ディズニーと劇団四季の世界

個人的な趣味である、ディズニーと劇団四季のお話です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【健康】タミフル国内生産へ

2006年02月10日 | 健康
インフルエンザの流行に備えて、中外製薬がタミフルの
国内生産に乗り出すことにしたようです。
ただし2年後を目処にだそうです。
たしかに流行してから輸入だと手遅れですからね。
事前の準備は念入りに行っていただきたいものです。


「タミフル」を国内生産へ 中外製薬 
2006年02月10日08時42分

 世界的に需要が急増している抗インフルエンザ薬「タミフル」が日本でも生産される見通しとなった。現在は、独占製造するスイスの製薬大手ロシュから子会社の中外製薬が輸入して国内で販売しているが、中外が国内生産する方針を固めた。生産開始は早ければ2年後になる。将来にインフルエンザが大流行する事態に備え、タミフルを国内で安定的に供給する体制をつくるのが狙いだ。

 タミフルは小児用のドライシロップと、鳥インフルエンザウイルスの変異などで人から人に感染する新型インフルエンザ対策として備蓄対象にもなっているカプセル剤の2種類がある。中外はまず、原料輸送や品質点検などでコストが大きいシロップを製造する。収益性を見ながら、カプセル剤の国内製造が可能かどうか判断するとみられる。

 日本はタミフルの最大の使用国で、世界需要の約7割を占める。05年の国内売上高は352億円。中外が05年10月~06年3月に準備するタミフルは約1200万人分(5日間投与)で、その約3分の1がシロップ、残りがカプセル剤という。

 国内では02~03年にタミフルが足りなくなったことがあり、中外はその後、供給量を増やしてきた。だが、流行の規模が過去の例を大きく上回った場合、輸入だと時間がかかって安定供給できない恐れがある。国内に製造設備があれば、短期間で供給量を増やせる。厚生労働省の強い要望もあり、国内生産に乗り出すことにした。

コメント

【健康】カラコンにご注意!

2006年02月04日 | 健康
最近流行のカラコンに注意という記事が出ていました。
目の中に入れるものなので、安易に使用して眼を傷つけるのは
ちょっと避けたい気分ですね。

---------------------
カラーコンタクト品質にご用心 おしゃれ用、視力低下例
2006年02月04日10時54分

 瞳が青や茶に見えると、若者に人気の「おしゃれ用カラーコンタクトレンズ」の品質や安全性に問題があることが3日、国民生活センターの調べで分かった。レンズの色素が溶け出したり、つけた時の視力が大きく低下したりするケースがある。ほとんどが海外からの輸入品。視力補正用でないため、薬事法では規制できず、厚生労働省に早急に対策を取るよう要望した。

 同センターは、カラーコンタクトレンズ10商品について、国立医薬品食品衛生研究所や日本コンタクトレンズ学会などに依頼して調べた。

 その結果、レンズからの色素の溶出が4商品で確認された。このうち3商品は、チタンやアルミニウムの溶出もあった。夜間に車を運転することを想定した夜間視力を測定すると、8商品のうち4商品で、大幅に夜間視力が低下した。

 薬事法の承認を受けている視力矯正用カラーコンタクトレンズもあるが、今回テストしたものは「度数なし」のおしゃれ用。同センターは、消費者に対し、夜間の車の運転を自粛するよう呼びかけている。

コメント   トラックバック (1)

【健康】バレンタイン納豆

2006年01月30日 | 健康
福島の納豆業者が、バレンタイン納豆というものを発売するとか。
ねばりづよい愛情を・・だそうで。
でも納豆はおいしいけど、もらわれてどうなんでしょ?

