長文を書きたくなったときに置いておく場所

超長文用。500字のマストドン@boxingfan@mstdn.jp でも書けないようなやつはこちら

時期に遅れた追悼文

2020年10月09日 | 日記
今回も、別にマストドンの500字で書けないわけではないが、とくに残したいと思ったがゆえに、こちらに転載した、という種類の投稿だ。



今、三浦春馬が最期に出演していたドラマの「最終回」を見た

唐突に三浦春馬演じる登場人物が皆の前から姿を消す展開は、共演者が暴力事件を起こして突然姿を消した宮沢りえ主演のドラマを思い出させた。「あ、帰ってきた」というヒロインの表情一つだけで本人を映さないまま番組が終わるところまで同じだった

ただし、宮沢りえの方のどうでもいい不祥事2世「タレント」の扱いとは違って、三浦春馬という「俳優」(が演じる登場人物)が突然いなくなって、三浦春馬(が演じる以下略)の存在感の大きさを皆が噛みしめるという演出は、フィクションと現実の境界が失われたような感覚になったという意味で大変興味深かった

とはいえ、だ

突然本来の脚本が狂わされた不幸はあろう。「脇役たち」も頑張っているように見えた

それでも、三浦春馬という「スター」がいないだけで、画面で展開されていたのは退屈な茶番でしかなかった

単に能力があるだけでは、単に話の筋が通っているというだけでは、単に美貌があるというだけでは、埋められない「存在感」というものがこの世にはあるのだ

「我々」が失ったものは、本当に本当に大きいのだと、改めて思い知った

こういうことを考えながら生きている

2020年05月17日 | 日記
アイスクリームが食べたくなったが、コンビニだと高いので某深夜スーパーに行った。

あれこれ買って、レジに並んだら、

携帯アプリはお持ちですか、今日は16日なので5%オフですよ

と言われた。



携帯を持たずに出てきてしまった…。



聞くと(わざわざ質問した)、安くなる金額は80円だという(店員さんが電卓で計算してくれた)。

ビールなどの酒類は割引しないし、消費税もあるので、払わされる金額の5%ではなかったことには少しホッとしたが、それでも80円だ。



たかが80円と思うかい?



仮に、あくまで仮に、僕の時給を1200円としよう。

「いい歳してそんな安いのか」とか、「そんな割のいいバイトはない」とか、「額面はあってもサービス残業ばかりで実質はもっと安いよ…」とか、「そもそもお前は時給で働いているのか」とか、いろんな声が聞こえてきそうだが、時給で計算することも含め、あくまで仮である。

1分働いて、いただけるお金は20円だ。

4分もただ働きである。

4分間も汗水たらしたり、または真剣に集中したりするわけである。

ボクシングの1Rより長い。

あんなに長く苦しい時間より長いんである。



よほど「取りに帰るので精算を待ってください」と言おうかと思ったが、それでは4分以上余分にかかる。

アイスクリームなどはケースに戻さないといけないので、そのための手間もすごい。

(店の迷惑とかはとくに気にしない。そういうタイプではないので)

泣く泣くあきらめた。



家に帰り、ビールを冷蔵庫に入れ、アイスクリームを冷凍庫に入れる間もため息が止まらない。

このアイスクリームを食べるたびに、ああ、これは本当は5円玉一枚分安かったのだ、と思いながら食べることになる。甘いアイスクリームに苦い調味料が振り掛けられることになる。さすがに涙の塩味までは加わらないだろうが。



今後は、どんな簡単な用事でも、携帯は携帯して外出すると心に決めた。



ちなみにこの文章を書くのに30分かかっている。

知らざるを知らずと為す是知るなり

2020年04月26日 | 日記
https://twitter.com/dragoner_JP/status/1253847008013455360 のツリーがカオスになっている。



dragoner@4日目西と17aエアコミケ予定
@dragoner_JP
「ウイルス拡散防止に役立つなら、自分の人権をある程度犠牲にしても構わない」と答える人の割合が日本がぶっちぎりで低いというの。個人主義や人権意識の高さというより、現状の自粛見れば日本人が人権が広範な権利・概念ということを知らないだけじゃねえか感が強い




 日本人の人権意識が高いわけないのであって、その結果が不思議なものだというのは非常によくわかる。ただ、僕は、なんでその結果が出るのかは全く分からない。

 この人には、それがわかるという。

 それは、「日本人が人権が広範な権利・概念ということを知らない」からだという。



は?

え~っと、

人権が広範な権利・概念」ってどういう意味だ?



