ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!

熟年オジサンの映画・観劇・読書の感想です。タイトルは『イヴの総て』のミュージカル化『アプローズ』の中の挿入歌です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゆれる

2006-12-31 | 映画
男2対女1の関係の映画といえば、先ず『突然炎のごとく』に代表されるフランス映画を想い出す。本作は山梨を舞台にしたローカルな作品だが、出だしからジャズ風な音楽が流れ、やっぱり底に流れる雰囲気には、フランス映画に相通じるものを感じる。

弟(オダギリジョー)が帰省早々にガス欠で立ち寄るガソリンスタンドは、実家が営業する店である。そこの若い女店員(真木ようこ )との窓越しの関係性、法事の席での兄(香川照之)の気の遣いよう等、前半の細やかな丁寧な描写が後々の展開にジンワリと効いて来る。
だから、弟が彼女と性関係を簡単に持ち、余計な説明がなくても違和感無く受け容れられる。また、それに気付いていながら、気付かない風を装う兄が二人を誘うドライブは、観客を否応なしにスリリングな「場」へと引き込んで行く。その「場」が「ゆれる」吊り橋となれば、スリルは更に加速する。

兄と一緒に吊り橋を渡っていた女性が転落死したことから、兄の複雑な内面が噴出し始め、弟の兄に対する思いも揺らぎ始める。
兄弟の関係性は、事故か事件かが争点となる兄の裁判で、「ゆれ」から疑念、妬みの「ねじれ」へと徐々に変化してゆく。
この経緯における、裁判所と接見室での香川照之とオダギリジョーの迫真の演技が見どころである。特に、温和な兄がグロテスクな感情を剥き出しにして、「檻の中で生きてゆくのも、スタンドの中で生きてゆくのも同じ」と、日頃のストレスを暴発させる香川照之と、子供時代の8ミリ映画を観ながら激しく泣くオダギリジョーの場面が圧巻だ。
ほかでは、検察官役に悪人面の木村祐二を起用した意外性が面白い。

小説や漫画からの映画化が主流で、昨年の『運命じゃない人』のような優れたオリジナル脚本にはなかなか出会えないが、「映画は脚本である」ことを示してくれた今年のオリジナル秀作である。

コメント (7)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
« ダ・ヴィンチ・コード | トップ | 狩人と犬、最後の旅 »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見事な一本でした (たろ)
2006-07-17 19:28:45
こんばんは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、西川美和さんが作り出したシリアスなばかりでない多様であり深い感情を提示した映画世界が素晴らしく、主演である香川照之さんとオダギリジョーさんをはじめとした各出演者の皆さんの作品世界での存在の輝きに圧倒された一本でした。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



TB&コメント御礼! (butler)
2006-07-17 20:53:07
>たろさん、はじめまして!



原作物からの安易な映画化が多い昨今、

オリジナル脚本で、その上に優れていることは

本当に素晴らしいと思います。

先が読めないミステリアスな面白さにも脱帽です。



今後ともよろしくお願いいたします。
オリジナル性 (マダム・クニコ)
2006-08-26 00:04:48
>、「映画は脚本である」ことを示してくれた今年のオリジナル秀作である。



同感です。

前作をそれほど評価していない私ですが、本作は今年の邦画のベストです。

オリジナル性に期待したいですね。



TBに感謝!
オリジナリティー (butler)
2006-08-26 23:34:00
>マダム・クニコさま、



TB&コメントありがとうございます!

去年のトリノ映画祭でグランプリを獲得した、

坪川拓史監督の『美式(うつくしき)天然』の公開が

いつなのか気になっています。
こんばんは (カオリ)
2006-10-02 21:56:14
おととい見てきたのですが、いまだにゆれております・・・

最近、小説や漫画を映画にするのが多い中で、こういうのに出会うと、やっぱりオリジナルの脚本ってすごいーと思います。

TBさせていただきました~
Unknown (ケント)
2007-03-18 13:13:06
こんにちは、ちょっと古い映画になりましたが、TBさせてください
西川美和監督、若い女性なのによく兄弟の心情まで掘り下げられたものだと感心しています。きっとスタッフが素晴らしいのでしょうね。
「蛇イチゴ」も良かったけれど、まだ青っぽい部分がありました。この「ゆれる」でかなり進化しています。これからどうなって行くのか、注視して行きたい監督ですね。
オリジナル脚本 (butler)
2007-03-19 11:35:19
>ケントさん、

『蛇イチゴ』は未見ですが、次回作では
更なる進化を期待したいですね。
それも、オリジナルのシナリオで是非!

