空気管作り直し

2019-10-28 19:54:36 | タキ9600 アダチキット
昨日の写真を見直していて やっぱりおかしいなにかへん 
でアダチの部品を測り直してびっくり、縦4ミリ強 横4ミリ弱は間違いで 縦3ミリ強 横3ミリ弱だった 
どこで思い違いをしたのか 馬鹿はなんとやらである 
作り直しとなるが、3ミリ強の丸では小さくなってしまうように思えたので3.5ミリにした 
直径だと0.5ミリの差がけっこう違って見える 
問題は元のを外すと全体に壊れる恐れがあったが、上手い具合に引っこ抜けたので良かった 

アダチの部品と比べてみるとまだ太いがこれなら良いと思える 


ディティールの代わりにセンターに旋削のヘソを残しておいた 

その後二輌目を分解した 


今度はタンクバンドの予備が無いので壊さないように外した 


ハンダ取り中にバーナーを落としたら着火しなくなってしまった 
いちいち100円ライターで点けるのは面倒くさい
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 荷取出し口 ?? | トップ | 台枠組立 »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ozu)
2019-10-29 08:52:04
着火不良はよくあります
消耗品と考えるしかないのかも
最近は調理用のバーナーが2000円くらいで買えるのでしばしば買い替えています。
以前はプリンスのGB-2001を愛用していましたが、高いのでもう買いません
Unknown (railtruck)
2019-10-29 12:15:51
GB-2001を使っています。数年前の問い合わせではメーカーへ送れば割りと良心的な費用でオーバーホールしてくれるようです。往復の宅配費用を考えると込み、持ち込みのほう良いかも知れませんね。
コメントありがとうございます (brass_solder)
2019-10-29 21:11:21
私のはGB-2001よりもっと古いと思われるGT-3000でした。
メガネフレームのロー付け修理に使っていたのでもう30年以上経つと思います。
お二人のコメントでそういえば昔はライターも売ってたんだっけと思い出しました(笑
時々修理を外注していた会社に訊けば修理して貰えるかもしれませんが連絡先が判りません。
連絡先 (railtruck)
2019-10-30 00:28:10
プリンスのバーナーはこちらで扱っているようです。
http://www.stylecorp.co.jp/burners/gt-x/
コメントありがとうございます (brass_solder)
2019-10-31 22:00:21
すみません、うっかりレス忘れました。
次の日記にも書きましたように当分このまま使おうと思います。
そのうちに何か新しいのを買うかもしれません。

コメントを投稿

タキ9600 アダチキット」カテゴリの最新記事