 僕は、まあ、これまで生きてきた経緯もあって、「人権」という言葉から導かれる概念や、「人権」という言葉と結びつきやすい考え方なんてもののストックを、普通の人よりは多く持っていると思うんだ。

 しかし、その僕が、それらのストックの中から、「広範」という言葉と結びつきうるものを探し出せないでいる。



 広範・・・、普遍的ってのは違うだろうなあ。

 文脈上、「ウィルス感染防止のために自己の権利を後退させることを良しとしない人間」を批判する内容になるはずであって、人権が人類普遍の原理であることを知らないとしても、あまり関係がなさそうだ。

 「広範な概念」というなら、「多義的」ということかというのも思いついたが、概念の多義性がそもそも批判に結びつくこともなさそうである。

 「広範な権利」ということで、「多様な権利が内包されている(表現とか、参政権とか)」なんて意味なのか?今までのよりは近そうな気もするが、「自粛をしないこと」を批判する論理構造に組み込む方法が、わかるようでよくわからない。一瞬組み込めそうな気がして、だけどすぐそのイメージが消える感じ。



 とにかくよくわからない。筆者にはその明確なイメージがあるのかもしれないが、その自信満々な態度とは裏腹に、その国語では、少なくとも僕に内容が全く伝わってきていない。

 しかし、このツイートは現在、2万以上のいいねをもらっている。このツイートの意味するところが自分には「わかる」と思っている人間が少なくともそれだけいるということだ。君ら、それ本当か?



 これには非常に多くのコメントが返信としてついている。多くが好意的なものだ。「私も元ツイ主の言うことに賛成である」というものが大半だ。そういう人間は、元ツイ主と同じように、「自分の信じる正しい人権観」を短い文章でコメントしていくのだが、非常に胡散臭い上に、そもそも、本当に元ツイと同じ方向のものなのか極めて怪しい。

 その捉え方として一つ多いのが、「人権を主張するなら義務も果たさなければならない」というものだ。よくあるやつである。「権利(人権)」と「義務」という、行使する者と行使させる者が反対になるという意味で対義語となっている関係に対して、なぜか倫理的に行使と行使の甘受が同一人に併存しなければならないという思考をする人間が非常に多いアレだ。それ自体妥当性がアレなのだが、そもそも、それどうやったら「広範」という日本語と結びつくんだ?「人権は主張するだけのものではない、もっと広い視野を持て」みたいな感じなのだろうか。僕にはすごく不自然な日本語に思えるが。

 よくわからない元テキストに、さらによくわからない勝手な解釈が重なって、本当に訳が分からなくなっている。それも、現時点で1万もリツイートされているので、大量に重なってくる。

 したり顔でもっともらしい意味不明な内容をワメく馬鹿にくっついて、なんか知ったかぶって意味不明なことを言いだす大量の馬鹿。

 もう、はっきり断言しちゃおう。

 お前ら絶対わかってねえ。



 蛇足で、わかってない感がとくにすごい例を拾っとく。自分の解釈を導く際の事実認識が、非常に狂ったものとか。たとえばこれ。


こばヤシの実石鹸 @MwyEelNPl5jM0Gx
·返信先:@dragoner_JP さん

人権の概念、社会的通念として理解してないように思いますね…
そもそも人権を侵害された経験が歴史的にあまりないから、ピンときてないのではないかなぁ(アイヌや琉球など除く)

自分以外の人間のために自分が損するのがとにかく嫌
という損得勘定の強い国民性が出た気がします



「人権侵害された経験が歴史的にあまりない」

 は?

 「人権」というものをどう捉えたらそういう発想になるんだ?

 コロナ問題に関してされる発言の中には、こういう感じで、もはや何を言っているのか全く分からないものが増えてきた。「間違った意見」なんて前からたくさんあるが、そういうのでも、何を言いたいのか、なぜそういう発想になるのかというのは、比較的わかりやすいものが多かったと思うのだが、最近の状況は酷い。日本語の意味が分からないレベルのものが増えているとさえ感じる。一体何を言っているんだと、本気でわからなかったりする。


れすたと@lestat003
·人権て範囲の定義がぼんやりしてることにも起因するのでしょうね。反対側に義務があっての自由なんですよねえ。社会の中にいる以上。


 人権の定義が適当なまま、適当に議論してるってのはその通りだろうなあ。

 そう言っているこの人からして、適当な定義で「人権」について語ってしまっているわけだし。「反対側」って、何の、何をはさんだ反対だよ、とか。人権は第一義的には対国家的権利とされるのに、「社会」について語っちゃったり、とか。


 まじカオスだ。

 まあ、「巻き込み」などという、自分が巻き起こした議論に責任を取らない逆ギレを理由に、僕はめでたく元ツイ主にブロックされたので、もうこのカオスに悩む必要は、多分ないけれども。

 本当に、そこから何かを学べるということものが全くない空間だな、ツイッタランド。意味不明の言説しかないのに、そんな馬鹿言説が、なぜか妙にもてはやされたりして。とはいえ、ものが言えなくなるくらい呆れれば黙っていればいいのに、つい、いらんちょっかいを出す僕が、おそらく一番の大馬鹿ではあるんだがね。



