Cafe Bridge 粉闘記

bridgetの日記の続編です。
カフェオープンからの日々のできごとや思ったことをつれづれなるままに。。。

第4回森林審議会 答申と付帯意見

2018-06-23 | カフェ
異例中の異例、前代未聞の第4回森林審議会が23日土曜日に県庁にて開かれました。
その様子を静岡第一テレビのevery.しずおかから。

伊東市のメガソーラー発電所問題について県の森林審議会は今日異例となる4回目の審議を開き改めて付帯意見付きで事業を認めるという答申を出しました。

伊東市のメガソーラー発電所建設計画を巡っては林地の開発を審議する県の森林審議会がこれまで3回の審議を行い条件つきで事業を認めると答申していましたが、希少動植物の新たな事実が判明したとして県は今日異例となる4回目の審議を開催しました。

今日は希少動植物について事業者から新たに提出された保全計画書などを審議、その上で希少動植物の保全や周辺住民への説明などに関する5つの付帯意見をつけた上で事業を認めると答申しました。
一方で付帯意見の中には伊東市が今月から施行したメガソーラー規制条例についても盛り込まれ、関係する法令として遵守することと記載されました。

難波副知事:「伊東市長が明確に条例に基づいて(事業に)同意しないと仰っているので、審議会としても伊東市長のそのお考えを尊重して付帯意見をおつけになったのだろうと思います。」


森林開発の許可に関しては今日の答申と既に提出されている伊東市長の意見をもとに川勝知事が最終的な判断を下すことになっています。(2018.06.23 静岡第一テレビ every.しずおか)

伊豆新聞 2018.06.24 


ちょっとわかりづらいですね。林地開発の基準には付帯意見/条件をクリアすればOK。しかし、その付帯意見には伊東市の条例の遵守があり、遵守すればこのメガソーラーは1.2ヘクタール以上だから市長の同意は得られず工事はできないということになります。

この問題に熱心に取り組んでくださっている伊東選出の県議、中田次城氏のFB(私たちはFBはやっていませんが中田県議のHPからみられます)が今日の付帯意見を次のように書いていらっしゃいました。
付帯意見
1.住民説明会の徹底。
2.防災安全対策の徹底。(新たな土質検査に基づく安全性の協議)
3.希少動植物の保全計画の誠実な実行。
4.景観を守る為の配慮を徹底。
5.伊東市の規制条例など、他法令の遵守。
これら、5項目を県において厳しく指導、監督すること。
-------

今後の動きをしばらく見守ります。


ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 訴訟も視野 | TOP | 10日以内には林地開発の知事... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | カフェ