bozzo★bozzo★bozzo

沖縄から東京へ!流転の写真日記

“Been to Canaan” by Alice Babs

2007-07-27 | MUSIC
【Been to Canaan 】written by Carole King

 Green fields and rolling hills
 Room enough to do what we will
 Sweet dreams of yestertime
 Are running through my mind
 Of a place I left behind

 Been so long, I can't remember when
 I've been to Canaan and I want to go back again
 Been so long, I'm living till then
 'Cause I've been to Canaan and I won't rest until I go back again

 Though I'm content with myself
 Sometimes I long to be somewhere else
 I try to do what I can
 But with our day-to-day demands
 We all need a promised land

 And it's been so long, I can't remember when
 I've been to Canaan and I want to go back again
 Been so long, I'm living till then
 'Cause I've been to Canaan and I won't rest until I go back again

 Oh, I want to be there in the wintertime
 With a fireplace burning to warm me
 And you to hold me when it's stormy

 Been so long, I can't remember when
 I've been to Canaan and I want to go back again
 Been so long, I'm living till then
 'Cause I've been to Canaan and I won't rest until I go back again

キャロルキング1972年のアルバム「Rhymes & Reasons」の最後に収録。
コンガのリズムが印象的なブラジリアンフレーバーな曲だ。
原曲はとてもシンプルで、リラックスした雰囲気。

Canaanとは、イスラエルにある古代の地名で、
聖書では「乳と蜜の流れる場所」と描写され、
神がアブラハムの子孫に与えると約束した土地であることから、
約束の地とも呼ばれている。
…パレスチナ問題の諸悪の根源である。

なぜキャロルがこの土地を「楽園」として歌っているのか、
その真意は掴みかねるが、70年代の彼女はcreativityに漲っていた。
(もしかしたら、歌詞内容そのままの宗教的意味合いな曲なのか)

その名曲をスウェーデンを代表する国民的歌手アリス・バブスが翌年カヴァーしている。
アルバムタイトルは「Music with a Jazz Flavour」。
ジャズの要素を加えながらも、スウェーデン独特の透き通った曲調、歌声がすばらしい。
年末に観たスウェーデン映画「歓びを歌にのせて」の感動が甦ってくる。

特にこの「Been to Canaan」は切れ味鋭く、アレンジもすばらしい。
疾走感がたまらない。1973年とは思えない躍動感とグルーヴにあふれている。

しかし、このカヴァーでCarole Kingの偉大さを再認識することとなった。
YOUTUBEで「You've Got a Friend」に涙する。

Been to Canaan by Carole King

Comment   この記事についてブログを書く
« 【リハビリ生活】その実態 | TOP | 南国ドロップス@宮古島 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | MUSIC

Similar Entries