ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!

熟年オジサンの映画・観劇・読書の感想です。タイトルは『イヴの総て』のミュージカル化『アプローズ』の中の挿入歌です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シッコ

2007-08-27 | 映画
マイケル・ムーアが今までに異議申し立てをしたアメリカが抱える諸問題、銃社会やブッシュの戦争政策などは、シリアスなテーマだったが不思議と大爆笑もさせられてきた。
しかし今回ばかりは、アメリカの医療制度の実状に、いや惨状にゾっとして、とても笑ってばかりはいられない。タイトル通り、アメリカの医療制度そのものが『シッコ』(=ビョーキ)なのだから。 

アメリカは先進諸国の中で、国民皆保険制度が無い稀有な存在である。国民の6人に1人、約5,000万人が無保険というのにも驚いたが、このドキュメンタリーで更に驚かされたのは、残りの2億5,000万人の大半が入っているHMO(健康維持機構)という、民間の多くの保険会社が適用しているシステムのいい加減さである。
先ず例によって、HMOに入っていても、何やかやと理由を付けて保険金の支払いを拒否された気の毒な被害者たちへのインタヴューから始まる。
日本の生保では頻発している問題だが、アメリカの場合は医療費が高額なため、支払いが受けられないということは破産、又は死に繋がる。
支払い拒否の典型的なものが、既往症と適用除外病名に関するケースである。支払い拒否可能な病名が「スターウォーズ」のタイトルを真似て、あの軽快なテーマ曲に乗り画面手前から奥へと流れて行くが、その膨大な病名の数は、SWのエンドロール並だ。

どうしてこんな状況になってしまったのか、という歴史的考察もなされる。その元凶はニクソン政権時代に遡るが、多くの政治家たちが公然と言って憚らないのが、「国による公的な医療保険制度は社会主義につながる」という言い訳である。
その論理からすれば、富裕者にも貧困者にも無料で均等に機会を提供する、義務教育や公立図書館も社会主義的ということになり矛盾する稚拙な理論であることは明白だ。
結局は、製薬業界、そこから政治献金を受ける政治家、医師会、関係ロビイストなどで構成されるシステムの目的は、金儲けであることが暴露されてしまう。
医療費が完全無料のカナダ、イギリス、フランス、キューバの実情も取材され、アメリカと比較するとまるで「天国と地獄」の差があることに愕然とする。
翻って日本の3割負担への後退や、年金問題の現状を考えると、明日は我が身であり暗澹たる気持ちになってくる。

9.11の救助活動で健康を損ねたが、1本125ドルもする有効な治療薬の使用を医療保険で認めてもらえず、治療を諦めていた元消防隊員や、前述の支払いを拒否された人たちを引き連れて、キューバへ向うクライマックスは、マイケル・ムーア一流の風刺と怒りが炸裂する。
彼らはグアンタナモ米海軍基地で、アルカイダ同様に無料の治療が受けられるのか?弱者としてのアメリカの棄民が、キューバで流した涙の意味を、じっくりと考える必要がありそうだ。

コメント (17)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
« オーシャンズ13 | トップ | 長江哀歌 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバック、ありがとうございます。 (冨田弘嗣)
2007-08-28 00:32:17
 大量生産される、陽の目の見ないドキュメンタリー。その中で、大きな問題をテーマに、エンターテイメントを意識しながら、無関心な者まで惹きつけてしまう力に、今回も驚いてしまいました。やはり、生まれ持った才能があるのでしょうね。量産できないのが残念です。もっとたくさんのテーマを掘り下げたいでしょうが・・・。読ませていただきました。ありがとうございます。  冨田弘嗣
次回のテーマは? (butler)
2007-08-28 13:40:15
>冨田さま、

