bozzo★bozzo★bozzo

沖縄から東京へ!流転の写真日記

【Mar_11】Way to End Public Art by Relight_Project

2018-03-12 | ART
『Way to End Public Art by Relight_Project』


2003年に六本木のテレビ朝日前に設置されたパブリックアート
『Counter Voidー光の壁』(宮島達男作)。

2011年の震災後、03/13に消灯され、
その後5年間、再点灯されずにいた。

パブリックアートとは何か?の問いと共に起ち上がったProjectによって、
2016年から2018年にかけて震災の日から3日間のみ再点灯され、
03/11を問う。そして、この光の壁は永遠に閉じられる。

その背景には、2003年の感性と震災後の感性と、
その変化が大きいのだと正直思う。
これだけの光量でもって夜の街を照らし続けることは、
震災後の今となっては疑問も多いだろう。

そもそも震災直後の消灯も、自粛ムードに倣ったところが大きいはず。
その後しばらく再点灯できなかったのも当然である。

手法としては2003年当時は斬新でインパクトも絶大であっただろうが、
作家の気付きと時代の流れによって作品も閉じられうる…ということ。
この作品の終焉は、パラダイムシフトのひとつの顕れなのだ。

#photobybozzo
#RD18311
ジャンル:
東日本大震災
Comment   この記事についてブログを書く
« 【2011_0311】和合亮一「詩の... | TOP | 【Mar_10】夜10時でも煌々と... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | ART