だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

殺人の告白

2013-07-04 01:25:31 | 映画(さ行)

韓国
サスペンス/アクション

    * * * * * * * *

国中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、時効成立後に手記を発表し、メディア
の注目を集めたことから巻き起こる予測不能のストーリーをスリリングに描き
出したサスペンス・アクション。
主演は「彼とわたしの漂流日記」「黒く濁る村」のチョン・ジェヨン。
また、これまで「家門の栄光」「検事プリンセス」などのTVドラマで活躍して
きたパク・シフが、不敵な美青年犯人役でスクリーン・デビューを飾った。
監督はこれが長編2作目のチョン・ビョンギル。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1990年、女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生。捜査を担当するチェ刑事は、
あと一歩のところで犯人を捕り逃したうえ、顔に深い切り傷を負ってしまう。
やがて事件から15年が経過し、ついに時効が成立する。その2年後、もはや法で
裁かれることのなくなった犯人が、事件を詳細に記した告白本を出版、社会に
衝撃が走る。男の名はイ・ドゥソク。その美しい容姿がさらに人々の注目を
集め、瞬く間に人気者となる。それを苦々しく思いながらも、何も出来ずに
怒りを募らせるチェ刑事。
一方、犯人への復讐を誓う被害者遺族たちは、ドゥソクの誘拐を計画し、行動に
出るが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

パク・シフのイケメンっぷりを前面に押し出したチラシとタイトルに興味を
惹かれ、『レジェンド・オブ・トレジャー』を観た後、続けてシネマート
六本木にて鑑賞。

コレは今年一番面白いかも。

正直、ここまで面白いとは想像してなかった。今まで観に行った韓国映画は
あまり外れがなかったので、コレも大いに楽しめるだろうとは思ったけど、
予想の遥か上を行く面白さだった。

自分が犯人と名乗り出て、担当刑事とTV討論会までしてまで何がしたかったのか
と思いながら観ていたら、あの展開は予想外だった。
イ・ドゥソクが本当の犯人ではないというのは予想してたけど、その正体がアレ
で、犯人しか知り得ない内容の告白本が書いたのがアレってのは予想外で、
その正体が分かった時のそうか、そうだったのかと驚きつつ、序盤のあのエピ
ソードが伏線になってるとは全く思わなかった。上手いなぁと感心するばかり。

真犯人のJもこれまたキャラが立ってて、まぁふてぶてしいというか憎たらしい
立ち振る舞いで。なかなかいい味だしてて良かった。
てっきりあの討論会で話が終るかと思ったら、そこからまたひと波乱あるし、
最後の最後まで面白い作品だった。

シリアスな展開な中にも家族会が復讐のためにイ・ドゥソクを誘拐する件とか、
誘拐されたイ・ドゥソクを助け出すためにチェ刑事が家族会のアジトに
乗り込んだ際のドタバタとかコミカルシーンなんかもあり、観ていて全く
飽きない。

自分が殺人犯と告白したイ・ドゥソク役のパク・シフ。かなりのイケメンだなぁ。
自分は前々からカン・ドンウォンとイ・ジュンギが韓国で一二を争うイケメン
だと思ってましたが、パク・シフは彼らと甲乙つけがたいぐらいのイケメンだな。
パク・シフはこれがスクリーンデビューらしいので今後の出演作が楽しみ。


お薦め度:★★★★★(5/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« レジェンド・オブ・トレジャ... | トップ | ワイルド・スピード EURO MIS... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

