モデラーの目で見る台車の話 TR23

2007-06-18 19:03:43 | 国鉄型客車
先日お招きいただいた運転会で、友達が買ったばかりのKATO製オハ47を見せてくれました。
(運転会の模様は平機関区さんのブログでどうぞ)
以前から売られているスハ43の台車をTR23にしてサッシをアルミ色に塗っただけと思いきや、便所/洗面所サッシと客ドアのデザインも変更されているという念の入れようでした。
そして気付いてしまったのです、台車が従来のKATO製TR23とは違うことに・・・

↓きわめて初期のスハ32系に使用されたタイプのTR23(コロ軸受化) オハ47-2266 水ミト


↓ごく一般的なTR23(コロ軸受化) マニ36-2037 北スミ


何処が違うかお判りでしょうか?
軸受け部分の鋳物と側梁(チャンネル状)の接続方法が異なるのです。
初期型のTR23は側梁が鋳物の表側から貼ってあるのに対し、一般的なTR23では裏から貼るように変更され、そのために軸バネを収める円筒形の台車中心寄りに水平のリブが付いています。

今回発売されたKATOのオハ47は、なんとこの初期型のTR23を履いていたのでした。

↓初期型TR23を履いたオハ47-2266 北オク→水ミトへ転属時


何でこんな古い台車を戦後製のオハ47が履いているのかというと、長い話になってしまいますので簡単に・・・
戦後三等寝台車の増備が急務になった時に、製造費を節約するために古い客車の台車と台枠を利用してオハネ17が大量に作られました。 その種として初期のスハ32も大量に使用されました。 本来はTR47を履くように設計されたオハネ17でしたが、電気暖房を装備した車輌の重量増加を防止するために、それらには軽いTR23を履かたのです。 その後冷房化してスハネ16に改造された際に、重いTR47を履いてもス級に納まる事から、スハ43と台車交換してTR23を履いたオハ47が登場しましたた。 それらの何両かには元スハ32(Wルーフ)が履いていた台車が回っていたわけです。 簡単ですみません・・・(詳しくはピクの43系特集とかご参照下さい)

で、何でこんなことでヲタっているのかというと、私達のモデルライフには欠かせない日光モデルさんのTR23が、長い間この初期型のTR23だったからなのです。 (最近リニューアルした同社TR23は一般的なデザインになりました、念のため・・・)

↓日光モデルの旧製品にエコーのコロ軸受けを取り付けたTR23


旧型客車末期の水戸のオハ35を再現するべくバラキットを盛んに組んでいた頃に、片っ端からメタルを入れてコロ軸受けに改造したものです。 (現在の日光モデルさんの製品にはメタルが取り付け済みです、念のため・・・)

さらに一般的なTR23を表現したくて、DT12のブレーキを切り取って、トップ画像のようにTR11/TR23用ブレーキセットを取り付けたりもしました。 ↓DT12を改造したTR23モドキ


しかし、それもこれも、日光モデルさんの新製品が出た今となっては昔語りとなりました。
オマケにKATOさんまでこんな台車を作ってくれるなんて!!
良い時代になったものです。(マジ?)笑

↓TR23Hの改造銘板 いただき物ですが、我が家の数少ない家宝の一つです。(笑


水戸客車区で廃車になり、いわき貨物(信)駅で解体された客車のものだそうです。
おそらくオハ47かオハフ46と思われます。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« サロンエクスプレス東京 | トップ | 魅惑のマニ36 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (平機関区)
2007-06-18 21:46:42
ということは、アダチやニワの二重屋根スハ32系には、日光モデルさんの旧製品TR23が最適ということですね。

ところで、改めてKatoオハ47の台車を見てみたら、水平のリブが無いので一見初期のTR23に見えますが、側梁が鋳物の裏側から貼ってあるタイプになっています。これはエラーでしょうか、それともこういうタイプもあったのでしょうか?

それにしてもDT12を改造されたTR23、こだわりの一品ですね!