毎年、いろいろなテーマで観たいですね。
日本では、この分野でヒットする作品はなかなか無いですね。
製作するには障害が多すぎるからでしょうが。

TB&コメントに感謝!
カタカナでタイトル書くと笑えますね (クワスト)
2007-08-31 15:34:36
こんにちは。
早速ご覧になったレポありがとうございました。
ね~、憤っちゃいますよね。
それもこれもみんな医療や薬剤インダストリーの陰謀です。
アメリカの格差社会って日本の比じゃないんですよ。
ダンナと二人で老後はカナダに移住しようっていってます(笑)。日本でもいいんだけど物価が高くて(笑)。
Unknown (butler)
2007-09-01 22:59:27
>クワストさん、

こんにちは。
国境近くのアメリカ人がカナダへ治療に行くのは
今はもうダメなんですって?
折角の裏技だったのにね。
やっぱそうですよね (猫)
2007-09-05 20:38:14
この映画 笑えるなんて とんでもなかったですね。
CMは結構 馬鹿馬鹿しくやってるみたいだけど
観た人たちが
日本の行き先を不安に思って 
政治に興味をもってくれることを思うのみです。
私の感想も読んでいただけたら幸いです。TBさせて頂きます。宜しくお願いします。
マイケル・ムーア (butler)
2007-09-06 10:49:41
>猫さん、

日本だって、とても他国の不幸などと、のほほんとはしていられない状況ですよね。
『アホでマヌケなアメリカ人』で彼が提示した、個人と国家の関係が、この映画でもそのまま適用されていました。
次回のテーマは、セクシュアリティーに関すことという噂は本当でしょうか?

TB&コメントに感謝!
Unknown (hitomi)
2007-09-10 11:42:07
ぴかちゅうさんの所でもURL入れても駄目なので失礼します。医療では日本も危なくなってきました。TBさせてください。よろしくお願いします。

シッコ、かぁ・・・ (OK)
2007-09-16 15:37:45
butler様、こんにちは
毎度私なんぞのblogにTBありがとうございます。

『シッコ』観ました。 さすがマイケル・ムーア、上手いですね。 
社会派ドキュメンタリーながら、辛口の皮肉を込めて楽しませ魅せるその演出センスには毎度感服します。 
SWのオープニングを模した病名ロールなんて、笑えるんだけど、実は全然笑えないトコロがキツイ・・・ 
日本に住んでる私たちも、明日は我が身と震え上がる内容ですよね。

では
笑・怒・涙 (butler)
2007-09-16 17:46:02
>OKさん、こんにちは。

人間の生命にかかわる一番大切な問題だと単純に考える僕ですが、アメリカも日本も政治家にとっては、さほど重要ではないようですね。
金儲け至上主義の社会では、まさに「地獄の沙汰も金次第」。
イヤな世の中になったもんです。
遅ればせながら観てきました(^^ゞ (ぴかちゅう)
2007-09-17 01:43:16
感想をアップしたのでTBさせていただきましたm(_ _)mフランスの若年雇用者の解雇を容易にする法案が出された時のデモや集会の様子の映像が流れていたので嬉しくなって、その頃書いた記事も文中にリンクしています。
「誰が議員になっても同じ」という諦め感を持つ国民が多いうちは、権力者が好き勝手をやれますね。資本主義国家でも政財界を牽制する力があれば修正資本主義国家として成熟していけます。それが今回のイギリス、フランス、カナダなのではなかったでしょうか。政財界を牽制する力が弱いとアメリカのようになってしまいます。私はピープルズパワーの一員になりたいです。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

