレントを夢見るお姉ちゃんもよかった。
カイル君は表情が豊かだし、動きも機敏。
ストーリーは軽妙だったけれど、監督のメッセージ
を感じるものでした。
>ミス・マープルさん (はくじ)
2015-07-31 22:59:23
こんばんは。
コメントありがとうございます。

「アメリ」の監督作品ってことで独特の映像センスが
光る作品だったかなと思います。
カイル君は将来有望株ですね。
こんにちは (maki)
2015-08-30 10:24:04
カイル君は6ヶ国語を話して武道大会でも優勝と
ほんとの天才くんらしいですね~
ほんと、そのまま育って言って欲しいです
映像はとてもきれいで、ほっこりできちゃう感じでしたね
>makiさん (はくじ)
2015-08-31 21:44:42
こんばんは。
コメントありがとうございます。

リアル世界でも天才なんですねぇ。
将来が楽しみな逸材ですね。
映像はさすがの『アメリ』の監督作品らしく
独特の映像センスできれいでしたね。

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事

35 トラックバック

『天才スピヴェット』 (beatitude)
アメリカ北西部のモンタナで牧場を営む父(カラム・キース・レニー)と昆虫博士の母(ヘレナ・ボナム=カーター)、アイドルを夢見る姉(ニーアム・ウィルソン)に囲まれ暮らすスピヴェット(カイル・キャトレット)は、10歳にして天才科学者だが、なかなか家族からは理解...
天才スピヴェット (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 風変わりな家族だってとても温かいんです。
『天才スピヴェット』 2014年10月31日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『天才スピヴェット』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は映像が綺麗で3D見ると映えるかもしれないですね。 しかし、シネスィッチ銀座なんですよね。シャンテ向きな感じなんですけどね(笑) 【ストーリー】  天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T...
映画・天才スピヴェット (読書と映画とガーデニング)
原題 The Young and Prodigious T.S. Spivet2013年 フランス、カナダ合作 アメリカ西部、モンタナ州の田舎に暮らすT.S.スピヴェット(カイル・キャトレット)、10歳理科系科目は大の得意しかし、10歳のレベルをはるかに超えており学校の先生やクラスメートからは...
『天才スピヴェット』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「天才スピヴェット」 □監督 ジャン=ピエール・ジュネ□脚本 ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン□原作 ライフ・ラーセン□キャスト カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム・カーター       ジュディ・デイビス、カ...
天才スピヴェット~やがて哀しき永久機関 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランス=カナダ。英題:The Young and Prodigious T.S. Spivet。ライフ・ラーセン原作、ジャン=ピエール・ジュネ監督。カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュ ...
天才スピヴェット/カイル・キャトレット (カノンな日々)
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・ラーセンの異色冒険小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を原作に双子の弟の死を乗り越えようとする10歳の天才科学者の少年の ...
「天才スピベット」☆不器用な愛 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
天才だけど、甘え方と泣き方だけがわからないスピベット。 予告編で泣けて、本編でも泣いて、思い出してまた泣ける、観ているこっちはずっと泣くよぉー あざとい盛り上げ方で泣かせない分、心に温かく湧き上がる愛が、目から涙となって溢れる作品。
「天才スピヴェット」:見事な3D、至福の映像 (大江戸時夫の東京温度)
映画『天才スピヴェット』は、「この映画が好きだあ!」と叫びたくなるような秀作。『
『天才スピヴェット』 (こねたみっくす)
モンタナのレオナルド・ダ・ヴィンチ、ベアード賞授賞式出席のため旅に出る! これは天才子役カイル・キャトレットくんの繊細にして表情豊かな演技とジャン=ピエール・ジュネ監 ...
天才スピヴェット (3D字幕) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET/L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET】2014/11/15公開 フランス/カナダ 105分監督:ジャン=ピエール・ジュネ出演:カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュディ・デイヴィス、カラム・...
天才スピヴェット (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマ浦和にて鑑賞天才スピヴェット/L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET 2013年/フランス、カナダ/105分 監督: ジャン=ピエール・ジュネ 出演: カイル・キャトレット/ヘレナ・ボナム=カーター/ジュディ・デイヴィス...
天才スピヴェット (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】双子の弟を亡くしたスピヴェット君が名誉あ
「天才スピヴェット」、山に囲まれたモンタナからワシントンまでのロードムービーです (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ ロードムービー好き、少年映画好き、家族愛映画好き ☆☆☆☆ ヒット作「アメリ」を作ったフランス生まれの監督が、アメリカを舞台に描いたフランス・カナダ合作映画。 題名通り、10歳の天才スピヴェットが主人公で、弟の死が絡んで家族からの愛を...
天才スピヴェット/あの親にしてこの子あり (MOVIE BOYS)
『アメリ』や『ミックマック』のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・ラーセンの小説を実写映画化。わずか10才の天才少年スピヴェットが権威ある学術賞・ベアード賞を受賞したことから、授賞式会場にたった独り旅立つ…。主人公スピヴェットを演じるのは本作で長編映画...
小さな放浪の科学者~『天才スピヴェット』 【2D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THE YOUNG AND PRODIGIOUS  T.S. SPIVET  L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE  ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET  モンタナ州の分水嶺近く、広大な牧場に家族と暮らす10歳のT・S・スピヴェ ット(カイル・キャトレット)は、科学が大好きな天才少年...
天才スピヴェット (映画好きパパの鑑賞日記)
