#photobybozzo

沖縄→東京→竹野と流転する、bozzoの日々。

【Dec_07】石牟礼道子『天の魚』

2022-12-07 | memories
生死のあわいにあればなつかしく候
みなみなまぼろしのえにしなり

おん身の勤行に殉ずるにあらず 
ひとえにわたくしのかなしみに殉ずるにあれば 
道行のえにしはまぼろしふかくして一期の闇のなかなりし

ひともわれもいのちの臨終 
かくばかりかなしきゆえに 
けむり立つ雪炎の海をゆくごとくなれど 
われよりふかく死なんとする鳥の眸に遭えり

はたまたその海の割るるときあらわれて 
地の低きところを這う虫に逢えるなり

この虫の死にざまに添わんとするときようやくにして 
われもまたにんげんのいちいんなりしや
かかるいのちのごとくなればこの世とはわが世のみにて
われもおん身も
ひとりの極みの世をあいはてるべく
なつかしきかな

いまひとたびにんげんに生まるるべしや
生類のみやこはいずくなりや

わが祖は草の親
四季の風を司り
魚の祭りを祀りたまえども
生類の邑はすでになし

かりそめならず今生の刻をゆくに
わが眸ふかき雪なりしかな


(石牟礼道子『天の魚』より)
Comment    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【Dec_07】京極湯_13日より暫... | TOP | 【Dec_14】TANGLED_DROP@Thé... »
最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | memories