34 トラックバック

9.11の先にあるモノ。『シッコ』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカの医療システムについての疑問を描いたドキュメンタリー映画です。
【2007-119】シッコ(SICKO) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ムーア先生、急患です。 保険満足度は 先進国中最下位!! 救急車に事前申請? テロより怖い、 医療問題。
『シッコ SiCKO』 (映像と音は言葉にできないけれど)
何だかタイトルのロゴがアメリカでも有名なこの会社のロゴに似ているような気がしましたが...。Sickoとは「こいつらビョ~キだぜ!」てな雰囲気の意味でしょうか?。
シッコ(SiCKO) (まぁず、なにやってんだか)
8月15日、よみうりホールの「シッコ(SiCKO)」の試写会に行ってきました。 「なんてタイトルをつけたんだ!口にしにくいじゃないか!!」 と思いつつ、好きなマイケル・ムーア監督の映画なので、かなり前から楽しみにしてました。 今回も期待を裏切らない...
シッコ (活動写真評論家人生)
 <TOHOシネマズ泉北>  観たいということだけを言えば、本作だけであった。時間がなく、お金に余
シッコ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  不良な医療の異常な実態  
「シッコ」 (かいコ。の気ままに生活)
映画 続いちゃってスミマセン・・更新 すっかり遅れてマス。8/23 試写会で 観てきました。「シッコ」公式サイトマイケル・ムーア 最新作。「米国の医療制度は ビョーキ(Sicko)だ!!」 とユーモアたっぷりに描いてます。アメリカでは医療保険が民営化されてて....
映画「シッコ」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「シッコ」に関するトラックバックを募集しています。
シッコ / Sicko (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                                                                    ...
シッコ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  不良な医療の異常な実態  
シッコ(2007) ~ムーア先生! アメリカが危篤です!! (EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど)
 あらすじ    '''「GOD BLESS AMERICA!!」'''……アメリカは世界一の大国である。  '''先進国の中で、唯一国民皆保険制度がない'''、という現状はあれど。  とはいえ、...
映画:シッコ SICKO (駒吉の日記)
シッコ SICKO(シネマイクスピアリ) 「米国の偉大なところは文明によるものではない 自らを正す能力にある」 SICKO=病人。まさか泣くとは思いませんでした。劇中に何度ももらい泣き・・・ 大まかなストーリーとレビュー等観ていたのですが驚きの連続。無保険...
「シッコ」:5か国病人治療合戦 (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:マイケル・ムーア 米国2007年 以前『ER』を見ていたら、救急病棟に運びこまれた患者に応急処置をした後で「この患者が入っている保険では別の病院に回した
シッコ sicko(映画館) (ひるめし。)
医療関係者は絶対に、絶対に、観てください。
シッコ (小部屋日記)
Sicko(2007/アメリカ)【劇場公開】 ムーア先生、急患です。 テロより怖い、医療問題。 『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』のマイケル・ムーアの新作ドキュメンタリー。 Sickoとは、ビョーキ(精神病者)という意味とか。 今回はアメリカの保険制度の...
シッコ Sicko (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
突撃ドキュメンタリー作家 マイケル・ムーアが 今回は 医療現場に・・・! うう~ 日本語の しかもカタカナの題名だけ書くと なんとなく照れるよ~ でも 原題をみて これが sickから来ている事に やっと気づいたワタシ・・汗 遅すぎ???? 汗 ( ちなみ...
「シッコ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「シッコ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *監督・製作・脚本:マイケル・ムーア 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^
★「シッコ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ 本日公開の本作。 ジャッキー・チェンの「ラッシュ・アワー3」は、 目覚まし時計欲しさに前売り券買っちゃったので、平日に見ることにしたので。
シッコ (薔薇・猫・映画・演劇・旅ファン)
 やっぱり面白いマイケル・ムーア!問題提起、取材、行動、見習いたいものです。 私の尊敬する中学の社会科教師、小田実、ムーア、何か雰囲気似ています。 前から米国の医療保険の貧困さとかフランスの子育支援は聞いていたが実際の患者の状況、証言は重い。車で運ばれ...
