Cafe Bridge 粉闘記

bridgetの日記の続編です。
カフェオープンからの日々のできごとや思ったことをつれづれなるままに。。。

事業者名公表

2018-12-25 | メガソーラー
本日3本目の投稿です。
伊豆高原メガソーラーについて、市がとうとう事業者名を公表しました。6月に施行された条例に基づいて、指導をしたものの、その後の勧告、公表へとなかなかステップが進まずヤキモキしていましたが、勧告もしていました。そしてとうとう、今日、事業者名の公表まで進みました。
第一テレビのnews every.しずおかからどうぞ。


伊東市で建設が進むメガソーラー発電所について、小野市長は今日、工事が条例に違反しているとして、行政処分の中で最も重い「事業者名を公表」しました。

伊東市のメガソーラー規制条例に違反しているとして公表された事業者は伊豆メガソーラパーク合同会社です。この事業を巡っては、伊東市が今年6月に施行した規制条例をもとに計画に同意できないとして工事の中止を求めて事業者に対して工事の中止を求め行政指導・勧告を繰り返してきました。

しかし、事業者は条例の対象外と反論、工事を進めているため、今日の行政処分となりました。
小野市長: この公表によってですね、条例の持つ力はすべて使い切ったというところになります。あとは、事業の見直しといいますか、考えていただければというふうに思っているところです。

小野市長は事業を認定している経済産業省に報告し、厳正な対応を求めると話しています。
一方事業者は、「条例違反と思っていないので、今後も粛々と工事を進めていく。」とコメントしています。


津川さん、この問題は伊東市と事業者との間で、条例にあてはまるかどうかというところで対立をしているんですよね。

はい、双方の主張も理解できるところもあるんですが、問題の背景に一つ、法律の不備というものがあります。環境影響評価というものを行うときは、この事業を行う時には法律に基づいて、この事業を行う時には環境アセスメントを行わなければならないと定められているんですが、この定められている事業は13の事業があるんですけれども、発電所もこの対象になっています。ただ太陽光発電はなっていないんですね。こういった不備という部分については、これまでも指摘されてきたところですので、そういったところの見直しも議論すべきところではないかと思います。
(2018.12.25 第一テレビ news every.しずおか)

伊東市のHPにもこのことが出ています。

伊東市美しい景観等と太陽光発電設備設置事業との調和に関する条例に基づく公表について
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 前伊東市長 初めて謝罪 | TOP | 小野市長が経産省へ。 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | メガソーラー