ML210のベルトが切れた

2017-09-17 12:03:39 | 工具・機械
コンさんが作って下さったML210の主軸を駆動するベルトが切れた 
数日前にタップを立てようとして手でグイグイ回したのがいけなかったかもしれない 
バンコードという物を熱で柔らかくして押し付けて輪っかにしたそうだが、断面を見ると溶着していたのは周囲だけのようだ 
中身は切った面がそのままで溶けたようには見えなかった 
私もガスコンロで炙って押し付けてみたら一度目は手を離したら剥がれて失敗 
二度目は良く燃やして(笑)押し付けてから水で冷やしたら剥がれなかったので机上にしばらく放置 
頃合を見て膨れ上がった継ぎ目を削り落とした 
旋盤に取り付けたら問題無さそうなので良かったヨカッタ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 3ミリの真鍮棒が快削でないら... | トップ | 小名浜臨港 B377 (500 珊瑚... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
溶着が甘かったですね (コン)
2017-09-17 22:11:32
失礼しました!自分のバンコードも時々外れます。エコーの店主さんに聞いたら、炙ると泡が出て来て溶着の妨げになるそうです。ハンダ鏝で融かすのがコツと伺いました。その後の冷却も案外大事ですね。
コメントありがとうございます (brass_solder)
2017-09-18 14:56:42
コンさん、いつもお世話になります。
というか、これを炙ると周囲だけ燃えるのだと思います。
熱した半田ゴテにバンコードの先端を押し付けて溶かすと言う意味でしょうね。
今度切れたらやってみます。

コメントを投稿

工具・機械」カテゴリの最新記事