ディズニーと劇団四季の世界

個人的な趣味である、ディズニーと劇団四季のお話です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【スポーツ】トリノでのお食事

2006年02月11日 | スポーツ
やはり外国にいって一番困るのは食事と水でしょうね。
こういうときに現地の日本人が経営している日本食レストランは
たしかに心強いと思います。
国内でも地方に行って、水があわないときありますからねぇ。

体調を万全にして、現地で戦っていただきたいです。



 私達の店鋪が差詰め日本人家庭の食卓をサポートする食材を提供する場所なら、日本人の胃袋を美味しい和食ですぐに満たしてくれるお店と言えば、日本食レストラン「山葵」です。ここはトリノ初の由緒正しい日本食レストラン。最近の日本食ブームに乗りトリノにも増えつつある中国人やイタリア人などが経営するジャパニーズレストランとは違い、主人とおかみさんも由緒正しく日本人の方です。大会期間中はオリンピック関係者に日本食のお弁当も作っているそうです。

 「お弁当」というものは日本では当たり前のものですが、海外で、しかもあまり時間のない報道関係者などにはこのすぐに食べられる日本食のお弁当は涙ものでしょう。在住の私でも食べたいくらいです... 一昨日私達が夕食にお邪魔した時はすでに遅い時間だったので(私達はイタリア人がディナーにレストランを訪れるスタンダードな時間帯の夜9時に行きました。)、日本人の方はあまりいませんでしたが、もっと早い時間に日本人選手の面々が食事に来ていたそうです。

 私達のお店に買い出しに来る日本チームの方々の話を聞くと、やはりイタリア料理はちょっと重い…と感じているようです。イタ飯と言えば、オリーブオイルとトマトに魚介類のパスタetc..とヘルシーなイメージもありますが、ここピエモンテは山・やま・ヤマ...で肉料理がメインのバターたっぷりでこってりとした料理が特徴です。日本人選手がメダルを取るにはやっぱり日本食パワーが必要なのかもしれません。

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【ニュース】手榴弾が学校に? | トップ | 【スポーツ】モーグル予選突破 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事