国語教育試論

2020年04月02日 | 日記
 国語教育が上手く行っていないのではないかという声が言われて久しいし、リアルで出会う人間たちの中にまるで物事を考えられない者が多くいることや、そんなレベルの人間たちにまで発言の機会を与えるネット社会においてとんでもない喜劇が繰り返されていることなんかを見るにつけ、その声は僕も正しいと思ったりする。

 ふと思ったのだが。

 国語教育って、どうしても、良い文章、優れた文章、美しい文章、正確な文章、ときには格式の高い文章、格式はなくても中身のある文章、、、なんてものを選んで、子どもや若者に読ませようとする傾向が強いよね。

 みんなあ、こういう素晴らしいものをお手本にして、健やかに成長してね~、ってことなんだろうな。

 でも、それってどうなんだろう?

 

 だって、世の中、馬鹿の方が多いんだぜ?

 こんなことを言うと、「お前ごときがそんなことを言うか」とばかりに、僕の知性や見識の欠如を証明したくなる人間が生まれるかもしれないし、神ならぬ僕は、それへの反証に常に成功するわけではないが、少なくとも僕よりも馬鹿な人間が大量にいることは、客観的な事実だろう。僕を言い負かせる知性もまた多く存在したとしても、その事実とは両立する。


 少なくとも、馬鹿には、言葉遣いや論理の正確さを理解できないから馬鹿なのであって、その点だけでも「良い文章」の価値を理解する能力に欠ける。もしかしたら、情操で文章の美しさを「感じ取る」力はあるかも知れなくて、人間の可能性というものに希望を見出したくなるが、倫理が失われれば、結局は別の方向から内面の美しさは失われる。倫理を失った人間ほど得をするこの社会で、どこまで人の倫理に期待ができるだろうか。それ以上に、僕が人の可能性として期待すべきなのは、正しく論理的に考える訓練さえされれば、人は賢くなれるのだという点だと思っているが、論理を弄(もてあそ)び、「国語の試験とは筆者ではなく出題者の意図を見抜く訓練だ」などと嘯(うそぶ)くような、人の書いたものを読むことを本質や自己の内面と向き合う行為と捉えるのではない、ただ人を出し抜くための手段と考えてしまう、倫理に欠けた振る舞いが正当化されるこの社会では、その期待も萎(しぼ)んでしまう。それは辻褄を合わせるだけの論理であり、詭弁との境界が限りなく失われた、非本質的な国語学習でしかない。

 そんな世界で、あくまで人の善性に期待し、これから成長する人たちに「良いもの」を読ませる教育に、どれほどの力が宿るだろうか。

 そんな疑問を持つ人間がすでにいたからかどうか知らないが、最近、国語教育に「実用的な文章」を取り入れようという流れがあるようだ。論説文や小説とは異なるジャンルとして、企業の会議で回覧するような、僕の独断で言い切ってしまえば、簡潔をもって良しとする単調で無味乾燥な文章を、子どもを脱しかけた若者に読ませようということらしい。それはそれで意味などないと、僕は思う。語彙力や理解力を「テスト」するには適しているかもしれないが、それはあくまで能力判定であって、そんな風な、基本的に中身の深さのないもの、少なくとも人に面白いと思わせる契機が一切ないものを読んでも、人格や知性にとって何かを得られる機会になることはないだろう。それはもはや教育ではない。ただの人間の選別の手段だ。

 そこでは、「良いものを読ませたい」という呪いは解けているが、「悪いものは読ませたくない」という呪いには縛られているのではないか。だから「良くも悪くもないもの(結果的にそれが一番良いものになるという価値観の下で評価されるもの)」を読ませてしまうのではないか。

 ならいっそ、「悪いもの」を読ませてしまえばいいんじゃないか。

 

 昔、僕が塾講師をしていた頃、同僚の講師に、はっきり低学歴で、実は勉強もそんなにできないけれど、そのことへの反抗心から塾で働き出したという人物がいた。正直、大人から見れば胡散臭い人物だったが、チャーミングで、生徒たちには人気があった。

 その人物が、生徒から「国語はどうやって勉強すればいいのか」と尋ねられ、「筆者の考えの誤りを筆者に突きつけるつもりで読んでみろ」と答えていた。僕と、僕よりも勉強ができる別の講師は、それを聞いて、「そんな読み方じゃ内容を間違えちゃうんじゃないか」と話し合ったものだった。

 しかし、馬鹿にはその教えの方が合ってるのかもしれない。どうせ、良いと思って選ばれた教材の価値なんてわからないんだから。

 その教えの何がまずいかというと、一つには、本当は価値のあるものを価値のないものと勝手に決めつける振る舞いが、事実と合致していないことにある。ならば、本当に価値のないものを読ませて、どうしてそれに価値がないのかを考えさせる方が、倫理も論理も劣る者への「教育効果」がまだしも生じるんじゃないかと思うわけだ。

