何が自由か知っている

めがねの影響はまただまだ続いています(笑)。
…って、そうではなくても

このあいだ

"あれがあったら" "ここで助けがあれば" と思いながら
いかにその状況を脱するか思案するのに夢中になっていたことがあり
それはとてもギリギリでゆとりがある状況ではなかったけれども、
スリリングで自分をフル回転させる時間にむしろ気分は良く

  必要なものは全て与えられていて、
  何一つ不自由を感じることはなかったとしても
  「不自由を感じる自由」
  というものは、与えられていなかった

ということに、気がついたのです。
うまく表現できないし、なにやら哲学的で自己満足な話なのですが
なんだか、妙に目の前が開けたのです。

私は私、自分で考える、自分の足で歩くこと
自分が自分に再度吹きこまれた瞬間、でした。

金木犀の香りは、アタマを冴え渡らせる。
良くも、悪くもですが…。

秋本番、
橙色の小花と
様々な想いが穣かに積もる季節です。

さて、風通しよく
小春日和の、暖かな連休になるといいですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 『氷、ありま... 古代より »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。