BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

ヤブラン

2016年08月31日 09時14分15秒 | 野草

 キジカクシ科 ヤブラン属 ヤブラン

 本州から九州、四国、沖縄で見られる多年草、根に栄養を貯めるふくらみが有る。

 長さは50センチ幅1センチ前後の細い葉を株から伸ばす。

 写真では見えないが、細かい鋸歯が有る。

 花茎が立ち上がり、薄い紫色の花を穂のように付ける。

 花弁は外皮片3枚とない被片3枚で6枚、花柱の周りに雄しべ6本が囲む。

 秋になると黒い実がつきます。

 

コメント

ツマグロヒョウモン

2016年08月30日 09時43分25秒 | 動物

 タテハチョウ科 ツマグロヒョウモン属 ツマグロヒョウモン

 南西諸島、九州、四国、本州中部に分布していたが、1990年には関東地方南部で観察され、現在では関東北部でも観察されるチョウです。

 幼虫はスミレを食草とするので、パンジーやビオラも食べられてしまうそうです。

 全体にヒョウのような柄で、羽根の後端が黒いので端黒から「ツマグロヒョウモン」と呼ばれます。

 写真はオスで、メスは前羽の先端が黒く白線が入ります。

 

コメント

タマアジサイ

2016年08月29日 14時13分34秒 | 樹木

 アジサイ科 アジサイ属 タマアジサイ

 東北から中部地方の太平洋側に分布する落葉低木、大木の下など半日陰の場所で見られます。

 写真のように蕾が玉のように膨らむので「タマアジサイ」と呼ばれます、ほかのアジサイより1ヶ月ほど遅れて咲きます。

 葉は対生、卵型の葉で先端がとがり鋸歯があります、葉の両面にはかたい毛が生えています。

 樹高は2メートルくらい、花は薄紫でガクアジサイのように両性花と装飾花が咲きます。

 

コメント

ゲンノショウコ

2016年08月28日 23時12分19秒 | 野草

 フウロウソウ科 フウロウソウ属 ゲンノショウコ

 北海道から九州で見られる多年草、山野の雑草の中に見られます。

 高さは30から60センチ、葉は3から5枚に裂ける。

 花は長い花柄の先に2個咲く、薄い紅色または白色。

 ガクは5枚、花弁も5枚、雄しべは10本。

 柱頭は先端が5裂する、はずだが、写真に撮ってきたら6裂していた?

 種が熟すと果実は巻きあがり、種を飛ばします。

 果実が巻きあがったところが、お御輿のように見えるのでお祭り草、お御輿草と呼ばれます。

 胃腸疾患の民間薬として用いられました。

 現に効いている証拠、ゲンノショウコと名前がついたそうです。

 

コメント

ヒオウギ

2016年08月27日 10時33分04秒 | 

 アヤメ科 アヤメ属 ヒオウギ

 本州、四国、九州の山野や海岸に自生する多年草。

 葉の形が宮廷で使われる檜扇に似ているという説と、緋色の花で葉が扇に似ているのでヒオウギと言う説が有る。

 草丈は1メートル前後、アヤメのような葉が扇状に広がります。

 緋色の花弁は6枚、雄しべは3本です。

 黒い種は「ぬばたま」と呼ばれます。

 

コメント