Cafe Bridge 粉闘記

bridgetの日記の続編です。
カフェオープンからの日々のできごとや思ったことをつれづれなるままに。。。

看板設置した!

2018-08-02 | カフェ
メガソーラーで動きがありました。7月中はミゾゴイがいるから工事をしないとわかっていましたが、8月になって早速工事を始めるのではないかと思われていましたが、今日、動きがあったようです。

静岡朝日テレビの「とびっきり!しずおか」から。

伊東市が建設を認めない考えを示しているメガソーラー計画で、事業者が工事が許可されたことを示す看板を設置しました。


今朝伊東市八幡野の建設予定地では、作業員らが看板を設置し、工事を進めるのに必要な標識4枚を貼りつけました。



計画を巡っては先月県が林地開発の許可を、市が宅地造成の許可をそれぞれ出し、事業者が工事に本格着手する法律的な条件は整っていました。
ただ伊東市はこれとは別に6月から施行されたメガソーラーを規制する条例が適用されるとして、工事を認めておらず適用されないと主張する事業者と真っ向から対立しています。

伊東市都市計画課 長沢一徳課長:(工事の)詳細な工程表を近々出してもらうということになっていますので、そういうものを見ながら事業者に対して条例の取り扱いについて申し合わせていきたい。


反対派市民団体 関川永子代表: まだ全然状況が整っていない中、看板の工事だけをして、着工という既成事実を作っていること、強い憤りがあります。

事業者は明日引き続き現場事務所を設置するということで、反対派は監視活動をするとしており、緊張が高まる可能性があります。
(2018.08.02 静岡朝日テレビ とびっきり!しずおか)

SBSのイブアイしずおかの動画ニュースが下記です。

住民の反対が根強く残る伊東市のメガソーラー問題で、計画を進める企業側が8月2日、建設予定地の入り口に工事開始を伝える看板を設置しました。
 伊東市八幡野にある計画予定地の入り口では、2日朝、企業側が工事開始の看板を設置しました。この計画では約40ヘクタールの山林を伐採してメガソーラーを作ろうとしていますが、住民グループが激しく反対しています。反対住民グループの代表は看板の設置に対し抗議の声を上げました。伊東市の職員も企業側の動きを監視するため現地を訪れました。
 市は6月に施行したメガソーラー規制条例を適用し工事の中止を求めていますが、企業側は条例は適用されないと主張しあくまで工事を進めていく方針です。
 企業側は3日にも現地事務所を設置する予定で、反対グループとの衝突は避けられそうにありません。
(2018.08.02 SBS イブアイしずおか)
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 無事です。皆様もご無事でし... | TOP | 現場事務所設営 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | カフェ