BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

大寺近くのヤグラ

2014年01月31日 16時53分33秒 | 名所

 大寺付近で見かけたヤグラです。
 右側は、防火用水を作るのに削ったようで、ここに有ったヤグラが削られてしまったかもしれません。

 古墳かヤグラかは分類が難しいところです。
 ヤグラは前面に扉が付いていたと思われ、そのため開口部が四角になっています。
 写真のヤグラは右上に横柱を入れた跡が見えます。
 内部右側には、岩を掘った五輪塔が見えますので、ヤグラに間違いないと思います。


 五輪塔や宝篋印塔は、仏教の影響を受けたもので古墳時代には無く、現代の塔婆に近い供養塔とされています。
 江戸時代になると五輪塔や宝篋印塔は、それ自体がお墓に変化します。





 これも近くのヤグラですが、神様が祀られているようです。


コメント

熊野神社

2014年01月31日 12時06分20秒 | 名所

 城山の南方の熊野山にある熊野神社です。
 山の西側には熊野堂と墓地があります。

 神社は後から祀られたものです。
 入り口を四角に切った形跡が見られ、奥に玄室が有り、右側の掘られた部分もヤグラの一部と考えられます。



 お社は後から付けた形です。



 奥は玄室で、ヤグラまたは古墳時代の墓と考えられます。


コメント

ヒカリモ

2014年01月30日 11時22分08秒 | 名所

 オクロモナス科 オクロモナス属 ヒカリモ

 水のきれいな洞窟に生息する藻類です。
 細胞内で光を反射するため、光って見えるのだそうです。
 富津市竹岡のヒカリモは「国指定天然記念物」だそうですが、館山市の観光パンフレットでは、市内沼地区の「名所」と紹介されています。
 穴は、畑の潅水用に掘られたものですが、道路脇なので見学可能です。






コメント

沼のびゃくしん

2014年01月29日 12時13分16秒 | 名所

 館山市指定天然記念物 沼のびゃくしん

 沼の十二天神社の境内に植えられています。
 幹回り7.45m、樹高17m、枝張東西20m、南北24m、樹齢800年です。
 800年前は鎌倉時代で、里見氏より古くから房総を見ていました。






コメント (2)

大寺山洞穴

2014年01月28日 18時43分04秒 | 名所

 館山市指定史跡 「大寺山岩窟墓及び出土品等」

 総持院(大寺)の裏山中腹には海蝕洞が3つあり、最も奥の第1洞から舟形木棺、鉄製甲冑、太刀、剣、青銅製鈴、勾玉、管玉、須恵器、土師器などが発掘されています。
 発掘品は縄文時代から古墳時代にわたり、特に舟形木棺の埋葬は5世紀前半から7世紀前半だそうです。
 鉄製甲冑は三角の鉄片を皮ひもで繋いだもので、埋葬者は東京湾入り口を支配した海人で、同時期の巨大古墳に祀られる人より地位が高かったとも言われています。



 手前の第3洞は海抜27m、上部には鎌倉時代に掘られたと思われるヤグラが見られます。
 第2洞はほぼ埋まった状態です。



 第1洞入り口、鉈切洞穴より少し高くて海抜30m。

 垂直の岩壁下部に開口しています。





 大寺山から見た館山湾と三浦半島。
 縄文時代後期には目の前が海、古墳時代でも海まで200m位だったそうです。

コメント