向う岸

そうはいくか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本 町山智浩 『最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで』

2017-12-11 22:37:10 | 本・漫画


Amazon.co.jp 町山智浩 『最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで』


KKKを蘇らせた『國民の創生』、東京大空襲のヒントを与えたディズニー・アニメ、
フェイクニュースで大衆を扇動する『群衆』など
負の影響を与えたアメリカ映画を解説する。

芸術として優れているために観客を熱狂させる。

時節柄ポピュリズムを煽って独裁者を誕生させ、返って排外主義を
広めてしまった映画が紹介される。

あまりに過激な内容は歴史修正主義どころか歴史改竄や漂白と言っていい。


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ』のロバート・ゼメキス監督が
黒人社会が被った被害や公民権運動を映画内でなかったことにしているのを
知りガッカリする。


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 『砂上の法廷』 | トップ | 映画 『帰ってきたヒトラー』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本・漫画」カテゴリの最新記事