ブロスのプードルライフ★全頭遺伝子検査済み

ロイヤルブロス犬舎の可愛いメンバーたちの日々を綴ります。
最新情報はインスタグラム「ロイヤルブロス犬舎」に掲載中

かわいい~子達です♪♪

2011年07月24日 23時55分40秒 | 子犬情報

このとーっても可愛い子は3月13日生まれのレッドの女の子です
プリン嬢の子で前に紹介した次女です。
良さそうなお話もありましたが、まだウチにおります。
トイレもほぼ躾ができているし、性格も明るいし、ご飯も良く食べるし・・で、とても飼いやすい子に育っておりますです



こちらは、6月7日生まれのシルバーの男の子。
リサさんのお子様です。
画像よりも実際に見た方がかわいさがわかるんですが・・・ちょっと緊張した表情ですね^^
もう少しで生後50日になります。
毛もモコモコで元気いっぱい!人が大好きな子です



さぁー!出ましたレッドのチビチビ君です。
6月10日生まれのピッピ嬢の子で長男。
産まれた時の体重が、なんと!84グラムしかなかった、あの子です。
こんなに大きくなりました



こちらは次男。長男くんよりは、一回り大きいかな?



そして、同じく6月10日生まれのレッドの女の子
お目目クリクリでかっわいー子です
残念なのは、胸にある白い毛・・・

みんな、体重測定をしていないので、後日測ったらお知らせします
それ以外は獣医の先生による検診済みで、全員、問題はありません。
レッドもシルバーも両親はブルセラ検査もしてあり、オールクリアですので、ご安心くださいませ。

ご興味のある方はメール、または携帯にご連絡ください
bross-i@amber.plala.or.jp
090-2177-4950 です



あ!昨日の蜂の巣ですが、まりりんさんから丁寧に退治する方法を教えていただいたのに・・・
旦那が面倒くさかったのか、蜂を甘くみていたのか解かりませんが、コンビニのビニール袋と軍手で蜂の巣をみごと!駆除してくれました

あんなに、「怖いからヤダ」と言っていたのに、私がトリミングしている間に取ってくれました。
とりあえず、誰も蜂の被害に遭わなくて良かった良かった

オブジェ?と、小さな悩み

2011年07月23日 22時57分52秒 | 日記

お久しぶりの更新です。
皆様、台風の被害はありませんでしたか?
ここ数日は涼しいので、とても過ごしやすいですねぇ

このオブジェと呼んでいいものか迷ってしまう「石」。
もう、かれこれ17年程前に旦那の友人からいただいたものです。
この大きな軽石は、古民家風に彫刻してあり、シンパクとか言う小さく形を作った松が植えてあり、盆栽に使う草や木々がそりぁあ風流に植えてあって、もう1枚の「絵」のような作品だったのですょ

ただ、大きかったので玄関には入らず、リビングから1番よーく見えるところを捜して庭に置いたのですが、
プードルが1頭、2頭と増えるうちに、この「作品」によじ登る不届き者が現れ、草を食べ、木々を食いちぎり、最後には、シンパクの松を針金で固定している根っこからボロボロになるまで壊し・・・すっかり裸山のようになってしまったのです

ある日、「おっ!このくぼみにビー玉を入れてお店の前に飾ろう」と考えた私。
ビー玉をたくさーん買い込み、裸石のくぼみにたーっぷり入れてみた。
旦那は「何だ?その変なの?」と、不評・・・
お客様で、気づいていただいた方は「あら!綺麗!」と、お世辞だと思うが褒めてくださる方もいらっしゃいます。

でも、なーーなかしっくりしないので、どなたかアイデアのある方はおりませんかぁぁぁぁ




それと、この蜂の巣
庭の一角に見つけたのですが、ついこの前までは2~3cm程だったのに、今日みたらもうこんなに大きくなってるぅぅぅ
どうやって、退治するのぉぉぉ
旦那は「袋をかぶせりゃいいじゃん!」って・・・さぁ・・・私がするのぉ??

たぶん・・・私がどうにかして退治するとは思いますが、どなたかいい方法を知っている方はおりませんかぁぁぁぁ


こんな話で終わりたくないので

我が家の集合写真です
ヒート中のシルバーのセーラ嬢とサラばあちゃんは欠席してます
この椅子は私がどっかりと座りプードル達を監視するための椅子です。ハイ

やっぱり、おかしいの?

