ぼ~ざん工房
ぼ~ざんのBLOGです。いろいろ体験・書籍等紹介します!

 TOPICS  『ぼ〜ざん工房』は望山(水野敦之)の個人のBLOGです。


「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援—すぐに使えるワークシート用CD‐ROM付
クリエーター情報なし
エンパワメント研究所

 
  【2013年度 自閉症教育・支援フレームワークセミナー予定(随時更新予定)】
  ☆ プロフィール講演・セミナー等の依頼について ☆ RSS readerをご活用ください!

  ※ このBLOG『ぼ〜ざん工房』はリンク・フリーです。
    ご紹介いただき、たくさんの方に読んでいただいたら幸いです。  




昨日は、行動援護環境研究会のミーティングでした。

これまでブログで、小手先の視覚支援よりも、

まずは環境と活動の設定と習慣化&周囲啓発についてお伝えしてきました。

会議で全国で先駆的に実践された先生方の話を聞いて、

自分の書いてきたことが間違ってないと確信しました。

構造化の研修の在り方の時に、

先生方から「まずは生活づくりのイメージをつくることが重要」という意見がでました。

世の中には、構造化はやっているけど、活動の設定がうまくいかずないケースがたくさんあります。

まず生活づくり、生活デザインの視点があって、その支援デザインの1つとして構造化があることをイメージしておく必要があります。

関連記事:生活デザイン思考

たくさんの方に情報を伝えたいとランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害 へにほんブログ村

コメント・感想おまちしています!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




« 変わらない工夫 新しいアイデ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。