美容室グレープス (飯田市) 店長&スタッフ・ブログ

飯田駅アイパーク広場前「美容室グレープス」(グレープス.com)のブログ。 
本店「スズキ美容室」(飯田市)の話題も。

映画と着物 ③

2015年02月21日 | 映画と着物

  

映画 「不思議な岬の物語」 

原作 森沢明夫  監督 成島出

 

 ◆ 飯田市の中央通り 「千劇シネマズ」にて、まだまだ上映中

 

この映画の中に着物は登場しません。

 

しかし、上映前に、この映画のプロデューサーで、主演でもある吉永小百合さんから、飯田の皆さんへのご挨拶の上映があります。

 

着物姿での登場です。

 

 えんじ色の着物姿が素敵です。

が、メッセージに集中していると、時間がすぐに過ぎてしまい、着物のチェックを忘れてしまいます。

普段の映画鑑賞より、一息前に心の準備を整えて、オープニングに集中してください。

 

 

 ~さて、グレープスの本店、「スズキ美容室」には、吉永さんと同年代の皆様に、大変多くご来店いただいています~

 

 そして、「不思議な岬の物語」をごらんになったお客様の多くの方が、この映画に込められたメッセージに共感されたとおっしゃっています。

 

この映画には、大げさなストーリー展開はありません。

平凡なのに、実際にはありえないような、ファンタジックな世界が描かれています。

 

★  岬に立つ喫茶店のマダムは、身の回りで起こる出来事に、いつも自然体で、身をゆだねていて、時に周りの人々の世話を焼いたりしながら、つつましい生活を送っています。

 

そんな主人公の人となりを表現してみると・・・

 「決して怒らない」 「威張らない」 

「他人を許し、他人を憎まない」 「自分のことより他人の心配をする」・・・

 

 いま、映画の中でさえ、こんな価値観を、絵空事でなく体現できる人は、他にはいないはずです。

 

これは、吉永小百合さんによる、the「吉永小百合映画」であることに間違いない作品です。

 

 そして、こんな時代であればこそ、この映画に込められたメッセージは、世代を超え、そして国境を越え、きっと多くの人の心に届いているはずです。

 

 

◆併せて見たい、もう一本の映画

 

映画  「草原の椅子」

原作 宮本輝   監督 成島出

 

 

「不思議な岬の物語」の成島出監督の作品。

 

カメラ 長沼六男さん。音楽 安川午朗さん。

 宮本輝さんの原作を佐藤浩市さん主演で映画化。

 

★ 肉体的にも、社会的立場においても、人生の曲がり角を意識するようになった主人公の内面に起こる心の動きと、価値観の変化の描写に、共感を覚えます。

「不思議な岬の物語」とも通じる、繊細な心理の動き、人間が持っている広いこころが描かれている作品です。

 

そして・・・

吉瀬美智子さん。 吉瀬さんのショートカットのヘアスタイルに映える、凛としていながら、魅惑的な着物姿が楽しめるのが、この作品です。

 

 

 ◆最後に・・・

「千劇シネマズ」さんのお得な情報を一つ・・

 

 美容室のようなサービス業の世界に身を置いていると、土日のお休みはありません。

高速道路の割引もなぜか、土日だけ。

こんな不遇な私たち、美容業界の人間に 「千劇」さんは優しい。

 

 ★映画鑑賞料金の月曜日特別割引を実施されています。

 

 同業者の皆さんも、他のサービス業に従事されている皆様で、月曜日がお休みの皆様も、是非このチャンスを利用されてはいかがでしようか。