-------------------
バレンタイン納豆発売、「義理用」「亭主用」も 福島
2006年01月30日07時59分


バレンタイン納豆

 2月14日のバレンタインデーを前に、専用パックにつめた納豆が、福島市の納豆販売会社「こだわりや本舗」(神野三和子社長)から売り出された。

 今年初めての試み。義理用と亭主用、本命用2種類の計4種類あり、それぞれ800~1380円。本命用は義理用に比べて、量が多く、温泉タマゴも付いている。

 それぞれ「粘り強く愛してみせます」などのメッセージが添えられている。「愛する人と、納豆のように糸でつながる関係を続けて欲しい」(神野社長)

コメント   トラックバック (3)

【健康】インフルエンザの耐性

2006年01月26日 | 健康
朝日新聞の記事に、「インフルエンザウイルスに耐性が広がる」
というものが掲載されていました。

インフルエンザの薬は三種類あり、アマンタジンとオセルタミビルとザナミビルで
そのうちアマンタジンへの耐性が、A香港型などに見られるということです。
タミフルとかは利くようですが、そのうちほかの二つも利かなくなるものが
現れることは確実でしょうかね。気をつけよ。
-----------------

今冬のインフルエンザ、薬への耐性広がる?
2006年01月26日08時55分

 今冬のインフルエンザの流行で、国内で認可されている3種類の治療薬のうち、アマンタジン(商品名シンメトレル)の効かないウイルスが広がっているらしいことが、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫・小児科部長らの調査で分かった。横浜市内で分離された24株のウイルスのうち、9割近い21株でアマンタジン耐性の遺伝子変異が見つかったという。

 菅谷さんらは、昨年12月~今年1月に横浜市内の医療機関を受診した患者24人のウイルスを調べた。A香港型だった18人では16人、Aソ連型だった6人では5人の計21人(87.5%)から分離されたウイルスが耐性を示した。これらの患者はアマンタジンの治療を受けていなかったという。

 米疾病対策センター(CDC)は今月14日、米国で今冬分離されたA香港型ウイルスの91%がアマンタジンとリマンタジン(一般名、日本では未承認)に耐性を示したとして、今冬のインフルエンザでは処方しないよう警告を出した。耐性を示す割合は2年前の1.9%、昨冬の14.5%から急増した。

 菅谷さんは「日本でも同じような事態が起きている恐れがあり、早急に調べる必要がある」という。アマンタジンは98年にインフルエンザ治療薬として国内で認可された。残る2種類の治療薬オセルタミビル(商品名タミフル)とザナミビル(商品名リレンザ)は、薬の働きが異なるため有効という。

コメント

【健康】歩きましょう

2006年01月25日 | 健康
健康のために1日1万歩は歩きましょうという記事が出ていました。
なかなか現代社会、交通手段が発達しているので
歩くのが難しいですが、駅から自宅までなどできるだけ
歩くようにしたいものです。


----------------------
1日1万歩、床掃除66分 運動で防げ、生活習慣病
2006年01月22日22時33分

 毎日1万歩歩くか、週1回35分のジョギングで生活習慣病予防を――。厚生労働省はこんな内容の「健康づくりのための運動基準」の案をまとめた。運動量の目安は過去にもあったが、今回は徒歩や掃除など日常的な活動でも示したのがポイント。同省は普段の生活でも意識してもらうことで、生活習慣病予備軍を減らしたいとしている。

 運動や日常の身体活動約100種類の最大酸素摂取量をもとに基準値を設定。軽い身体活動を1日1時間ほどすれば、週1回の適度な運動と同じ程度の予防効果があるとした。

 日常活動では、普通に歩いて1日8000~1万歩(66分)。床掃除・庭仕事・洗車でも1日66分。運動だと、ジョギングやテニスは週1回35分、水泳やエアロビクスなら同40分、ダンスは同55分、自転車で同1時間などとした。

 厚労省の国民健康・栄養調査(03年)によると、日常的に運動習慣を持つ人は男性で29.3%、女性で24.1%にとどまる。03年度の医療費の約3割(10.2兆円)を生活習慣病が占めていることもあり、厚労省は日常的な運動を普及させて医療費抑制にもつなげたい考え。

 この案をもとに国民向けの運動指針をつくる予定で、「生活習慣病予防への意識を高めたい」(厚労省健康局)としている。

コメント