BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

城山公園の桜満開

2014年03月31日 21時56分14秒 | 名所

 館山市城山公園の桜が満開の見頃になりました。
 各局 お見逃しなく。

 今朝は雲一つない絶好の花見日和でした。



 名物 桜のトンネルです。





 富士山も良く見えていました。



 坂道の八重桜は、これからが見頃です。





 緑の葉と同時に咲く大島桜。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

源頼朝 上陸地

2014年03月30日 12時07分33秒 | 名所

 館山市洲崎 源頼朝上陸地

 「上陸地」は鋸南町竜島にもあります、どちらが本物?
 頼朝は、房総の豪族「安西景益」を頼って逃げてきたのです。
 「安西家」は、安房に拠点を置く豪族で、三浦氏とは親せき、千葉常胤とも交友が有ったそうです。

 安房の国は、館山市の国分寺の北側から南房総市府中(国府村)に有ったことが解っています。
 安西景益は、当然のことながら、国府に近い場所に居住していたはずです。

 竜島説にも書かれていますが、安房一宮洲崎神社に参拝しています、上陸碑の近くです。
 陸路、海路どちらでもこの場所を通過します。

 三浦側から見ると竜島の方が近く見えます。
 船頭は直近の竜島を目指して舟を漕ぎ、竜島で一休みしてから洲崎に向かったのでしょう。
 真っ直ぐ館山湾に入ると、敗残兵の身なりを見れば安西氏の見張りは即戦闘態勢をとり、簡単に討ち取られてしまいます。
 下っ端の見張りが、頼朝の名前も顔も知るはずが有りません。
 見張りの少ない洲崎に上陸してから、安西景益に使いを送ったものと考えます。

 もう一つの考えは、竜島の上陸地が敵対する長狭氏の勢力が近く、住民に聞いて慌てて船を出した可能性もあります。
 船頭が上陸地を間違えたかもしれません。

 どちらが上陸地?
 どっちでも良いじゃあないですか。
 安西景益を頼り安房の国に来て、洲崎神社にお参りしたので、お家再興が果たされたのです。



 裏面の説明文。



 喉が乾いた頼朝が矢じりを刺すと水の湧き出た「矢尻の井戸」。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンヒザクラ

2014年03月29日 12時08分16秒 | 樹木

 バラ科 サクラ属 カンヒザクラ (寒緋桜)

 花弁は一重で大きく開かず、濃い色の花が下向きに咲くのが特徴です。
 オオシマザクラとカンヒザクラの交配種が、カワヅザクラだそうです。

 花言葉 高貴、尊大。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湯けむり移動

2014年03月28日 18時57分54秒 | Radio

 湯けむりー0621 安房温泉移動です。

 温泉の場所は、JR勝山駅から海岸に向かった中間です。
 住宅街の中で道も細く、運用場所はありません。
 約200m先の海岸で運用しました。





 運用場所は、駐車場でもない三角の場所、まあ道路にはみ出していないので良しとしましょう。
 フルサイズは良いのですが、杭が打てないのでロープを車載ジャッキに縛って置いてあります。
 今時パンクなんて無いでしょうから、普通の人がジャッキを使うこともないでしょうね。
 私は有効利用していますが、回収忘れてパンクしたら大変です。



 勝山海水浴場と浮島です。
 昔は正面の岬に水族館が有りました、知っている人は歳が解りますね。

 お約束のお弁当は、海苔弁当とおにぎり一つ。
 今日はスタートが遅かったので、お昼を食べてから運用しました。
 7Mのコンデションはいまいちです、相変わらずの混信もいつものとおりでした。
 老眼には、大きなパソコンが欲しくなってきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エドヒガン

2014年03月27日 11時31分00秒 | 樹木

 バラ科 サクラ属 エドヒガン (江戸彼岸)

 彼岸桜の仲間です、2月6日の彼岸桜より遅い木です。
 花弁が薄くてベールのようで、ソメイヨシノより花柄が短めです。

 花言葉 心の平安。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加