フロントデッキ下

2017-12-25 15:37:39 | KTM 弁慶号
先輪に支障するフロントデッキ下に貼った板を作り直す前に先輪を逃げるように丸く削ってみた 
先輪に合わせてマジックで線を引いて大き目の甲丸ヤスリで削った 
なにしろヤスリでこういう形に仕上げる(しかも両側!)がとにかく苦手なので注意して少しづつ・・・
その後に主台枠にビス留めしてみたら画像のようになったが、ちょっと欠き取り過ぎたかもしれない 
この形の欠き取りはいかにも模型的だが、実物のこの板はおそらく強度部材ではなく化粧だと思うので、このような形でも良いかもしれない 

ものすごく久しぶりにTMS最新号を買った 
石島治久氏による図面で見る「ピッツバーグの機関車」を見たかったので 
いずれも期待にたがわぬ図で、特に210形はありがたい 
コメント   この記事についてブログを書く
« 巨大な連結器座 | トップ | 開放テコとつかみ棒 »

コメントを投稿

KTM 弁慶号」カテゴリの最新記事