 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督の新作。舞台はアメリカで、せりふは英語というのが結構意外でした。単にウエルメイドな良い話にしなかったのが、さすが、フランス人監督だという気がします。  作品情報 2014年フランス/カナダ映画 監督:ジャン=ピエー...
「天才スピヴェット」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「El extraordinario viaje de T.S. Spivet」…aka「The Young and Prodigious T.S. Spivet」2013 フランス/オーストラリア/カナダ 少年T.S.スピヴェットは昆虫博士の母親と牧場を経営するカウボーイの父親、そしてアイドルを目指す姉グレーシーと双子の弟レイトンの...
『寄生獣』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『寄生獣』を観てきました。 今朝眠気眼で「ボクらの時代」を観ていたら、寄生獣キャスト3人で談笑してた。 観るつもりなかった作品ですが、なんとなくヒマなので最終で観てきたんす。 ※番組は脱線だらけで「寄生獣」の話は何も出ませんでしたが;; そんなこんなで観...
『天才スピヴェット』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『天才スピヴェット』を観てきました。 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督が初の3D作品として撮った作品なんですと。にも関わらず2D字幕で鑑賞しました。最近3Dに挑む体力がなくって;;; 上映時間も手ごろだったので、公開日にアタックしました。 客足は...
天才スピヴェット (とりあえず、コメントです)
ライフ・ラーセン著『T・S・スピヴェット君傑作集』を『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督が映画化した作品です。 予告編を観て、小さな少年がどんな冒険をするのだろうと気になっていました。 心に傷を負った少年が自分と家族を変えるために始めた大冒険は、家族...
天才スピヴェット ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『アメリ』『ロング・エンゲージメント』などのジャン=ピエール・ジュネが、ライフ・ラーセンの小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を実写化したアドベンチャー。発明家を対象とした権威ある学術賞に輝いた10歳の天才少年が、授賞式出席のためにモンタナからワシントンへ...
天才スピヴェット  (♪HAVE A NICE DAY♪)
切ない事も入ってるけど 心が温かくなる素敵な作品でした 最初、飛び出す絵本から始まる所がとてもツボ それに映像と自然が綺麗で素晴らしかった 双子の男の子のやる事も可愛くて にっこり笑顔になるシーンもあって このスピヴェット役の子!可愛くて とってもいい!!...
天才スピヴェット・2D (2013)**THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET (銅版画制作の日々)
 泣き方だけが、わからない。 久しぶりに京都シネマで鑑賞してきました。「アメリ」や「ミック・マック」の監督作品だったんですね。事前に調べず観て、後で気づきました。しかもこの作品3Dもあるそうです。3Dでなくても良さそうな気もしますが・・・・。 主人公T...
天才スピヴェット 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『アメリ』や『ミックマック』などで知られる フランスの鬼才ジャン=ピエール・ジュネ監督の新作 で初の3D映画である『天才スピヴェット』が公開 されましたので3Dヴァージョンを観に行ってきました。 天才スピヴェット 原題:THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET ...
天才スピヴェット (rambling rose)
モンタナの牧場で家族と一緒に暮らすT.S.スピヴェットは頭脳明晰な天才少年。しかし彼は、以前ある事故で失った双子の弟の事で自分を責め続けていた。そんなある日、彼の発明がベアード賞を受賞したとスミソニアン博物館から連絡が入る。
天才スピヴェット (迷宮映画館)
柔らかい、あたたかいジュネ・ワールド全開!
天才スピヴェット (シリモンコンとナコントン)
『天才スピヴェット』 "L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODJEIEUX T.S.SPIVET" (2013・フランス=カナダ・1h45) 監督・脚本 : ジャン=ピエール・ジュネ 出演 : カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、カラム・キース・レニー、ニーアム・ウィルソ...
天才少年の冒険 (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「天才スピヴェット」を鑑賞しました。 3Dにて見ました 天才ゆえに周りと溝がある10歳の少年T・S・スピヴェット、事故で亡くなった弟のこともあり家族にも 理解されずに そんな彼にスミソニアン学術協会から ベアード賞受賞を知らせる電話があり....
天才スピヴェット (銀幕大帝α)
THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET/L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET 2013年 フランス/カナダ 105分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/11/15) 監督: ジャン=ピエール・ジュネ 『ミックマック』 原作: ライフ・ラ....
天才スピヴェット (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 「天才スピヴェット」 原題:L'extravagant voyage du jeune et prodigieux         T.S.Spivet 監督:ジャン=ピエル・ジュネ 2013年 フランス=カナダ映画 105分 キャスト:カイ...
天才スピヴェット (愛猫レオンとシネマな毎日)
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作です。 主人公は、アメリカ北西部のモンタナに住む、10歳の少年、天才科学者スピヴェット。 彼には、カーボーイの父から溺愛されていた双子の弟がいました。 でも、銃の暴発で命を落とします。 家族の誰もが、大...
天才スピヴェット (いやいやえん)
【概略】 由緒あるベアード賞を受賞することになった10歳の天才少年、T・S・スピヴェットが、授賞式に出るためにたったひとりでアメリカ横断の旅に出る。 ドラマ どこかふわっふわっとした部分はあるものの、少なくとも「家族の心に空いた穴を埋めるため、10歳の...
このこホンマに愛されてる?~「天才スピヴェット」~ (ペパーミントの魔術師)
主演のカイル・キャトレットはめっちゃ可愛かった。以上。 ・・・ってそれじゃ感想にならないのでもすこし。(^_^;) 天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T・S・スピヴェット(カイル・キャトレット)。 そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れ....
『天才スピヴェット』('16初鑑賞04・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月4日(月) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。