2011年07月10日 23時01分04秒 | 日記

この画像のこは「ベル」嬢。
2007年6月6日生まれの4歳です。
ウチで、唯一産まれた時から出産しないでいる、居候犬です

いわゆる、ラインブリードの交配で産まれて、輝かしい血統で活躍してくれるハズだった彼女。
いい犬を作出するためにする、ラインブリード。
血統上の血が近いどうしでの交配のため、メリットもデメリットも大きいが、私達プロが求める、「いい犬」はこうして名犬が生まれてくるのが多いのですよ

ベル嬢は3頭兄妹で産まれ、男の子2頭、女の子はベル嬢だけ。
当然、ベル嬢を我が家に残し、男の子達はオーナー様がついて、現在も健康に生活しております。

このベル嬢、生後2ヶ月にはトイレの躾が完璧に出来て「何て、お利口な子なの!!!」と感動しておりましたが、成長するにつれ、なんかおかしい・・・
水をガブガブ飲み、おしっこはジャージャー、それも殆んど透明で色がない・・・
獣医の先生も成長段階だから様子を見ましょうって事で、しばらく様子をみていたが生後半年にもなり、いよいよ変?と検査をしてみると、出てきた病名「尿崩症」(にょうほうしょう)

これは、腎臓がおしっこを溜めておけなくて、体からどんどん排泄してしまう病気。
水分を外にどんどん出してしまうので、ガブガブ水を飲まないと生きていけないらしい。。。
ただ、水さえ与えておけば、生活するには何の問題もないようで、お薬さえいらない
それにプラスして、心臓の不整脈も発見されました。
心電図で測ってみると、とーっても素敵に乱れた波形
「倒れたことないの?」と、聞かれるが、4歳になる今日まで倒れそうになったことはなく
我が家で1番運動量のあるベル嬢なんですよ

そう、彼女は体もおかしいが、頭もおかしい?ようで、1日中グルグルと時計廻りに走るのですスペースが小さい時は小さくグルグル、大きくスペースがある時は大きくグルグル、障害物がある時は障害物競走のように飛び越えながらグルグル。
決して、反対廻りはありません

それでも、4歳にもなると、少ーし動く量が減ってきた感じもします

でも、他の事はとっても良く理解して言葉が解かるかのように行動します
水がいつでも飲めるように、ばあちゃんと同じく24時間フリーで行動してます。ハウスに入るのは朝と夕方のご飯の時間だけ。。。
いたずらも殆んどしないし、トイレも失敗しないし、神様がそうゆうふうにしてくれたのかしらね

先日、一人暮らしのおばあちゃん宅のシーズーが年で亡くなり、毎日泣いていたおばあちゃんの所へ
ウチの6歳になるシルバーの「キャサリン嬢」が里子に行き、旦那と一緒に寝る子がキャサリンからベルに代わりました


そして、最後まで残っていた桜の子も、先日、千葉の方に気に入っていただき、千葉県に旅立っていきました。母犬の名前を言わなかったのですが、この子の新しいオーナー様は「さくら」と付けてくれたのですもう、5ヶ月も過ぎていた子でしたが、とっても可愛がっていただいています
本当にありがとうございます。

超★大物

2011年07月01日 22時38分35秒 | トリミング

皆さん!これ、「犬」なんですが、なんの犬種かおわかりになりますか?
たぶん、直接見たことはあまりないかと思います。

えっ?「熊っ?」
いえいえ・・・超毛玉だらけのスタンダードプードルです


相当、トリミングをさぼっていた末の姿・・・
彼の名は「ブラッキー」、スタンダードプードルでは超有名な犬舎出身の「犬」です

一緒に写っているのは、毎週木曜日にトリミングを習いにくる子で、彼女の顔よりもブラッキーの顔のほうが大きいのに、びっくり

でも、さすが!スタンダードなだけあって、トリミング中はじっとガマンの子でした
真面目にトリミングテーブルに立ち、シャンプーもおりこうさん
耳の中なんて、すっっごい汚れていたし、爪も伸び放題だったけど
全て、文句も言わず、「裸」になってくれました


バリカンで、刈り取った毛の量はハンパなく、45ℓのゴミ袋が満タンになりました。


どうですか?この裸。。。
もう少し毛を残してあげたかったけど、全身根元から絡まっていたので、
やむなくこのスタイルでした。

あーーー、久々の大物だったわーーー


ちなみに、トイプードルはこのスタンダードを小さく小さく改良して作られました。
スタンダードプードルは水猟犬ですが、トイは愛玩犬です