ラストナンバーとトップナンバー

2011-11-11 16:30:31 | PRR 2nd ジェネレーション
PRRのEF-22(GP30)は2200-2251
次に登場したEF-25(GP35)は2252番から始まった

昨日記したように1968年のPC(ペンセントラル)合併に向けてGP30とGP35で6輌が改番された

GP30は最後の2輌を先頭の前に持って行き #2250→2198 #2251→2199 となった

空いた2250からGP35を附番するために #2309→2250 #2310→2251 と移動して
さらに #2369→2309 #2370→2310 と改番して穴を埋めている
なぜ最後尾の番号を直接先頭に移動しなかったのかは不明

ちなみにEF-25(GP35)は製造年により二つの形態に分かれている
2252-2296 1964/5-6
2297-2370 1964/11-1965/4

この結果改番後のEF-25(GP35)は先頭の2輌が後期型となっている

NYCのGP30は改番してPRRの前に並び #2188-2197 (ex. NYC) #2198-2249 (ex. PRR)
NYCのGP35も改番してPRRの後に並び #2250-2368 (ex. PRR) #2369-2399 (ex. NYC)

結局このグループのラストを2300番台に収めたかったようだ
コメント   この記事についてブログを書く
« トップナンバーとラストナンバー | トップ | マイナー モディフィケーシ... »

コメントを投稿

PRR 2nd ジェネレーション」カテゴリの最新記事