ご愛用有難うございます。 (工房5丁目)
2007-06-18 22:57:57
 TR23は、製造期間が比較的に長く、使用車両も客車、電車と多種類に渡っています。
 製品が新しくなったのは、金型の寿命が来てしまったので、同時期に製品化したTR11、DT10、DT12と共に新規金型を製作しました。その際に、バリエーションを増やしてTR11、DT10、とTR23のコロ軸改造を製作しました。(DT12は実物で軸受けのみの改造したものが無かったので作りませんでした)
 前製品では、たまたま有った写真を参考に作ったりしたので、それがスハ32だったために初期型になったようです。いまは、いろいろ資料を参考にプロトタイプを選定しましたので、比較的使用車両の多い、後期型になりました。
 実物も多種多様で、I鋼が前に付いた前期型、軸箱守が前に付いた後期型、ゆれ枕の吊りリンクのつなぎが見える短いもの、台車枠の中に隠れてしまう長いもの、客車用と電車用のブレーキの違いなどちょっとの違いを数え上げるとキリが有りません。詳しくは、プレスアイゼンバーン刊「レイル」17号の吉雄永春氏の「ファンの目で見た台車の話」細かく記述されています。

 ところで、TR23のコロ軸改造ができたので、KATOのスハ43に取り付けてオハ47にしてみました。サンプルに店のショーケースに入れて宣伝しようとした矢先、KATOから製品化されてしまい、残念ながらお蔵入りとなってしまいました。
日光の台車 (はちまる)
2007-06-18 23:48:41
私が客貨車のキットを組み始めたころは、市販の台車や床下機器に不満がありましたが(車体の出来は棚に上げて・・・笑)、
日光の台車が発売された時は嬉しかったですねぇ~。
TR23のことは、恥ずかしながら今まで気が付きませんでした・・・。解説ありがとうございます!
何だかマニ36を作りたくなってきました!?
恥ずかしいことありません。 (工房5丁目)
2007-06-19 00:11:42
恥ずかしいことありません。私のようなこれを本業にしていても、「へー」とか「え~」とかいう発見は常に有ります。なかなか困るのは、ほとんど完成してから、「え~」が出てくると、非常にスリリングな結果になります。「さーどーすべー」なんていうこともありますヨ。
いつもコメントありがとうございます (Brass_Solder)
2007-06-19 17:04:24
★平機関区さん、こんにちは。
そうでしたか、先日はリブに気をとられて気付きませんでした。(手元にも無いもので・・・)
ということはKATOさんは金型の水平のリブの部分だけ直したということになります。
やっちゃいましたね→KATOさん!

★工房5丁目さん、こんにちは。
モロにお仕事ネタだったわけで、ブログネタにするには躊躇したのですが、コメントいただけて嬉しいです。
最初の頃は長時間走行させると軸穴が減ってきて、ピボット軸がずっこけて脱線する事故が数度発生しました。 それでピボット軸穴の浅いTR11、TR23に集中してメタルをはめていました。
製品がメタル入りに改良されて、しかもコロ軸受けまで表現されて、手間が掛からなって何よりです。
でも、昔加工した台車がまだ数個残っているのに、車体の製作が追いついていません。困ったことです。

★はちまるさん、こんにちは。
私は模型を始めた頃は、ドロップの台車ばかりの中で小高さんの彫りの深い台車が高級に見えたものでした。
だから最初に日光さんの製品を見たときには、薄っぺらく感じてしまって物足りない印象を感じたものです。
田舎だったので長い間日光さんの台車を見た事が無かったのも一因だとは思いますが・・・。
大人になって真鍮の客車を組み立てるようになってからは、日光さんの台車一辺倒になった事は言うまでもありません。
マニ36は豊富なバリエーションが面白いですね。
次回はマニの模型を掲載してみようともいます。

それでは、またよろしくお願いします。
書き忘れました (Brass_Solder)
2007-06-19 18:42:07
せっかく工房5丁目さんからご紹介いただいたのに、書くのを忘れました。
*プレスアイゼンバーン刊「レイル」17号吉雄永春氏「ファンの目で見た台車の話」
これほど台車に付いて詳しく書かれた参考書は見た事がありません。 この記事を読んで初期型と後期型のTR23の違いを知りました。
この記事のタイトルをもじってブログの見出しも付けた次第です。
ではまた、よろしくお願いします。

コメントを投稿

国鉄型客車」カテゴリの最新記事