Cafe Bridge 粉闘記

bridgetの日記の続編です。
カフェオープンからの日々のできごとや思ったことをつれづれなるままに。。。

小野市長が経産省へ。

2018-12-26 | メガソーラー
本日26日に、小野市長が経済産業省に報告に行きました。その様子をSBSのイブアイ静岡が伝えています。



伊東市のメガソーラー問題で小野達也市長が12月26日、メガソーラー建設を進めている企業に厳しい対処をするよう国に要望しました。
 伊東市の小野市長と担当職員は26日経済産業省を訪ねました。小野市長は伊東市八幡野でメガソーラー建設を進めている伊豆メガソーラーパーク合同会社が、市の指導などに応じないとして、25日、企業名を公表したことを報告し、国としても厳正な対処をするよう求めました。
 小野市長「厳正なる対応は法律に乗っ取っていただくということなのでそこについては伝わった。」
 国は、条例などに違反している場合企業に出した事業認定を取り消せます。小野市長は今後も国への働きかけを続けていく考えです。
(2018.12.26 SBS イブアイ静岡)

昨日の伊東市が事業者名を公表したニュースですが、伊豆新聞とNHK 静岡 news web(動画)と静岡テレビのニュース(動画)をご紹介します。
伊豆新聞は12月26日。他の2つは12月25日に報道されたものです。
2018.12.26 伊豆新聞
八幡野のメガソーラー 条例違反で事業者名公表―伊東市

伊東版 2018年12月26日

 ■小野市長きょう経産相に報告 厳正な対応求める

 伊東市は25日、八幡野地区で進められている大規模太陽光発電施設(メガソーラー)事業について、事業者の伊豆メガソーラーパーク合同会社(伊東市八幡野、代表社員=朴聖龍・ハンファエナジージャパン職務執行者)が市の「美しい景観等太陽光発電設備設置事業との調和に関する条例」(規制条例)に違反しているとして、ホームページに住所と事業者名を公表した。小野達也市長は26日、経済産業省に出向き、事業者名公表の報告と国に電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(FIT法)に基づく認定取り消しも含めた厳正な対応を求める。

 市によると、事業者は8月10日、市の規制条例の手続きを経ずに樹木の伐採、土地の造成などによる区画形質の変更を行った。その後、3回にわたる事業の中止、災害防止を講じる指導に従わなかった。市は条例違反として、11月26日付の文書で12月6日までに必要な措置を講じ、事業を中止するよう勧告したが従わなかった。

 公表に当たり、市は条例の規定に基づき12月10日付の文書で公表を行う理由を事業者に通知し、同20日まで弁明の機会を与えた。事業者からは18日付で「市の指導、勧告は根拠がなく、氏名を公表すれば損害賠償を含めたあらゆる手段を取る」と文書で回答があったが、「指導も複数回行っているし、相いれない回答」のため公表に踏み切ったという。

 小野市長は「市の条例の持つ力は全て使い切った。国は事業の中止をしてほしい」と話した。

 公表について事業者は「何回も伊東市に協議するよう要望したが、全て却下されている。新条例に対しては条例違反と思っていないので、今後も粛々と工事を進めていく」とコメントした。

NHK 静岡news web 2018.12.25
市がメガ事業認可取り消し要望へ

民間の事業者が伊東市南部に建設を計画している大規模太陽光発電所のメガソーラーについて、伊東市の小野達也市長は、この事業者の再生エネルギー事業に関する認可の取り消しなどの対応を経済産業省に求める考えを示しました。

民間の事業者が伊東市の山間部に計画しているメガソーラーをめぐっては、伊東市が建設に市長の同意が必要だとする条例をもとに建設の中止するよう求めている一方、事業者側は条例の施行前にすでに着工していたとして、工事を進めています。
こうした中、伊東市の小野達也市長は26日に経済産業省を訪れ、これまでの経緯を報告したうえで、この事業者の再生可能エネルギーに関する事業認可を取り消すなど厳正な対応を求めていく考えを示しました。
事業を計画している伊豆メガソーラーパーク合同会社は「何回も伊東市に協議を要望しましたが、すべて却下されています。条例違反とは思っていませんので今後も粛々と工事を進めていきます」とコメントしています。
一方、この計画とは別に、東京の事業者がJR伊東駅からおよそ7キロ離れた森林にメガソーラーをつくるとして、12月11日に市に対し、宅地造成法に基づく申請をしたことが分かりました。
小野市長は「条例に基づき、建設に同意はしない」として、この事業者に対しても計画を中止するよう求めているということです。
(NHK 静岡 news web 2018.12.25)


テレビ静岡のニュース 2018.12.25
「勧告に従わない」 市が名前を公表も・・・事業者「違反と思っていない」 メガソーラー 静岡・伊東市

メガソーラーの規制条例で最も重い処分です。
伊東市で建設が進むメガソーラーの問題で、市は再三の指導や勧告に従わないとして工事を行う「伊豆メガソーラーパーク合同会社」の事業者名を公表しました。

小野達也市長 「災害防止に必要な措置を講じ、事業を中止するよう勧告を行いましたが、事業者が従わないことから本日事業者の氏名、住所及び勧告内容の公表を行った」

これに対し事業者は「条例違反と思っていないので、粛々と工事を進めます」とコメントしています。 テレビ静岡 (最終更新:12/25(火) 19:40 テレビ静岡NEWS)
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 事業者名公表 | TOP | 今年もありがとうございました。 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | メガソーラー