軸の仕上げをしろ

2020-01-11 17:15:31 | KTM 弁慶号
またハチロクはお悩みになってしまったので別の調子が悪いモーガルを弄ってみた 
ローラー運転台だと調子良く転がるのに線路だと走らない 
今日はトラブルシューティングよろしく確認しながら順番に部品を外したが判らない 
でフレームに動輪を入れてサイドロッドだけ付けて手で転がしたら あれれ?引っ掛かりがある 
じっくり見たらなんと軸端に突っ切りで切った時のヘソがあって、それにサイドロッドが触るのだった 
そもそもこの動輪はクランクピンのボスが輪芯中心と同じ高さで、絶縁側はロッドがタイヤに触るのでワッシャが入っていた 
通電側は接触しても問題ないのでワッシャを入れなかったから引っかかったのだった 
それにしてもこんな事はとっくに承知していたはずなのになぜ見逃していたのだろう 
結局通電側もワッシャを入れたらあっさり走ってしまった 
でもこのモーターで24:1は速過ぎるなぁ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1/16 W60のダイス | トップ | エコーのシリンダ »

コメントを投稿

KTM 弁慶号」カテゴリの最新記事