TB&コメントに感謝!

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

42 トラックバック

何もかも上手い 「ゆれる」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_suki/} ゆれる ラムの大通りのえいさんが4月の時点で、「上半期邦画の暫定ベストワン」と宣言してから気になっていた作品。 混んでました。 舞台挨拶が行われるアミューズCQNを避けたのに大混雑。 そこまでとは思いませんでした。 ...
ゆれる(映画)兄弟がゆえの残酷な関係 (漢方薬剤師の日々&映画)
「兄弟は他人のはじまり」って言うけど、まったく他人だったらここまで深くお互いを意識することもなく、傷つけることもないかもしれない。 けっして他人じゃない分、良好な関係を保とうとよけい気をつかうし、小さなことにもすごく嫉妬したりする。 そうなり ...
ゆれる (シャーロットの涙)
東京で写真家として名を上げている弟の猛(オダギリジョー) 地元で家業のガソリンスタンドを継ぐ兄の稔(香川照之) そして二人の幼なじみの智恵子(真木よう子) この三人をめぐるサスペンス。ただのサスペンスでもない。感情を激しく揺さぶる内面に隠れた何か ...
ゆれる(2006/日本/西川美和) (CINEMANIAX!)
【アミューズCQN@渋谷】 東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛(オダギリジョー)。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父(伊武雅刀)と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔(香川照之)と再会する。猛は頑固な父とは折り合いが悪かったが ...
ゆれる (映画通の部屋)
「ゆれる」製作:2006年、日本 119分 監督:西川美和 出演:オダギリジョー
試写会鑑賞 イイノホールにて ~ 西川 美和 「 ゆ れ る 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り空の金曜日です。 今日は、昨日 一足先に イイノホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、西川美和さんの新作映画について。 『 ゆ れ る 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 西川 美和 原案 : 西川 美和 『 ゆ れ る ...
ゆれる 2006-39 (観たよ~ん~)
「ゆれる」を観てきました~♪ 東京で写真家として活躍する猛(オダギリジョー)は、母の法事で山梨の実家に帰る。兄の稔(香川照之)が実家のガソリン・スタンドをついで、年老いた父(伊武雅刀)と暮らしていた。法事の翌日、兄とスタンドで働く幼馴染の智惠 ...
感想/ゆれる(劇場) (APRIL FOOLS)
オダギリジョー主演、西川美和監督で話題の『ゆれる』。いやはや、えらいよく出来てるわ! 評判いいのも納得。 ゆ れ る 東京でカメラマンとして成功した弟が、母親の一周忌で実家に帰る。そこで家業のGSを継ぐ兄と、兄が想いを寄せる女性であり、かつて関 ...
映画 「ゆれる」 (ようこそMr.G)
映画 「ゆれる」 を観ました。
【映画】『ゆれる』天使のように繊細に、悪魔のように大胆に (Badlands~映画・演劇・音楽レビュー~)
『ゆれる』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
監督:西川美和 CAST:オダギリジョー、香川照之 他 東京でカメラマンをしている早川猛(オダギリ)は、母の一周忌の為に帰省する。翌日、温厚で優しい兄の稔(香川照之)と幼なじみの智恵子と猛の三人で、幼い頃に兄弟でよく行った蓮美渓谷へ向かう ...
61.ゆれる (レザボアCATs)
        深くこころを揺さぶられる、出作の出来映え・・・オダギリジョーは、カッコイイばかりでなく、演技も本当に心に残るものだった。
ゆれる (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:オダギリジョー/香川照之/伊武雅刀/新井浩文/真木よう子/木村祐一/ピエール瀧/田口トモロヲ/蟹江敬三/原案・脚本・監督:西川美和/作品『ゆれる』を観ました。 ●感想  ・本作は先週から公開されているのですが、会員になっている映画館が金 ...
ゆれる (Alice in Wonderland)