マイケル・ムーア (薔薇・猫・映画・演劇・旅ファン)
heliotrope8543さんhttp://plaza.rakuten.co.jp/sawakai/diary/200708240000/KUMAさんhttp://plaza.rakuten.co.jp/KUMA050422/も御紹介されています。 今日は「シッコ」を観ます。初めてマイケル・ムーアの映画見たり、本読んだ時こんなに面白いドキュメント映画作る...
シッコの前にメタボだろ(笑)【シッコ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
突撃、アポなし取材でおなじみの マイケル・ムーア監督最新作『シッコ』を見てきまし
シッコ 2007-48 (観たよ~ん~)
「シッコ」を観てきました~♪ 「ボウリング・フォーコロンバイン」、「華氏911」で有名なマイケル・ムーア監督の新作です~♪ 多くの先進国は、若干負担するか全く負担無しで治療が受けられるシステムができている。そんな中、そういった保険制度がない国、アメ...
シッコ★Sicko マイケル・ムーア最新作! (銅版画制作の日々)
   テロより怖い、医療問題。   9月2日、京都シネマにて鑑賞。マイケル・ムーア監督の3年ぶりの最新作だ。私が観たのは、「ボウリング・フォー・コロンバイン」以来である。残念ながら、「華氏911」は未見である。ブッシュ大統領に突撃取材という話題の作...
『シッコ』 (『座敷牢からなんかニョロ~っとトビ出したようなカンジの.......』)
(2007/米/マイケル・ムーア)  【期待度】★★★★・ 【満足度】☆☆☆☆・  【救急車で運ばれるなら事前申請せいってそんな無茶な...度】★★★★★  『ボウリング・フォー・コロンバイン』に『華氏911』とアメリカの抱える諸問題を軽妙に調理し魅せたマイケル・...
07/09/15 「Sicko」は他人事ではない?! (ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記)
{/hiyo_shock1/} 最近のニュースで産気づいた妊婦が救急車で運ばれたが受入れてくれる病院がなかなか見つからずについに死産になったという事件があった。解せない。「満床だ」「産科の初診の患者は受入れない」という回答が続いたという。何故こういうことが起きるのだろ...
「シッコ」 背景にあるのは個人偏重主義 (はらやんの映画徒然草)
はてさて健康保険充実度のリストでは日本は第何位なのだろうか? この映画を観て、ア
シッコ (ネタバレ映画館)
逆から読むと愛着のわくタイトル。
シッコ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ムーア先生、急患です。』  コチラの「シッコ」は、「ボウリング・フォー・コロンバイン」や「華氏911」のマイケル・ムーア監督が『テロより怖い、医療問題。』に斬り込んだ8/25公開の社会派ドキュメンタリーなのですが、劇場鑑賞券が当たったので、観て来ちゃい...
シッコ (Sicko) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイケル・ムーア 主演 マイケル・ムーア 2007年 アメリカ映画 123分 ドキュメンタリー 採点★★★★ 何気に厄介な難病を患っているおかげで、新規で生命保険に加入できない私。今入っている保険を細々と大事にしていくしかないそうで。あ!今、思い出した!10年...
シッコ■これは国家に挑むヒーローを描く冒険映画! (映画と出会う・世界が変わる)
アメリカの医療制度についてのドキュメンタリー映画であり、極めて悲惨な状況を描いているのであるが、映画全体はユーモラスに展開し、どこか「明るさ」を感じさせるものがある。これはハリウッド娯楽映画と同じトーンである。そう、まさにこの「シッコ」は、アメリカを限...
シッコ■問題を投げかけられているのは観客である (映画と出会う・世界が変わる)
「シッコ」は、マイケル・ムーアのこれまでの作品、「ボウリング・フォー・コロンバイン」と「華氏911」と違っている点としては取り上げた問題を象徴する人物との対決がないことがあげられる。アメリカの銃社会を告発した「ボウリング・フォー・コロンバイン」では当時...
mini review 08293「シッコ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボウリング・フォー・コロンバイン』がアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門に輝き、『華氏911』でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したマイケル・ムーアの新作ドキュメンタリー。大いなる矛盾を抱えるアメリカの医療システムに、さまざまな観点からメスを入れていく。9...
「シッコ」(カナダ 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
先進国で唯一公的医療保険制度がないアメリカ。 マイケル・ムーアの今回のターゲットはアメリカの医療システム。
『シッコ』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている人にもマイナスの影響を及ぼすアメリカの医療システムの実態を明らかにする・・・。感想対岸の火事と笑ってられない?多くの人が保険未加入で保険に入っていても安...