No.356 殺人の告白 (気ままな映画生活)
15年前に起こった連続殺人事件の犯人だと名乗り出た男、イ・ドゥソクは、時効が成立しているために無罪となった上、自分の犯した殺人について詳細に記した本を出版。その衝撃的な ...
殺人の告白 /Confession of Murder  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 世間よりだいぶ遅れて、去年からすっかり韓流ドラマにハマった母のお気に入り俳優、 「家門の栄光」('09)「検事プリンセス」('10)「王女の男」('11)で人気を博した パク・シフの、映...
殺人の告白 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CONFESSION OF MURDER】 2013/06/01公開 韓国 PG12 119分監督:チョン・ビョンギル出演:チョン・ジェヨン、パク・シフ、キム・ヨンエ、チョ・ウンジ、オ・ヨン、チャン・グァン、チェ・ウォニョン 私が殺人犯です―― [Story]時効の成立後、イ・ドゥソク(パク・シフ...
『殺人の告白』『二流小説家 シリアリスト』 (ラムの大通り)
----あれれ、『殺人の告白』始まっちゃったよ。 これ、けっこう気に入っていたんじゃなかったっけ? 「うん。 あの映画は見どころがいっぱいありすぎて、、 逆に喋りにくかったんだ。 物語としてはこう。 1990年、女性ばかりを狙う殺人事件が発生。 刑事チェ・ヒョング....
「殺人の告白」文句なしの見応え充分 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
さすが韓国映画は隙がない。 migちゃんにオススメしてもらっていたこの映画、ようやく観て来た~ レディースデイってこともあるけど、劇場はほぼ満席も納得の面白さ。 これは見ない手はないね。
「殺人の告白」~疾走感に溢れた愛と慟哭の物語 (酔生夢死浪人日記)
 ひねくれ者のせいか、俺は権威や格式が大嫌いた。世間の人が敬意を表するIMF(国際通貨基金)、WTO(世界貿易機関)など、多国籍企業の意を体し世界の富を貪る金融マフィアではないか。さらに質が悪いのが平和を提唱する国連で、常任理事国から流出する武器が紛争...
殺人の告白 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(P) 巷の評価に乗せられて観たものの...
殺人の告白 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
テレビドラマ「検事プリンセス」「王女の男」などで人気の俳優パク・シフが、初の映画主演をこなしたサスペンス。突然自らの罪を告白した美貌の連続殺人犯と彼を執拗(しつよう)に追う刑事、そして凶行によって愛する人を失った残された者たちの物語を丁寧に紡ぎ出す。タ...
殺人の告白 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
殺人の告白 '12:韓国 ◆原題:CONFESSION OF MURDER ◆監督:チョン・ビョンギル ◆出演:パク・シフ、チョン・ジェヨン、キム・ヨンエ、チャン・グァン、チョ・ウンジ、チェ・ウォニョン、オ・ヨン,チョン・ヘギョン ◆STORY◆世間を騒がした連続殺人事件から15年...
殺人の告白 (映画三昧、活字中毒)
■ シネマート六本木にて鑑賞殺人の告白/?? ????? 2012年/韓国/119分 監督: チョン・ビョンギル 出演: チョン・ジェヨン/パク・シフ/キム・ヨンエ/チョ・ウンジ/オ・ヨン 公開: 2013年06...
殺人の告白 (いやいやえん)
公訴時効後、無罪となった犯人が名乗り出たらどうなるか?というテーマを元に作られた脚本ですが、その犯人が自伝を書いたらベストセラー。10人の女性を殺した連続殺人犯だが、マスメディアにも登場し、美形だった事から一躍時の人となる、といったストーリー。しかし...
殺人の告白 (銀幕大帝α)
CONFESSION OF MURDER 2012年 韓国 119分 サスペンス/アクション PG12 劇場公開(2013/06/01) 監督:チョン・ビョンギル 脚本:チョン・ビョンギル 出演: チョン・ジェヨン:チェ・ヒョング パク・シフ:イ・ドゥソク キム・ヨンエ:ハン・ジス チョ・ウン....
殺人の告白/チョン・ジェヨン、パク・シフ (カノンな日々)
2013年のマイベストにこの作品を挙げられている方がわりと多く、しかも上位のランクインしていたので私もこの年始、早速鑑賞してみることにしました。『殺人の追憶』の題材にもなっ ...
『殺人の告白』 (こねたみっくす)
これぞ執念の復讐劇。 さすが韓国映画!あり得ないカーチェイスに一歩踏み込みの甘い脚本と粗は目立つのに、見せ切るという勢いが「粗削りでも面白い」に昇華させているのが何と ...
殺人の告白 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年11月24日(月) レンタルDVD サイコ・スリラーと思いきや。 『殺人の告白』公式サイト 「検事プリンセス」などと言うイマイチな韓国ドラマのヒロインの彼役の男が主役然。 いやらしい笑みを浮かべているので、サイコものかと想像するが、話は思いもよらぬ方向へ...
『殺人の告白』('17初鑑賞82・Blu-ray) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月23日(日) Blu-ray Disc にて鑑賞。