エコーのシリンダ

2020-01-12 20:25:15 | KTM 弁慶号
もしかしてこれって弁慶に使えるのだろうか? 
確認するためには別部品になっているシリンダと弁室をハンダ付けして台枠に当ててみることにした 
何も考えずにハンダ付けしたら気筒が傾いてしまったので一旦分解 
良く考え直してピストン バルブロッド ドレイン弁 スライドバー 等の穴を開けてから組み直した 
この部品はそのまま左右合わせるとピストン間隔が23ミリになるようなので中間が2ミリ開くように繋がなければならない 
さらに主台枠への取り付け幅が広いのでどちらかに合わせる必要がある 
おまけに煙室サドルも無いのか・・・
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 軸の仕上げをしろ | トップ | 2輌目のツ2500 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆうえん・こうじ)
2020-02-20 12:59:37
エコーのシリンダー直径少し細目なのと シリンダーカバー部分が本体より少し細くなっているのが、使いづらいです。シリンダー本体は新製された方がよろしいのではないでしょうか?
コメントありがとうございます (brass_solder)
2020-02-21 11:44:40
エコーは使い難いと思って頓挫しました。
ご指摘の前後カバーが細い点もあり、交換するならシリンダを作り直す他なさそうです。

コメントを投稿

KTM 弁慶号」カテゴリの最新記事