背が高い

2020-01-17 20:44:27 | 国鉄貨車
天賞堂のツ2500にアダチの台車を付けることは出来た 
しかしアダチワ22000と並べると背の高に差があり過ぎた 
ツ2500はベンチレーター抜きで3470ミリ(43.375) ワ22000は3330ミリ(41.625) 
なのでその差は約1.75ミリほどだがこの2輌は3ミリ弱の差が付いている 
アダチ製走り装置の背が高いのに加えて天賞堂の床板が車体への沈み量が少ないのが問題なのだろう 
そこで自作の軸受に交換してみると0.75ミリほど下がったのでワ22000との差は約2ミリにになった 


しかしこれだとカプラ高さも下がってしまう 
この鉄板床板にはカプラ台がプレスされているので簡単に高さを変えられない 
Kadeeのアンダーセットシャンクを使うか、背が高いままにするか、悩みどころだ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2輌目のツ2500 | トップ | 台車ディテイル »

コメントを投稿

国鉄貨車」カテゴリの最新記事