ぼ~ざん工房
ぼ~ざんのBLOGです。いろいろ体験・書籍等紹介します!

 TOPICS  『ぼ〜ざん工房』は望山(水野敦之)の個人のBLOGです。


「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援—すぐに使えるワークシート用CD‐ROM付
クリエーター情報なし
エンパワメント研究所

 
  【2013年度 自閉症教育・支援フレームワークセミナー予定(随時更新予定)】
  ☆ プロフィール講演・セミナー等の依頼について ☆ RSS readerをご活用ください!

  ※ このBLOG『ぼ〜ざん工房』はリンク・フリーです。
    ご紹介いただき、たくさんの方に読んでいただいたら幸いです。  






「フレームワークを活用した自閉症支援」はセットアップを支えるワークブックです。

自閉症の支援者からよく要望があがるのが。


「いったい何からはじめれば良いか」

「いったいどのように設定すれば良いか」


ということです。

これまで完成された構造化のイメージはよく知られています。しかし、そこまでの流れがイメージできない方の声を聞きました。

TEACCHアプローチを実践された先輩・同輩の皆さん方は、「セットアップ」という視点を持っています。

基本的なアセスメントや事前情報をもとに、個人及びクラスルーム(事業所)の設定を行います。


【宮崎トレセミ セットアップ中アドバンスコースの受講生】


【宮崎トレセミ のセットアップの様子】

「フレームワークを活用した自閉症支援」では、セットアップの最低限度の段取りをリストにまとめてみました。

「セットアップチェックシート」というものです。

何を考え、何を準備しなければいけないのかが提示されています。

また本文には、セットアップのベースになる基本のアセスメント(スタートセッション)の解説・様子や、そのために必要なフレームワークシートも掲載しています。



構造化やそのほかの支援を設定したあと、本人にその設定があっているかをチェックする「構造化チェックシート」も掲載しています。

不十分な部分ももちろんありますが、私が実践するなかで最低限おさえておきたいセットアップの視点を掲載しています。


例えば課題を整理するためのシート。

「 フレームワークを活用した自閉症支援 」についてはこちら

いつもランキングにご協力ありがとうございます。1日も1クリックお願いしま す。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村
人気ブログランキングへよろしければこちらもクリックお願いします

コメント・感想をお待ちしています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




« 自閉症児・者... 自閉症支援1... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。