 なお、こんな風に人のことを馬鹿にしているお前の倫理はどうなんだ、という批判は、倫理の次元が異なるものなので、今は考えない。

 

 無駄な前置きがいつも通り長くなったが。

 ネットでそこらへんに転がってる、馬鹿同志の、または馬鹿が混じった不毛なやり取りを教材にして、何がダメか批判させてやるという国語教育はどうだろうか。

 世の中、実際は悪文の方が多いし、そういう悪文や、過不足に満ちた非論理的な会話の中に埋もれながら、仕事をしてお金をもらって生きていかなきゃいけない場合が圧倒的に多いのだから。周囲が頭のいい人ばかりの場所で働ける人間は、そうは多くない。

 なんてことを、あまりに馬鹿なことを言っていて、何が言いたいのか理解するのにかなりの時間を要するような出来の悪い文章なのに、なぜか「いいね」を現時点で600ももらっている糞リプを見て思った。

 

例題 次の文章をめぐるやりとりを読んで、議論している人物を一人または複数選び、その言わんとするところを要約した上で、その人物が何を誤っているかを明らかにしながら批判しなさい。

<文章>
杏と唐田のどちらが好きか質問が及んだ際、東出は数秒の沈黙後、杏とは答えず、「心の内をしゃべるのは妻を傷つけることになる」と発言。唐田に未練があるようにも受け取れた。東出の会見では、杏にとって事実と異なる発言が少なからずあったといい、「唐田と別れた」という言葉も信じられなくなったようだ。当初、杏は3人の子供のことを考えて、離婚を躊躇(ちゅうちょ)していたが、これらの出来事で完全に吹っ切れたようで、周囲にも明るく接している。
杏が離婚決意…別居中の東出昌大に不信感、子供のため躊躇も完全に吹っ切れた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000506-sanspo-ent


大沢愛@ai_oosawa
杏が離婚決意。別居中の東出昌大に不信感、子供のため躊躇も完全に吹っ切れた、と。経験的には「子供のために」離婚を思い止まった母親に、その後も続く苦労の中で「アンタさえいなかったら別れてたよ」と言われることほど居たたまれないことはないです。「子供のために」の言い訳は最悪。自分の判断で。


さしみ@ningentteiina_0
返信先: @ai_oosawa
きちんと記事を読みましょう。杏さんが『子供のために』なんて言ってませんよ。勝手に勘違いして最悪と書くなんて失礼です。


すぁー@cp_ue_kir·
返信先:@ningentteiina_0 @ai_oosawa
きちんとツイートを読みましょう。ツイ主さんが『杏さんが『子供のために』なんて言った』なんて言ってませんよ。勝手に勘違いして失礼と書くなんて失礼です。主は「もし『子供のために』と離婚をせず生活した」場合の経験則からの内容であり、離婚したことは評価してるのでは?


ituki8787@ituki8787
·もし、なんて、不確定要素の言葉で言われても、何の説得力もないですが……実際に発言した人を例にあげるならまだしもと思うのです。


 

令和の出師の表

2020年03月22日 | 日記
この場所は、基本的には、SNSで書ききれないほどの長文を書くための場所だと、自分で決めている。しかし、今回書く文章は500字以内におさまっている。ツイッターならともかく、今使っているマストドンには、そのまま書くことができる。今回は特例だ。これは強く強く書きたいと思ったがゆえだ。

以下、マストドンから転載。




======================
遅れたが、買ってあった週刊文春で「赤木さんの『遺書』」を読んだ

かつて、諸葛亮孔明が、亡き主君が建国した蜀漢の大義を貫徹するため、圧倒的国力を誇る魏に対し無謀な出征をする際に綴った「出師の表」は、「それを読んで泣かない者は人に非ず」と評されたと聞く

この「遺書」と、彼の妻から記事を託された元NHK記者が著した記事は、「令和の出師の表」と呼ぶに相応しい内容ではないかと、僕は思った

少なくとも、読んだ僕の目から、自然と大粒の涙が、雑誌を支える手首に落ちた。何粒も何粒も落ちた

これを読んで泣かない者は人ではない

これを読んで、今の政権が続いていても、まあ仕方ないかなと思ってしまう人間は、人の皮をかぶった生ゴミだ。腐った臓物を皮膚が包んでいるだけの醜悪な有機物だ。その脳みそが伝える電気信号は、到底、人としての感情や、倫理と論理を備えた理知には値しない。ただ生命維持のため繰り返される酸素吸引と血液循環のためだけの自動的な身体反応に過ぎない

心優しい人は、そんなゴミクズに対しても、「読んでないからだ」と言ってしまう。僕は知っている。読んでも心が動かない生ゴミは、今、日本にたくさんいる