BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

ローカルコンテスト

2018年04月30日 10時44分31秒 | Radio

ローカル各局

クラブ員各局

 ローカルコンテストが行われます各局ご参加ください。 

 第28回静岡コンテスト

日   時    5月4日(金 祝日)12:00~20:00

周 波 数    1.9M~3.5M 17:00~20:00

         7M        14:00~20:00

         14M~28M   12:00~15:00

         50M~24G   14:00~17:00

送信ナンバー   県内局 RST+市区町略符号、または市区町名。

         県外局 RST+都府県支庁ナンバー。

得   点    完全な1交信:1点、1.2G:3点 2.4G:5点 

         430M以下でQRP局は得点を2倍して2点、QRP局と交信したときは得点を2倍して2点。

         QRP局同士は得点を2倍して4点。

         マルチは県内局:静岡県内の市区町+都府県支庁数

             県外局:静岡県内の市区町数

※ 詳しくは下記アドレス参照。

http://www.jarl.com/shizuoka/28kiyaku.pdf



 第41回オール三重33コンテスト

日   時    5月5日(土 祝日)08:00~12:00

使用周波数    3.5 7 21 50 144MHz、28M以上のFMのJARL主催コンテスト使用周波数。

送信ナンバー   (1)県内局、JL局(県内ジュニア女性)RST+年齢+ME

         (2)県人局 三重県生まれで県外運用  RST+年齢+MEJ

         (3)県外局 そのほかの局       RST+年齢

交信相手     県内局 すべてのアマチュア局

         県外局 県内局、JL局、県人局

得   点    県内局との交信 3点

         その他の交信  1点

         マルチは異なる年齢の数。

※ 詳しくは下記アドレス参照。

http://www.ztv.ne.jp/isoda/33/annual/41/41rule.html

コメント

城山公園

2018年04月29日 08時48分51秒 | Radio

 いつもの城山公園です。

 お天気は良くて上空は青空なのですが、水平線は見えません。富士山も見えません。

 サクラの木は緑の葉が茂ってきました。ツツジの花も終わりです。

 こどもの日が近いので、お城にはこいのぼりが上がっています。

 

コメント

東京コンテスト

2018年04月28日 11時22分59秒 | Radio

ローカル各局

クラブ員各局

  東京コンテストが実施されます、各局ご参加ください。

日  時    5月3日 09:00~15:00

使用周波数   21 28 50 144MHzのコンテスト使用周波数。

交換ナンバー  都内局=RST+運用地の区市町村島ナンバー

        都外局=RST+運用地の道府県ナンバー

得  点    都内局との交信は2点、都外局との交信1点。

        異なる都内の市区町村および道府県数がマルチとなる。

書類提出    紙ログは、JARL制定A4。

        電子ログは、バージョンR1.0を本文貼り付け、添付は書類不備扱い。

※ 詳しくは東京支部のコンテスト規約参照(平成30年1月28日改訂)。

http://www.jarl-tokyo.com/

コメント

老後は暖かいところで

2018年04月26日 10時19分21秒 | どうでも良い事

 老後は暖かいところに移住して暮らそうという、老人が多いようです。

 風の無い冬場や、夏の館山だけを見て、「良いところだ」と移住してくるようです。

 冬場の季節風や春一番を見てから、よお~く考えた方が良いのではないでしょうか?

 季節風は西から吹きますが、館山の市街地は西側が館山湾で開いた地形です。

 里見氏の時代は小型の帆船なので「高の島」を陰にして風を避けることができて、港の機能がはたらいていたのです。

 今の時代は、何も考えずに作った夕日桟橋に、大島行きのジェット船が西風で接岸できず、館山港内の耐震岸壁に接岸していました。

 風も考えずに作った桟橋なので、お客さんは夕日桟橋から耐震岸壁までバスで送り迎えです。

 市内では毎秒10メートルの風は普通で、「今日は風が強い」というときは20メートルの風が吹いています。

 つまり、太平洋に突き出た半島の先端では風を遮るものがありません、地図を見るまでもありません。

 対岸の三浦半島で「暴風、波浪警報」が出ても、房総半島では「波浪注意報」です。

 房総半島の方が弱いわけはありませんが、いつも吹いて慣れているからのようです。

 下の写真は館山市内の民家です、台風の後ではありません、先週の西風が吹いた後です。

 建物の北西側から見ています、右側の西から吹いた風でトタンがめくれています。

 北側から拡大。

 西側から。

 この季節風は相模湾の方から吹いてくるので、塩分たっぷりなのも申し添えておきます。

 

 

コメント

オニタビラコ

2018年04月24日 11時27分57秒 | 野草

 キク科 オニタビラコ属 オニタビラコ

 北海道から本州、四国、九州に分布する越年草、庭のすみや庭木の下などで見られます。

 高さは20センチから50センチ、株からロゼット状に葉が出て花茎が立ち上がります。

 葉はタンポポに似た細長くギザギザの葉です、茎の中間にも小さな葉が付きます。

 茎の上部では枝分かれして、舌状花の集まった花が多数咲きます。

 花期は春から秋ですが、房総では一年中咲いています。

 

コメント