ディズニーと劇団四季の世界

個人的な趣味である、ディズニーと劇団四季のお話です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【スポーツ】モーグル決勝

2006年02月12日 | スポーツ
モーグルの決勝が行われました。
残念ながら5位という結果になり、表彰台を逃しました。
世界レベルになると、小さなミスにより勝敗を分けてしまうんですね。

なかなかメダルの道は遠いのかも。
次のバンクーバーに向かってまい進していただきたいものです。


五輪の女神、上村にほほ笑まず=得意の大技でわずかにミス〔五輪・ハイライト〕
2006年2月12日(日) 9時30分 時事通信

 報道陣の前に姿を見せると、少しの間、背を向け、涙をこらえた。「何でなんだろ、メダルは遠い」。すべてを懸けたトリノの舞台。しかし、五輪の女神はまた、上村にはほほ笑まなかった。
 「気持ち良く立てた」という決勝のスタート。だが、小さなミスが命取りになった。第2エア。得意のコークスクリューを決め着地した後、体がわずかに前に流れた。
 その時点で2位の24.01点でフィニッシュ。3位の選手までが座るコース脇のいすで後続の滑りを見守った。「メダルをすごくお願いした」。祈りは通じなかった。
 不振の上村を再び世界のトップに引き上げた3Dの大技コークスクリュー。「ほかにも3Dをする人はいるけど、ちゃんとできるのは自分だけ」。その一言に悔しさがにじんだ。
 中学1年で一度はスキーをやめ、陸上部に籍を置いた。しかし、中学2年で母・圭子さんと行った旅行先のカナダでW杯モーグルを観戦。「あんな風に滑りたい」。上村の挑戦は、そこから始まった。
 7、6、5位。3度の五輪で一つずつ順位を上げてきた。地道に歩を進める、上村らしい結果とも言える。「(2010年)バンクーバー五輪? 出られるなら出たい」。少女のときに抱いた夢は、まだ終わりではない。(サウゼドルクス時事)

[ 2月12日 9時30分 更新 ]
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【スポーツ】ノルディック複... | トップ | 【スポーツ】フィギュアSPペア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事