耳から出た血の使い道

はやく病院へ! ブルースカイのブログ。

シグナルズ

2010年07月20日 23時27分57秒 | Weblog
という大山君の劇団に出演させてもらうことになりました。
11月上旬ごろ。
チラシ用の撮影後の飲み会。
知らない人ばっかりだ。ひさしぶりに人見知りな自分を思い出した。

数年ぶりに高校時代の唯一の親友の天川から電話があって近々飲む約束をしたり、帰りがけに渋谷で劇団時代の親友の笠原さんに出会ったり、変な日。

昨日は急きょ都合が合ったのでフロムニューヨークの3人で飲んだ。
12月頃ライブやりたいなーという前向きな話。

順序滅茶苦茶ですが夏の終わりに上演される入江雅人さんの一人芝居で1ネタ書かせてもらうことに。
ひとまずはそれを頑張る。
いろいろあるので死んではいけない。

女性がときめく理想の男性像

2010年07月18日 01時45分47秒 | Weblog
を大至急いくつも考えなければならなくなった。
しかも笑いに走らずに・・・。
そんな思いもよらぬ方面への想像力が要求される時が来ようとは・・・。

やれます!

ともう言ってしまった(小声でだけど)。
ひと眠りして起きたら乙女心全開でやるしかない。
ナンセンス?何なのかしらそれは?よくわかんないけど大嫌いよ!
みたいな乙女に。

ドラム練習したい・・・。

透明感、終わった。

2010年07月13日 10時16分35秒 | Weblog
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
稽古初日に5ページほどの台本+その後のストーリーの構想ほぼゼロの不安な状態から1カ月ちょっと、無事に公演終了しました。
公演関係者の皆さん、お疲れ様でした。

今回は「笑えるでたらめ」よりも「本当に意味がないこと」をなるべく優先につくったという意味で、自分的にそれは初めてのことで、「何がやりたいのかまったくわからない芝居」にしたかったのだが、見た人からは「分かりやすくてよかった」ともよく言われ、でも面白がってもらえたならまあよかったか、などと思う自分はまったく筋が通っていない。