シネ・リーブル梅田のレディース・デイは激しかったです。私が着いたのは6時過ぎでしたがもう整理番号157番の立見チケットしか買えなかったです。それでも今日に見たかったので立見で見ることにしました。 写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合 ...
「ゆれる」でゆれる (Thanksgiving Day)
映画「ゆれる」を観てきました。 ぐらぐらとゆれる吊り橋である事件が起きるんですけど、事件以降の心の「ゆれる」様に、何だか観ているこっちの気持ちもゆれてきちゃいました。 心理的な心の動きを楽しむ映画ですかね。 特に兄弟がいる人が観ると、映画 ...
ゆれる オダギリジョー (銅版画制作の日々)
映画「ゆれる」を京都シネマにて鑑賞・・・・。実はストーリーも知らず、この映画にオダギリジョーと香川照之が兄弟役で競演しているとだけの情報で、観に行きました。弟猛(オダギリ)は故郷を離れて、東京で売れっ子の写真家、兄稔(香川)は地元で父(伊武雅刀 ...
『ゆれる』 (因幡屋ぶろぐ)
*西川美和原案・脚本・監督  新進写真家として成功し、東京で気ままに暮らす猛(オ
ゆれる(7/8公開) (第八芸術鑑賞日記)
 7/19、アミューズCQNにて鑑賞。7.0点。  オリジナル脚本によるシンプルなストーリーを、二人の演技派による競演で見せる。  東京で写真家として活躍する弟(オダギリジョー)と、かたや地方でガソリンスタンドを経営する兄(香川照之)。母の葬儀で久しぶりに ...
【劇場鑑賞77】ゆれる (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
弟 ―東京の売れっ子カメラマン 兄 ―家業を継いだ独身の男 事故か 殺人か 愛情か 憎しみか あの橋を渡るまでは、兄弟でした。
【劇場映画】 ゆれる (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自 ...
「ゆれる」~香川照之の怪演光る (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 観客の8割はオダギリジョー目当てと思われる女性。満員の京都シネマで、「ゆれる」(西川美和監督)を観た。オダギリジョーは、ぼさぼさのひげ姿だが、ハンサムでセクシーすぎて、男にとっては敵意すら感じる美しさだ。香川照之が兄役を演じる。この兄弟の心の ...
[ ゆれる ]愛を感じれば、やり直せる (アロハ坊主の日がな一日)
[ ゆれる ]@渋谷で鑑賞 是枝裕和監督の秘蔵っ子、西川美和監督の長編2作品目。 彼女の短編映画[ 女神のかかと ]を観たが、やっぱり長編 のほうがいい。 長編でも、第1作品目[ 蛇イチゴ ]より、本作のほうが ずっといい。 本作でもいつものように終 ...
『ゆれる』 (アンディの日記 シネマ版)
リアル度[:スペード:][:スペード:][:スペード:][:スペード:]      2006/07/08公開  (公式サイト) 緊迫感 [:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]  満足度 [:星:][:星:][:星:][:星:][:星:]  【監督】西川美和 【原案】西川美和 【脚本】西川美和 ...
映画:ゆれる (駒吉の日記)
ゆれる@銀座テアトルシネマ 「兄を取り戻したい」 やっと観れた~!感想は・・・怖いし苦い。 人は時に自分が見たいものだけみる、見たくないものは見なかったことにしたりもする。 自分の身内が人を殺すなんて信じたくない、想像もしたくない。何か ...
「 ゆ れ る 」 (共通テーマ)
東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟、だが二人は互いを尊敬していた、あの事件が起こるまでは…。(「BOOK」データベースより) 『蛇イチゴ』の監督西川美和がオダ
ゆれる/神の試練 (マダム・クニコの映画解体新書)
 父と息子、それぞれの兄弟の確執の物語。人間の根源に関わる゛他者との関わり”を深く掘り下げた必見の名作である。 goo映画   言うまでもなく、人類最初の殺人事件は、旧約聖書の「アダムとイブ」の息子たち「カインとアベル」によって引き起こされた。   ...
ゆれる (Bleu Branche Woman Life)
随分と口コミで話題になり、 単館でやっていたのが、毎回満席で拡大ロードショーになった映画。 「ゆれる 」   出演:オダギリジョー、香川照之、真木よう子、伊武雅刀ほか 脚本、監督:西川美和 ? 5月頃からやっているのに、リピーターも多 ...
私が棄てた男 映画『ゆれる』 (海から始まる!?)
 真木よう子さん彼女が演じる川端智恵子は、内に欲望や願望を秘めながらも、日頃は感情の露出を抑えて、慎ましく生きようとしている、または、そうあろうとしているように見える女性。現状から抜け出したい、今より満足のできる生活をしたいとは誰しも思うもので ...
■ゆれる~”蛇イチゴ”の西川美和監督作品 (AKATUKI DESIGN)
お決まりの映画の日利用で、”蛇イチゴ”の西川美和監督作品の”ゆれる”を見てきました。 新宿の武蔵野館では、立ち見客もいる大入りの場内。 この映画は、オダギリジョー演じる猛(たける)と香川照之演じる稔(みのる)の兄弟の物語。 母の通夜に久々に帰郷 ...
兄が内に秘めるモノ。弟が内に秘めるモノ。『ゆれる』 (水曜日のシネマ日記)
山梨の実家にあるガソリンスタンドを継いだ兄と、東京に出てカメラマンとして成功した弟の、ある事件をめぐる物語です。
『 ゆれる 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 ゆれる  』 [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006年7月8日ロードショー】[上映劇場 ] 監 督:西川美和 脚 本:西川美和 原 案:西川美和 [ キャスト ]   オダギリジョー 香川照之 伊武雅刀 ...
ゆれる (PLANET OF THE BLUE)
夏休みは大作、話題作ばかりだったので、 ミニシアター系の地味なやつが見たいと思い、 ちょうどあってたこの映画を見て見ることに。 原案・脚本・監督  西川 美和 出演  オダギリ ジョー  香川 照之  伊武雅刀  新井 浩文      真木 ...
ゆれる(06・日) (no movie no life)
「どうして、俺とお前はこんなに違うの?」 兄と弟。 どこまでも、この映画は兄弟をアシンメトリーに映し続ける。 刑務所の面接室の中、同じ床、同じ設備、しかしその間にはどうしようもないガラスの壁。 山梨で父とともにガソリンスタンドを経営する実直な ...
ゆれる (ネタバレ映画館)
てくてくと歩いて帰る足取りも軽くなったが、キム検事のしてやったり顔を思い出して目の前が揺れていた。
ゆれる(映画館) (ひるめし。)
あの橋を渡るまでは、兄弟でした。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:西川美和 出演者:オダギリジョー/香川照之/真木よう子 時 間:119分 [感想] これす~~んごく観たかった映画!! チネチッタもダイスの上映してくれないからDVD待ちだと思ったら ...
ゆれる (いろいろと)
出演 オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀 ほか 監督 西川美和 母の一周期で帰省
TAKE 42「ゆれる」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第42回目は「ゆれる」です。 この映画はずっと見たかった映画の一つです。 DVD発売とともにすぐに観ました。 あらすじはオフィシャルサイトからの引用です。 <以下あらすじ> 東京で写真家として成功した猛は母の一周忌で久し...
「ゆれる」 (やまたくの音吐朗々Diary)
ワーナーマイカル(板橋)のアンコールシネマにて、見逃していた2006年話題の邦画「ゆれる」を観賞。監督は西川美和。出演はオダギリジョー、香川照之、真木よう子ほか。東京で活躍しているカメラマンの猛は、母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ兄...
ゆれる (Akira's VOICE)
揺れるよ揺れる,どこまでも・・・
ゆれる  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  兄弟の存在とは難しいものである。子供の頃は、弟は兄を慕い尊敬し、兄はそんな弟が愛しくて可愛がるものだ。 ところが大人になると、立場が逆転することがある。自由な弟のほうが処世術が優れ、ポジティブで人に好かれる。一方兄のほうは、堅実で人柄は良...
か細い橋は朽ちていなかった●ゆれる (Prism Viewpoints)
「兄を取り戻す」 取り戻したのは、兄が弟を取り戻していた。 主人公のカメラマンである、弟の早川 猛(たけし)役には、 『激辛カレーを食べて、あなたは「辛い!」と怒ります?●SHINOBI』や、 『ラストま
『ゆれる』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ東京でカメラマンとして成功している猛(オダギリジョー)は母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ独身の兄の稔(香川照之)や、そこで働く幼なじみの智恵子(真木よう子)と再会し、3人で近くの渓谷に行く。猛が単独行動している間に、稔と...